Q&A

バックアップ機能における出力されるログの見方と失敗時の対処法について

<内容>

 本製品ではバックアップの方式で
・バックアップ設定時の「同期」
・ネットワークバックアップ設定時の「上書き差分」「履歴」
を実施した際にバックアップ先にテキストファイルでバックアップの状況を記したログが保存されます。ログ内の詳細な内容に関しては以下をご参照ください。

【ログの保存場所】

・バックアップ設定時の「同期」

 本製品のホスト名
      |__バックアップ先共有名
        |__ __backup
           |__バックアップ元共有名
             |__20150110-120000.log
               (バックアップ開始時間)


・ネットワークバックアップ設定時の「上書き差分」

 本製品のホスト名
      |_バックアップ先共有名
        |_ __netbackup
           |_バックアップ元共有名(またはIPアドレス)
             |__disk_20150111-133000.log
               (共有フォルダ名_バックアップ開始時間)


・ネットワークバックアップ設定時の「履歴」

 本製品のホスト名
      |_バックアップ先共有名
        |_ __netbackup
           |_201501121400(履歴の日付)
             |_バックアップ元共有名(またはIPアドレス)
              |__disk_20150112-140030.log
                (共有フォルダ名_バックアップ開始時間)


【ログの詳細】

・バックアップ

  正常なログ

フォルダパス MKDIR         フォルダ作成

フォルダパス RMDIR         フォルダ削除

ファイルパス DELETE        ファイル削除

ファイルパス COPY          ファイルコピー成功

ファイルパス COPY(OVERWRITE)   ファイルコピー成功(上書き)

ファイルパス SKIP          ファイルコピースキップ


  失敗時のログ

ファイルパス DELETEERROR      ファイル削除失敗

 ※バックアップ先にある該当ファイルの削除に失敗しました。
  手動でバックアップ先から直接削除出来ないかお試しください。
  それでも削除出来ない場合、本製品ごとUSBHDDを再起動してみてください。
  再起動後でも削除出来ない場合、バックアップ先をチェックディスク
  (バックアップ先がUSBHDDでFAT32の場合は不可)を試したり、
  バックアップ先のフォーマットをお試しください。


ファイルパス COPYERROR       ファイルコピー失敗

 ※バックアップ元にある該当ファイルのコピーに失敗しました。
  数個の場合には該当ファイルをバックアップ元からパソコン上などに
  コピー後、削除して再度お試しください。  


ファイルパス COPYERROR(SIZE)   ファイルコピー失敗(サイズ制限)  

 ※バックアップ先がFAT32フォーマットのUSBHDDの場合、
  1ファイル4GB以上のファイルはコピー出来ません。
  該当ファイルを取り除いていただくか、バックアップ先を
  専用フォーマットにしてください。


ファイルパス COPYERROR(OVERWRITE)   ファイルコピー失敗(上書き)

 ※バックアップ元にある該当ファイルの上書きコピーに失敗しました。
  バックアップ先にある該当ファイルを削除して再度お試しください。 



・ネットワークバックアップ

  正常なログ

dmget:ok:get ファイルパス    ファイルコピー成功

dmget:ok:skip ファイルパス    ファイルコピースキップ


  失敗時のログ

NT_STATUS_ACCESS_DENIED opening remote file ファイルパス

                ファイルへのアクセス権限がない

 ※該当ファイルへのアクセスが出来なかった場合となります。
  バックアップ元に存在する該当ファイルが問題なく開ける状態か、
  開いたままではないか、などご確認ください。
  必要に応じバックアップ元からパソコン上などにコピー後、
  削除して再度バックアップをお試しください。  


dmget:fail ファイルパス     ファイルコピー失敗

 ※バックアップ元にある該当ファイルのコピーに失敗しました。
  数個の場合には該当ファイルをバックアップ元からパソコン上などに
  コピー後、削除して再度バックアップをお試しください。 


NT_STATUS_ACCESS_DENIED listing フォルダパス

                フォルダのアクセス権限がない

 ※該当フォルダへのアクセスが出来なかった場合となります。
  バックアップ元に存在する該当フォルダが問題なく開ける状態かどうか
  ご確認ください。
  必要に応じバックアップ元からパソコン上などにコピー後、
  削除して再度バックアップをお試しください。


Connection to ホスト名 failed (Error NT_STATUS_BAD_NETWORK_NAME)

                バックアップ元への接続に失敗

tree connect failed: NT_STATUS_LOGON_FAILURE

                共有フォルダへのアクセスに失敗

 ※バックアップ中にバックアップ元へのアクセスが出来なかった、切れた
  場合となります。
  ・バックアップ元の機器の電源が入っているか
  ・バックアップ元に対しパソコンなどで問題なくアクセスは可能かどうか
  などバックアップ元に対するご確認をお願い致します。


【参考】

 ログファイルはバックアップ量が多いと膨大になります。
検索するのが容易ではない場合、ファイルを開いた上でキーボードの
「Ctrl」+「F」キーを同時に押し、検索ウィンドウを出しください。
そこに、上記のエラーとなる単語を入れ、検索してみてください。

Q&A番号 19442
このQ&Aの対象製品 HDL2-A4.0 HDL2-A2.0 HDL2-A6.0 HDL2-AH2.0 HDL2-AH4.0 HDL2-AH6.0 HDL-A1.0 HDL-A2.0 HDL-AH1.0 HDL-AH2.0 HDL-AH3.0 HDL-A3.0 HDL-A2.0/E HDL2-A4.0/E HDL-A2.0S HDL-A3.0S HDL-A3.0R HDL2-A2.0R HDL-A2.0R HDL2-A4.0R HDL2-A6.0R HDL-A2.0R/E HDL2-A4.0R/E HDL-AH2.0W HDL-AH1.0W HDL-AH3.0W HDL2-AH2.0W HDL2-AH4.0W HDL2-AH6.0W HDL-A2.0RT HDL2-A6.0RT HDL-A3.0RT HDL2-A2.0RT HDL2-A4.0RT IPHL2-A6.0RT IPHL-A4.0RT IPHL2-A8.0RT IPHL2-A12RT IPHL2-A4.0RT IPHL-A2.0RT HDL2-A8.0RT/E HDL-A4.0RT/E HDL2-A12RT/E HDL2-A6.0RT/E

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】