Q&A

インターネット接続設定で、契約済みのプロバイダの設定を行い、EGBROWSER
Lightより接続をしようとしていますが、接続できないのですが?

<対処>

◎EGBROWSER Lightより、接続を行おうとした場合に、P2GATE本体から
 「ダイヤル音(ピポパ音もしくはプツプツ音)」はしているか、また、その
 後に「ピーギャオギャオ音」はしているか確認してください。
 
・「ダイヤル音はしていません」または、「ダイヤル音はするが、ピーギャ
 オギャオ音はしていない場合」

 P2GATEの取扱説明書にご案内しているような電話回線を正しく接続されて
 いるかをご確認してください。
 その上で、以下のようにEGBROWSER Lightの[インターネット接続設定]を
 再確認してください。 

 −確認方法−
  1.EGBROWSER Lightの画面より、「SELECT」ボタンを押し、?オプション
   を選択し、「○」ボタンを押します。
  2.インターネット接続設定を選択、「○」ボタンを押します。
   「基本設定」が開かれます。
  3.[ISP電話番号1] の左余白に、接続先のプロバイダの市外局番が正しく
   入力されているか、右余白に接続先のプロバイダの電話番号が正しく入
   力されているかを確認してください。
   確認後、[OK]ボタンに合わせ、「○」ボタンを押します。  
   「ダイヤル設定」が開かれます。
  4.[市外局番]に、お客様の市外局番が入力されているかを確認します。
  5.[長距離電話発信番号]及び、「キャッチフォン」には、空白にします。
   「ダイヤル」には、現在お客様の方にてご使用されている電話回線の
   種類の設定が正しく選択されているかを確認してください。
   確認されましたら、[OK]ボタンに合わせ、「○」ボタンを押します。

   (プッシュ回線の時は『トーン』、ダイヤル回線の時は『パルス』)
   ISP接続に市外局番を「使う」側にしてください。 
 
  ※ご使用の電話回線が、外に掛ける際に何かボタンを押さないと外線発
   信できないような回線をご利用されている場合、外線発信番号を指定
   されているかも確認してください。
  
  「プロキシ設定」が開かれます。
   プロキシを使う 「いいえ」を選択
   [プキシサーバ名]、[プロキシポート]を空白にして、[OK]ボタンに合わ
     せ、「○」ボタンを押します。
   設定変更した値をメモリカードに保存させるため、「保管」にカーソル
     を合わせて○ボタンを押します。
   EGBROWSER Light画面に戻りましたら、接続をお試しください。

  ※ご使用の電話回線が、外に掛ける際に何かボタンを押さないと外線発
      信できないような回線をご利用されている場合で、かつ外線発信番号
   の欄に外線発信番号を指定しているが接続ができない場合、設定した
   外線発信番号を外し、電話回線を一般の電話回線に変えて使用してく
   ださい。   

  ※電話の受話器をあげて、電話機のダイヤルボタンを押すことで、すぐ
   に外に電話を掛けることが可能な、一般の電話回線を使用されている
   場合で、上記設定を再確認し合わせたにも関わらず接続ができない場
   合には、外線発信番号には何も入れていないことを確認して、トーン
   を選択されている場合、パルスに変えてお試しください。
   パルスであれば、トーンに変えてお試しください。 

・「ピーギャオギャオ音はしている場合」
 (ピーギャオギャオ音中に回線が切れてしまいます。)

 EGBROWSER Lightの[インターネット接続設定]の「ダイヤル設定」モデム
 発信設定に以下を半角大文字にて追記して、接続を行ってみてください。
 
  +MS=V34,,,33600 

 「AT&FW2」のうしろに「+MS=V34,,,33600」と入力して接続を行ってみてく
 ださい。

  AT&FW2+MS=V34,,,33600
    
    
Q&A番号 8956
このQ&Aの対象製品 DFML-560/P2

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】