Q&A

HDC2-U3.0モード変更後のフォーマット時注意事項について

<参考>

以下を参考に対処してください。

※RAIDモードの変更を行うと、それまで保存されていた全てのデータは消去
 されます。大切なデータが保存されている場合は、RAIDのモード変更を行
 う前に、必ずバックアップを行ってください。
※モード詳細につきましては、製品添付の取扱説明書をご確認ください。
※誤消去を防ぐため、ほかのUSB機器は、極力外してから操作することを
 強くおすすめ致します。

---------------------------------------
■「ミラーリングモード(RAID1)」へ変更後の場合
こちらを参考に、フォーマットを行ってください。

---------------------------------------
■「マルチディスクモード」へ変更後の場合
ディスクの管理にて、約1.5TBで2つ認識があります。
2つとも、こちらを参考に、フォーマットを行ってください。

---------------------------------------
■「ストライピングモード(RAID0)」へ変更後の場合
以下手順を参考にフォーマットしてください。
※フォーマット形式はNTFSのみとなります。
※パーティション形式はGPTとなります。そのことにより、Windows 7/Vista
 でのみ認識する形式となります。(Windows XP以前のOSでは認識しません。)

1.「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」のダウンロードを行ないます。
 参考:ソフトウェアのダウンロード方法 手順「5.」以降

2.ダウンロードしたフォルダ内にある[HDDFMT](または[HDDFMT.exe])
 ファイルをダブルクリックします。
 ※「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]また
  は[続行]ボタンをクリックします。


3.「I-O DATA HDC2-U(容量3.0TB)」で認識されているのを確認し、[次へ]
 ボタンをクリックします。
/support/qanda/images/16470/3.gif


4.動作モード「変更なし」、現在のモード「2T以上」となっていることを確
 認し、[次へ]をクリックします。


5.[フォーマット形式]が「NTFS」、[パーティション形式]が「GPT」になっ
 ていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。 

6.メッセージを確認し、[はい]ボタンをクリックします。
/support/qanda/images/16470/5.gif


7.フォーマットすると本製品の中のデータは全て消えてしまいます。 
 大切なデータは他のハードディスク等にバックアップしてください。
 問題なければ、[注意事項に同意します]をチェック後、[次へ]をクリッ
 クします。
/support/qanda/images/16470/6.gif


8.[実行]ボタンをクリックすると、フォーマットを開始します。
 ※以下の画面が表示された場合は、一旦、HDC2-U3.0本体の電源をOFFに
  した後、再度電源をONにします。

9.[完了]ボタンをクリックします。 
/support/qanda/images/16470/8.gif

10.製品をパソコンから一度取り外し、再接続します。

以上で、フォーマットが完了しました。 

---------------------------------------
Q&A番号 16578
このQ&Aの対象製品 HDC2-U3.0

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】