Q&A

RAIDモードを変更してから認識されないのですが?

RAIDモードを変更した場合、フォーマット情報が全て消去される為、マイコンピュータ上(Vistaの場合はコンピュータ上)に認識されないものとなります。以下の手順にてフォーマットを行ってご利用ください。(フォーマットを行いますとデータは全て消去されます)

WindowsVistaでのフォーマット方法

WindowsXP、2000でのフォーマット方法

WindowsMe、98/98SEでのフォーマット方法、出荷時フォーマット(FAT32)に戻す方法




WindowsVistaでのフォーマット方法


1.左下のWindowsロゴマークをクリックし、「コンピュータ」の表示を右クリックして「管理」をクリックします。
※ユーザーアカウント制御の表示が出る場合は、「続行」をクリックします

/support/qanda/images/15375/vista1.jpg


2.「コンピュータの管理」の画面が開きます。左側の項目より「ディスクの管理」をクリックすると初期化の画面が表示されますので、「MBR(マスターブートレコード)M」にチェックを付けてOKをクリックします。

/support/qanda/images/15375/vista2.jpg

初期化の画面が表示されない場合は、ドライブの表示に赤い矢印のマークが表示されていますので、ディスクx(xは数字でお使いのパソコンによって異なります)の表示を右クリックし、「ディスクの初期化」をクリックすると初期化の画面が表示されます。
※表示が製品のものか判断できない場合は、表示されている容量をご覧いただくか、製品を一旦パソコンから取り外した場合と接続した場合を比べていただき、取り外した場合に表示されず、接続した場合に表示される項目が製品の表示となります。

/support/qanda/images/15375/vista3.jpg


3.未割り当ての表示の箇所で右クリックし、「新しいシンプルボリューム(N)」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/vista4.jpg


4.「新しいシンプルボリュームウィザード」が起動しますので、「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/vista5.jpg


5.「ボリュームサイズの指定」は希望の容量を入力して「次へ」をクリックします。
※1パーティションでご利用の場合は、最大ディスク領域と同じ数値が入力されていれば問題ありません。パーティションを別けたい場合は、希望の容量を入力します。

/support/qanda/images/15375/vista6.jpg


6.「ドライブ文字またはパスの割当て」はお使いのパソコンで利用されていないドライブ文字(アルファベット)が入力されている事を確認して「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/vista7.jpg


7.「パーティションのフォーマット」はこれまで設定した内容が反映されているかを確認して、「次へ」をクリックします。お急ぎの場合は、「クイックフォーマットする(P)」にチェックを付けて進みます。

/support/qanda/images/15375/vista8.jpg


8.「完了」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/vista9.jpg


9.未割り当ての箇所がフォーマット中と表示され、終了すると容量やフォーマット形式が表示されます。フォーマットが完了すると認識され、ご利用いただける状態となります。

/support/qanda/images/15375/vista10.jpg

完了後

/support/qanda/images/15375/vista11.jpg





WindowsXP、2000でのフォーマット方法(画面はWindowsXP)


1.デスクトップ上の「マイコンピュータ」の表示を右クリックして「管理」をクリックします。
※スタートボタンをクリックした中にある「マイコンピュータ」の項目を右クリックして「管理」をクリックしても同じ画面となります。

/support/qanda/images/15375/xp1.jpg


2.「コンピュータの管理」の画面が開きます。左側の項目より「ディスクの管理」をクリックすると初期化の画面が表示されますので、「次へ」を2回クリックして、「ディスクの初期化と変換ウィザードの完了」の画面で「完了」ボタンをクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp2.jpg
/support/qanda/images/15375/xp3.jpg
/support/qanda/images/15375/xp4.jpg
/support/qanda/images/15375/xp5.jpg

初期化の画面が表示されない場合は、ドライブの表示に赤丸に白の横棒のマークが表示されていますので、ディスクx(xは数字でお使いのパソコンによって異なります)の表示を右クリックし、「ディスクの初期化」をクリックすると初期化の画面が表示されます。
※表示が製品のものか判断できない場合は、表示されている容量をご覧いただくか、製品を一旦パソコンから取り外した場合と接続した場合を比べていただき、取り外した場合に表示されず、接続した場合に表示される項目が製品の表示となります。

/support/qanda/images/15375/xp6.jpg


3.未割り当ての表示の箇所で右クリックし、「新しいパーティション」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp7.jpg


4.「新しいパーティションウィザード」が起動しますので、「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp8.jpg


5.「パーティションの種類を選択」はパーティションの数を4パーティション以内で区切る場合はプライマリーパーティション、5パーティション以上作成する場合は拡張パーティションを選択して、「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp9.jpg


6.「パーティションサイズの指定」は希望の容量を入力して「次へ」をクリックします。
※1パーティションでご利用の場合は、最大ディスク領域と同じ数値が入力されていれば問題ありません。パーティションを別けたい場合は、希望の容量を入力します。

/support/qanda/images/15375/xp10.jpg


7.「ドライブ文字またはパスの割当て」はお使いのパソコンで利用されていないドライブ文字(アルファベット)が入力されている事を確認して「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp11.jpg


8.「パーティションのフォーマット」はこれまで設定した内容が反映されているかを確認して、「次へ」をクリックします。お急ぎの場合は、「クイックフォーマットする(P)」にチェックを付けて進みます。

/support/qanda/images/15375/xp12.jpg


9.「完了」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/xp13.jpg


10.未割り当ての箇所がフォーマット中と表示され、終了すると容量やフォーマット形式が表示されます。フォーマットが完了すると認識され、ご利用いただける状態となります。

/support/qanda/images/15375/xp14.jpg

完了後

/support/qanda/images/15375/xp15.jpg




WindowsMe、98/98SEでのフォーマット方法、出荷時フォーマット(FAT32)に戻す方法


専用のフォーマットプログラムを使用してフォーマットを行います。各製品によって入手方法が異なります。

RHD2シリーズ、RHD4-UXシリーズ
製品に添付のCD-ROMから起動(CD-ROMを挿入して表示されるメニューより「再フォーマット」をクリックし、「出荷時に戻す場合」の項目から実行をクリックして起動。

HDC2-Uシリーズ
「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」を以下のサポートライブラリよりダウンロードし、解凍します。

http://www.iodata.jp/support/product/hdc2-u/

解凍したフォルダ内の[HDDFMT.exe]をダブルクリックして実行します。


1.ご利用の製品を選択後、「次へ」をクリックします。(I-O DATAの表示のものを選択します)

/support/qanda/images/15375/fat1.jpg


2.RHD4、HDC2の場合は、この画面が表示されますので、フォーマット形式は「FAT32」、パーティション形式は「MBR」を選択して「次へ」をクリックします。確認の画面が表示されますので、間違いなければ「はい」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/fat6.jpg


3.製品に保存されているデータが消えてしまうことにご注意ください。製品を初期状態に戻す為、中のデータは全て消えてしまいます。大切なデータがある場合は、他のハードディスクにバックアップしてください。問題なければ、「注意事項に同意します」にチェックを付けて「次へ」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/fat2.jpg


4.内容に問題なければ「実行」をクリックします。

/support/qanda/images/15375/fat3.jpg


5.「完了」をクリックし、一旦製品を取り外して再度接続します。

/support/qanda/images/15375/fat4.jpg

Q&A番号 15375
このQ&Aの対象製品 RHD2-U500 RHD2-U640 RHD2-U1.0T RHD2-U1.5T RHD4-UXE1.0 RHD2-U2.0T RHD4-UXE2.0 HDC2-U2.0 HDC2-U1.0

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】