Q&A

「NFCポート自己診断」で「非接触カードの検出診断」が×になるのですが?


「NFCポート自己診断」のバージョンが、「Ver.1.00」の場合、カードはFelicaのみに対応しており、Mifareには対応していません。
そのためカードリーダーにMifareカードを載せて自己診断を実行すると、診断結果の最後の項目「6. 非接触カードの検出診断」は必ず×になります。

「NFCポート自己診断」のバージョン「Ver.1.10」 でMifareカードにも対応しました。
「Ver.1.00」をお使いの場合は、いったんアンインストールして、新バージョンをインストールしてください。
新バージョンは弊社ホームページのサポートライブラリの製品型番「USB2-NFC」のところに掲載されている「USB2-NFCサポートソフト」(バージョン1.10)です。

※法人向けモデル「NFC-RW」「NFC-ST」についいては「NFCサポートソフト」(バージョン1.10)の名称で掲載しています。


■■■ 「NFCポート自己診断」のバージョン確認方法 ■■■

[スタート]-[すべてのプログラム]-[I-O DATA]-[NFCポート]-[NFCポート自己診断]で「NFCポート自己診断」の画面が起動します。
この画面の一番上に「NFCポート自己診断 Ver.1.00」のようにバージョンが表示されます。



■■■ 「NFCポート自己診断」のアンインストール方法 ■■■  

以下の手順でNFCカードリーダーのデバイスドライバをアンインストールすることで「NFCポート自己診断」もアンインストールされます。

1. NFCカードリーダーをパソコンに接続した状態でデバイスマネージャを
  開きます。
 
  ※デバイスマネージャの表示手順  
   ①[スタート]をクリック後[コンピュータ](XPの場合は[マイコンピュータ])
     を右クリックし[プロパティ]を選択します。
  ②(XPの場合は[ハードウェア]タブをクリックしてから)
   [デバイスマネージャ]をクリックします。

2. [ユニバーサルシリアルバスコントローラ](XPの場合は「USB(Universal Serial
   Bus)コントローラ」)の下にある「TN31_NFC」を選択し右クリックし
  「削除」を実行します。
  (Vistaの場合は、「このデバイスドライバソフトウェアを削除する」に
   チェックを付けて「OK」をクリックしてください。)

3.  NFCカードリーダーをパソコンから取り外します。

4.  [スタート]-[コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]
   (Vistaの場合は[プログラムのアンインストール])の画面で、
  「NFCポートドライバ」を削除してください。



■■■ 「NFCポート自己診断」のインストール方法 ■■■

NFCカードリーダーのデバイスドライバをインストールすることで「NFCポート自己診断」もインストールされます。

1. 新バージョンの「USB2-NFCサポートソフト」(または「NFCサポートソフト」)
   を弊社ホームページのサポートライブラリの製品型番よりダウンロードして
  ください。

2. ダウンロードしたファイルは圧縮されています。
  ダブルクリックするとデスクトップ上にフォルダが作成され、
  その中にファイルが解凍されます。
   
  (例)USB2-NFCサポートソフト(バージョン1.10)の場合
    ダウンロードした圧縮ファイル名:  usb2nfc110.exe
      解凍すると作成されるデスクトップ上のフォルダ名: usb2nfc110
  
3.  このデスクトップ上のフォルダの中にDriverフォルダがあり、
    その中に「NfcPortSetup_v1.10.exe」があります。
  このファイルをダブルクリックするとデバイスドライバのインストールが
  開始されます。

Q&A番号 16060
このQ&Aの対象製品 NFC-RW USB2-NFC NFC-ST USB2-NFC/KID

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】