Q&A

エージングタイムについて


<参考>

スイッチングハブには、各ポートに接続した機器のMACアドレスを自動学習する
機能が搭載されており、最初に届いたパケットは全ポートに送信されますが、
パケットの送信先が判明すると、それ以降は全てのポートではなく、目的のポー
トのみにパケットを送信して、ネットワーク上の負荷を減らすことができるよう
になっています。
自動学習したMACアドレスは、永久に保持される訳ではなく、学習後一定時間が
経過すると元の状態になります。
上記のMACアドレスの保持時間を「エージングタイム」と言います。
Q&A番号 14475
このQ&Aの対象製品 ETX2-SH8N ETG2-SH5N ETG4-SH8N ETG-SH24N

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】