Q&A

何度掛けても、Busy(ビジー)になってしまうのですが?

<原因>

接続先にダイヤルしたが、相手が話中の場合に表示されます。

<対処>

何度行っても、BUSYとなる場合には本当に相手先が話中かを確認する必要が
あります。 
確認するには、電話機を使って接続先にダイヤルしてみて、話中音(プーッ・
プーッ・プーッ)が聞こえるか確認してください。
なお、電話回線の接続が問題ないのかも確認してください。

1.P2GATEのLINE端子にモジュラーケーブル(電話回線)が正しく接続されてい
 るか。
 *出来れば、P2GATEのPHONE端子に電話機を装着して電話機の受話器を上げ
  電話を掛けることが可能かを確認してください。
2.話中音の場合、時間をおいて再度、行ってください。
3.話中音になっていない場合、モデムコマンドに X3 を追記してみてくだ
 さい。
 
  AT&FW2  → AT&FW2X3

 追記方法
  1.EGBROWSER Light画面が表示されている状態であれば、SELECTボタン
   を押し、オプションにカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  2.インターネット接続設定にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  3.基本設定画面が開かれます。
   ISP電話番号1に市外局番、ダイヤル番号が正しく入力されているか確
   認してもらいます。
   確認してもらいましたら、OKにカーソルを合わし、○ボタンを押しま
   す。  
  4.ダイヤル設定に変わります。
   市外局番に、お客様の市外局番が入力されていることを確認します。
   長距離電話発信番号、キャチホンフォン、外線番号が空白であること 
   を確認し、モデム発信設定にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  5.キーの英大小ボタンを押し、X3 を入れた後、SELECTボタンを押しま
   す。
  6.ダイヤルは、プッシュ回線の場合 トーン、ダイヤル回線の場合
   ”パルス”にあわせます。
  7.ISP接続に市外局番を使うは、接続先が市外の場合、「オン」側
   市内地域であれば、「オフ」側にします。
  8.プライドダイヤルは「オフ」側にします。
  9.「OK」にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  10.もう一度、「OK」にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  11.「保管」にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  12.このメモリカードにセーブしてよろしいですか?
    「はい」にカーソルを合わし、○ボタンを押します。
  13.EGBROWSER Light画面が表示されますので、電話を切った後、電話
       アイコンをカーソルを合わし、○ボタンを押して接続してください。
 
  *注意
   電話機が一般回線の場合、電話機により電話回線は使用中のため、
   電話終了後、右上の電話機マークを押し、ダイヤルしてください。
   そうしないと、電話機により回線が使用中のため、モデムから正しく
   発信できません。
 
Q&A番号 8840
このQ&Aの対象製品 DFML-560/P2

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】