Q&A

WindowsServer2003対応になったので WindowsXPでデータを保存した
HDDをWindowsServer2003に接続したのですが認識されないのですが?

ご利用になられているWindowsServer2003のエディションが
EnterpriseEditionまたはDataCenterEditionの場合 
WindowsXPやWindows2000 または弊社工場出荷時のFAT32のHDDを
そのまま認識することはできません。
これはOSの仕様によるものでWindowsServer2003StandardEdition
では正常に認識されるようです。

申し訳有りませんがOSの仕様に依存する内容となりますため
詳細につきましてはMicrosoft様にお問い合せください。
なお、一旦データをWindowsXPで他のHDDに退避して頂き
WindowsServer2003側でNTFSフォーマットでパーティションを
作成し直して頂ければ Xpでも2000でもServer2003でも
認識できる様になりますので この状態でXPなどに接続し
データを入れて頂いて WindowsServer2003に接続頂ければ
データの移行が可能です。

フォーマット方法は

1)WindowsServer2003に管理者モードでログインし、目的のHDD
  を取り付けます。
  この時、間違って他のドライブを消さない様に、可能な限り
  本機以外のHDDを取り外します。
  間違って必要なHDDをフォーマットしますとデータが取り出せなく
  なります。
2)スタートメニューから管理ツール→コンピュータの管理を開き
  ディスクの管理を開きます。
  ディスクの管理の中でドライブ文字が割り当てられているが正常
  となっているドライブを探します。
  (間違って操作しないように十分にご注意ください)
  正常となっているパーティションをマウスで選択して
  パーティションの削除を選択します。
  これで元々FAT32で初期化されていた領域が未割り当てになります
  
3)未割り当ての領域を選択して右クリック→パーティションの作成
  を選択します。画面の指示に従ってプライマリパーティションを
  選択して進みます。
  NTFSフォーマットを選択して進むと作業は終了です。
  マイコンピュータを開くとドライブが認識されています。
  

  


Q&A番号 14711
このQ&Aの対象製品 HDH-U160SR HDH-U250SR HDH-U300SR HDH-U400SR HDH-U500SR HDH-U750SR HDH-U320SR RHD2-U500 RHD2-U640 RHD2-U1.0T RHD-IN/SA RHD-250 RHD-320 RHD-400 RHD-500 RHD-EX/UX RHD-UX320 RHD-UX500 RHD2-U1.5T RHD-UX750

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】