Q&A

内蔵ドライブをネットワークで共有して使用していました。
  マッハドライブを設定したところ、これまで問題無く共有出来ていた
  内蔵ドライブがクライアントPCからアクセスするとエラーが発生して
  アクセス出来なくなったのですが?


<現象>
クライアントPC側から共有ドライブにアクセスすると
「このコマンドを処理するために必要な記憶域をサーバーで確保
 できません。」

<対処>
マッハドライブやマッハUSB、ウイルス対策ソフトウェアを導入しますと
OS側で設定されておりますサーバーサービスのスタック領域が不足し
エラーとなる場合が有ります。
このような場合サーバー側となるPCにイベントログにID2011のエラー
が記録される場合もございます。

このような場合は、サーバー側となるPCのレジストリを一部変更することで
症状が改善されるとの情報がマイクロソフトの技術情報に掲載されております。
下記のURLの内容を参考に 修正をお試しください。
なお、レジストリの修正は、操作を間違えますとシステムに障害が発生する場合
もございますので 事前に重要なデータのバックアップを行うなど万全の体制にて
行う事を強くおすすめします。


マイクロソフト社の技術情報 177078
http://support.microsoft.com/kb/177078/ja
おなじく 技術情報 285089
http://support.microsoft.com/kb/285089/ja
をご確認頂き サーバー側のPCのレジストリを
編集して値を15以上に設定して症状が改善されないかを
ご確認下さい。

Q&A番号 16283
このQ&Aの対象製品 M-DRV(ESD)

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】