Q&A

PCDC-96、PCDC-96Pの違い について

<内容>

「PCDC-96」と「PCDC-96P」は性能、及び設定の仕方(ATコマンド)などは基
本的に共通ですが、以下の点が異なります。

−発信者番号通知−
  「PCDC-96」は、デフォルトでは発信者番号通知をしない設定になっていま
 す。
  よって、発信者番号通知をしたい場合は、追加設定として「AT^S1」という
  コマンドが必要です。
  「PCDC-96P」は、デフォルトで発信者番号通知をする設定になっています。

−通信方式について−
  「PCDC-96」はデフォルトでは、パケット通信となっています。
  よって、パケット通信にも対応の電話機を接続した場合、何も指定しなけ
 れば自動的にパケット通信として動作します。
  パケット通信対応の電話機で、通常のPDC通信をしたい場合は、追加設定に
  「AT^M3」(通常のPDC通信という指定)が必要となります。
  
  「PCDC-96P」は、デフォルトで、PDC通信となっています。
  よって、パケット通信をしたい場合には追加設定に「AT^M1」(パケット通
 信という指定)が必要となります。

−ケーブルについて−
  「PCDC-96」と「PCDC-96P」はハード的な部品が異なり、ケーブルは違いに
 流用できません。
  よって、「PCDC-96」で「PCDC-96P」添付のケーブルを使うことはできませ
 ん。
 (逆も同様にできません。)

−TAPIにてPCDC-96Pを選択せずに、COMを選択する様なソフトウェアを使用す
 る場合や標準PCMCIAカードモデムとして設定して使用する場合について-
 「発信者番号通知しない」、通信方式は「パケット通信」の設定になりま
  すので、接続先により、変更が必要な場合には、上記コマンドを付加し
  てご使用ください。

上記の点について、ご注意ください。
Q&A番号 9102
このQ&Aの対象製品 PCDC-96 PCDC-96P

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】