HOME > サポート&サービス > Q&A

Q&A

パソコンに保存されたデータをUSBメモリーにコピーする方法を知りたいのですが?

<内容>

以下手順にてデータのコピーを行うことができます。

--------------------------------------------
【コピー手順1】
(画面例:Windows 7)

1.コピーしたいファイルが保存されているフォルダを開きます。

 例えば、写真データが[ピクチャ(マイピクチャ/MyPictures)]に保存
 されている場合は、そちらを開きます(操作の一例:スタートボタン→
 [ピクチャ(マイピクチャ/MyPictures])。

 ※ソフトウェアを使用してパソコンにデータを保存されている場合で、
  データの保存場所が分からない場合は、ソフトウェアメーカーへご
  相談ください。

     
2.コピーしたいデータのアイコン上で右クリックし、[コピー]をクリックします。 
/support/qanda/images/16787/usb1.PNG

 http://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gifポイントhttp://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gif
 一度に複数のファイルをコピーしたい場合は、[Ctrl]キーを押しなが
 ら、順にクリックしてデータを選択してください。その後に、選択済み
 の任意のアイコン上で右クリックし、[コピー]をクリックします。
/support/qanda/images/16787/usb2.PNG
    
3.お使いのUSBメモリーをパソコンに接続します。
 [コンピュータ(マイコンピュータ)]をダブルクリックして開き、
 次に、本製品のアイコンをダブルクリックします。
(画面例:Windows 7でボリュームEとして認識している場合)    
/support/qanda/images/16787/usb3.PNG
     
4.[編集]→[貼り付け]の順にクリックします。     
/support/qanda/images/16787/usb4.PNG

以上で、データのコピーは完了しました。


http://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gifデータの「コピー」ではなく、「移動」をさせたい場合http://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gif
上記手順2の[コピー]を、[切り取り]に読み替えて操作を行なうと、データの
移動ができます。なお、[切り取り]を行ってデータの移動を行なわれた際は、
下記にご注意ください。     

※「コピー」を行なった場合には、元の場所にもデータが残ったままとなり
 ますが、「移動」を行なった場合には、元の場所にデータは残りません。

※「移動」の場合、データの移動中にパソコンがフリーズしたり、パソコン
 の電源が落ちた等の現象が発生した場合、データが消失してしまう可能
 性があります。そのため、「移動」ではなく、一旦は「コピー」を行って、
 データが間違いなくコピーされたのを確認してから元のデータを削除する
 ことをおすすめ致します。

--------------------------------------------
【コピー手順 2】

1.お使いのUSBメモリーをパソコンに接続し、[コンピュータ(マイコン
 ピュータ)]に、アイコンが増えるのを確認します。
 そして、アイコンの名称やドライブ文字(E:やF:などの表示)が何
 になっているかを確認します。
 (画面例:Windows 7で ボリュームEとして認識している場合)
/support/qanda/images/16787/usb3.PNG

2.コピーしたいファイルが保存されているフォルダを開きます。

 例えば、写真データが[ピクチャ(マイピクチャ/MyPictures)]に保存
 されている場合は、そちらを開きます(操作の一例:スタートボタン→
 [ピクチャ(マイピクチャ/MyPictures])。

 ※ソフトウェアを使用してパソコンにデータを保存されている場合で、
  データの保存場所が分からない場合は、ソフトウェアメーカーへご
  相談ください。
     
3.保存したいデータのアイコン上で右クリックし、[送る]→手順1で確認し
 たUSBメモリーの認識部分(例:ボリュームE) の順番に選択します。 
/support/qanda/images/16787/usb5.PNG

 http://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gifポイントhttp://www.iodata.jp/support/advice/hdd/image/lamp6.gif
 一度に複数のファイルを保存したい場合は、[Ctrl]キーを押しながら、
 順にクリックしてデータを選択してください。
 その後に、選択済みの任意のアイコン上で右クリックし、[送る]→手順1
 で確認したUSBメモリーの認識部分(例:ボリュームE) の順番に選択し
 ます。 

/support/qanda/images/16787/usb6.PNG

以上で、データを送る作業は完了しました。
--------------------------------------------

※万一のデータ消失に備え、大切なデータは二重に持たれること(お使いの
 USBメモリーに加え、別のUSBメモリーやパソコンの内蔵ハードディスク、
 外付ハードディスク、別のUSBメモリー、DVD/CD等にも保存されること)
 を強くおすすめ致します。
Q&A番号 16787
このQ&Aの対象製品 TB-ST2G/B TB-ST1G/B TB-ST1G/K TB-ST256/B TB-ST256/K TB-ST2G/K TB-ST512/B TB-ST512/K TB-ST512/W TB-BH2G/B TB-BH2G/R TB-BH2G/K TB-ST4G/B TB-ST4G/K TB-ST8G/B TB-ST8G/K TB-AT1G/S TB-AT1G/B TB-AT1G/P TB-AT2G/S TB-AT2G/B TB-AT2G/P TB-AT4G/S TB-AT4G/B TB-AT4G/P TB-BH2/1G/B TB-BH2/2G/B TB-BH2/4G/B TB-BH2/8G/B TB-BH2/1G/R TB-BH2/2G/R TB-BH2/4G/R TB-BH2/1G/K TB-BH2/2G/K TB-BH2/4G/K TB-BH2/8G/K TB-BH2/8G/R TB-AT8G/S TB-AT8G/B TB-AT8G/P TB-BH2/16G/B TB-BH2/16G/K TB-ST16G/B TB-ST16G/K TB-BH2/16G/R TB-NT4G/W TB-NT4G/K TB-NT8G/P TB-NT4G/P TB-NT8G/K TB-NT8G/W TB-NT16G/K TB-NT16G/W TB-NT16G/P TB-NT32G/K TB-NT32G/W TB-NT32G/P TB-ATM4G/VP TB-ATM4G/FP TB-ATM8G/VP TB-ATM8G/FP TB-ATM16G/VP TB-ATM16G/FP TB-ATG4G/WS TB-ATG4G/DS TB-ATG8G/WS TB-ATG8G/DS TB-ATG16G/WS TB-ATG16G/DS TB-BH2A4G/K TB-BH2A4G/B TB-BH2A4G/R TB-BH2A8G/K TB-BH2A8G/B TB-BH2A8G/R TB-BH2A16G/K TB-BH2A16G/B TB-BH2A16G/R TB-ATA4G/S TB-ATA4G/P TB-ATA4G/B TB-ATA8G/S TB-ATA8G/P TB-ATA8G/B TB-ATA16G/S TB-ATA16G/P TB-ATA16G/B TB-7T4G/K TB-7T4G/S TB-7T8G/S TB-7T8G/K TB-7T16G/K TB-7T16G/S

検索結果一覧に戻る

I-O DATA

COPYRIGHT©I-O DATA DEVICE, INC.