Q&A

Palm OS3.1を使用していますが、接続ができないのですが?

<内容>

以下の点を順番に確認してください。

1.クロックアップ、赤外線関連のアプリケーションはセットアップされている
  か。
  
  されている場合には、アンインストールをおこなってください。
 ただ、完全にアンインストールできない場合があります。
  リセットボタンを押し初期状態に戻してお試しください。

2.[環境設定]-[モデム]を開き、以下の設定になっている事を確認します。
 
   モデム   :▼Custom
  速度     :▼57,600bps
   スピーカ  :▼小  
   フロー制御:▼自動

  コマンド:AT&FX4
  (以下の電話機別、コマンドを参考にして追記してください。)

   プッシュ回線を選択
  
  「ご使用する電話機によって、コマンドを変更してお使いください。」
 
 ・DoCoMo製デジタル携帯電話(208、209、302シリーズ以外)、au製、
    J-PHONE製のデジタル携帯電話を使用される場合

    コマンドはそのままか #CLS=1 を追記してください。
  変更前 AT&FX4 → 変更後 AT&FX4 もしくは AT&FX44#CLS=1 
  (電話番号末尾にJを付加しても結構です。)

 ・DoCoMo製デジタル携帯電話(208、209、302シリーズ)、ドッチーモでPDC
    モードで使用、cdmaOneにてデータ通信を行う場合

    コマンドに #CLS=1 を追記してください。
  変更前 AT&FX4 → 変更後 AT&FX4#CLS=1 
  (電話番号末尾にJを付加しても結構です。)

 ・パケット対応電話機(DoCoMo製208、209シリーズ、cdmaOne PaketOne)
    を使用してパケット通信を行う場合
 
  コマンドはそのままか #CLS=2 を追記してください。
  変更前 AT&FX4 → 変更後 AT&FX4 もしくは AT&FX4#CLS=2
 
 ・ドッチーモでPHS通信で使用する場合

  コマンドに #CLS=3 を追記してください。
  変更前 AT&FX4 → 変更後 AT&FX4#cls=3  

 ・PHSで64K通信を使用する場合(H"を含む)

  コマンドはそのままでご使用ください。
  AT&FX4

3.[環境設定]-[ネットワーク]を開き、プロバイダに接続するために設定され
 たものを開きます。
  [詳細]ボタンを押します。
  接続タイプ  :▼PPP
  切断までの時間:▼電源オフ
  クエリーDNS  :チェックが付いていますが、プロバイダから、プライマ
          リDNS、セカンダリDNSの指定があれば、チェックを外し
                   ます。
          指定された数値を、それぞれ入力します。
  IPアドレス    :自動にチェックを付けます。
  
4.[スクリプト]ボタンを押します。
 ▼終了: になっているかをご確認してください。
 [OK]ボタンを押します。
 *何かスクリプトを設定されている場合、削除してください。
  (何かスクリプトを設定されていますと、ログオン表示になります。)
  さらに[OK]ボタンを押し、詳細ウィンドウを閉じます。

5.ユーザ名、パスワード、電話番号を確認してください。
 ユーザ名、パスワード名は半角文字にて大文字、小文字に誤りがないよう
 に入力してください。
  [接続]ボタンを押して、接続を行ってみてください。

6.ダイヤル先の番号を確認の上、接続を行ってみてください。
 
 ・PHS、H"でご使用の場合、利用する地域が64Kに対応していない場合

   32K通信にてご利用ください。
   ご使用する際は、アンテナレベルが最高の状態でご使用ください。
 
 ・デジタル携帯電話(ドッチーモにてPDCモードを使用、cdma-Oneにて
  データモードで使用する場合を含む)の場合

   アナログ対応のアクセスポイントをご利用ください。
 
 ・PHS(DoCoMo)製、ドッチーモにてPHSモードを使用の場合

   PIAFS1.0もしくは2.0対応のアクセスポイントをご利用ください。

  電話機が64Kに対応しているにも関わらず、PIAFS1.0のみ対応したアク
  セスポイントに接続される場合

   電話番号の末尾に#32 を付加して接続を行ってください。
   (PHSが32K対応電話機の場合、電話番号の末尾に#32を付加する必要
    はありません。)
    (PIAFS2.0対応アクセスポイントの場合、電話番号の末尾に#32を付
       加する必要はありません。)

 ・アステル製PHSをご使用の場合
 
      PIAFS1.0対応のアクセスポイントをご利用ください。

 ・DDI(H")をご使用の場合
  
      PIAFS1.0もしくは2.1対応のアクセスポイントをご利用ください。
  
   電話機が64Kに対応しているにも関わらず、PIAFS1.0のみ対応したアク
    セスポイントに接続される場合
 
    電話番号の末尾に##3 を付加して接続を行ってください。
    (32K対応電話機の場合、電話番号の末尾に##3を付加する必要はあり
       ません。)

 ・ユーザ名、パスワード名は半角文字にて大文字、小文字に誤りがないよ
  うに入力してください。
  (PIASネット、cdma-Oneにてパケットを利用する場合などユーザ名(ログ
   イン名)を確認してください。) 
 
Q&A番号 8513
このQ&Aの対象製品 PC96643 PC9664V PC9664VR

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】