検索結果

トップページ

詳細ガイド

ブルーレイドライブ共通

ソフトウェア使用例

本マニュアルは弊社製ブルーレイドライブの共通マニュアルです

ダウンロードできるソフトウェアはご購入いただきました商品によって異なります。ご利用の商品でダウンロード提供(無料)しているソフトウェアの説明をご覧ください。

※ ソフトウェアは会員情報サービス「IOPortal」からダウンロードします。商品を登録すると、ダウンロード可能なソフトウェアのみが表示されます。

※ ソフトウェアはWindows用です。

※ macOSでのメディアの再生、書き込みについては「ミュージック」等のアプリケーションや「Finder」の機能をご利用ください。使い方について詳しくは各アプリケーションのヘルプをご覧ください。 なお、「Finder」の使い方は「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」-「macOSの場合」でもご説明しています。

※ Windowでは、ソフトウェアを使わなくてもメディアにデータを書き込むことができます。操作方法は「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」-「Windowsの場合」をご覧ください。

右上の[マニュアル内検索]もご利用ください

このガイド内の用語を指定して検索することができます。

ソフトウェアの概要

ダウンロードできるソフトウェアはご購入いただきました商品によって異なります。ご利用の商品でダウンロード提供(無料)しているソフトウェアの説明をご覧ください。

※ ソフトウェアは会員情報サービス「IOPortal」からダウンロードします。商品を登録すると、ダウンロード可能なソフトウェアのみが表示されます。

※ ソフトウェアはWindows用です。

※ Windowsでは、ソフトウェアを使わなくてもメディアにデータを書き込むことができます。操作方法は「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」-「Windowsの場合」をご覧ください。

やりたいこと ソフトウェア名 概要
再生したい BDミレル

以下の映像を再生できます。

• 作成したオリジナルブルーレイディスクやDVDの映像

• 市販のブルーレイディスクやDVDの映像

データを保存したい B's Recorder 簡単な操作で、データディスクや音楽CDなどを作成できます。
BD/DVDビデオを作りたい Roxio Creator

以下の製作がおこなえます。

• ブルーレイディスクに映像ファイルを書き込む

• DVDビデオを作成する

• デジタルビデオカメラから直接レコーディングする

macOSでの使い方

macOSでのメディアの再生、書き込みについては「ミュージック」等のアプリケーションや「Finder」の機能をご利用ください。使い方について詳しくは各アプリケーションのヘルプをご覧ください。 なお、「Finder」の使い方は「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」-「macOSの場合」でもご説明しています。

Chrome OSでの使い方

ファイルの読み込みのみに使用可能です。本製品をつなぎディスクをセットすると「ファイル」アプリにドライブが追加されます。

※ 添付のソフトウェアはご利用いただけません。

※ 市販のDVDビデオ等の再生はおこなえません。

※ 本製品が正常に動作しない場合は、「困ったときには」-「Q&A」-「本製品が認識されない、または正常に動作しない場合」の対処をご確認ください。

インストール方法

ソフトウェアは会員情報サービス「IOPortal」からダウンロードしてインストールします。商品を登録すると、ダウンロード可能なソフトウェアのみが表示されます。

※ ソフトウェアはWindows用です。

※ 今回インストールするソフトウェアをすでにパソコンにインストール済みの場合は、先にアンインストールしてから、ダウンロードしたソフトウェアをインストールしてください。

1.IOPortalに商品を登録する

  1. Webブラウザーよりhttps://ioportal.iodata.jp/ にアクセス

  2. ① メールアドレスとパスワードを入力

    ② [ログイン]をクリック

    初めてご利用いただく場合は、新規会員登録をお願いします

    ① [新規会員登録へ]ボタンをクリック

    ② メールアドレスを入力し、[この内容で送信する]をクリック

    ⇒ 会員登録用URLのメールが届きます。届いたメール内にあるURLをクリックし、会員登録をおこなってください。会員登録後は、マイページにログインします。

  3. ① [登録製品]タブをクリック

    ② ドライブ本体(底面)に記載のシリアル番号(S/N)を入力

    ③ [製品を登録する]をクリック

  4. 以上で商品の登録は完了です。続けてソフトウェアをダウンロードしてインストールします。


2.ダウンロードしてインストールする

  1. ① [登録製品]タブをクリック

    ② 登録した商品の[ダウンロード]をクリック

  2. ダウンロードするソフトウェアの、ご利用のOSのボタンをクリック

  3. 画面をよくお読みいただき、[ダウンロード]ボタンを押す

  4. 表示された「シリアル番号」や「プロダクトキー」をメモする(ソフトウェアのインストール時や初回起動時に必要です)

    シリアル番号やプロダクトキーの確認方法

    以下のいずれかの方法で確認することができます。

    ● ソフトウェアをダウンロードすると送付されるメール

    ● 上記手順2の画面

    ※ 製品本体に貼りつけられているシリアル番号(S/N)とは異なります。

    ※ Roxio Creatorにはシリアル番号等がないためメモは不要です。

  5. ダウンロードしたファイルを実行し、画面の指示にしたがってインストールする

    ソフトウェア名 ダウンロードしたファイル名
    BDミレル

    bdmireruXXX(.exe)

    B’s Recorder bsrecorderXXX(.exe)
    Roxio Creator roxiocreatorbdXXX(.exe)

    インストール中または初回起動時に、プロダクトキーやシリアル番号の入力画面が表示された場合

    上記手順2でメモしたプロダクトキーやシリアル番号を入力します。これらのキーはソフトウェアをダウン ロードすると送付されるメールでも確認することができます。

    ※ 製品本体に貼りつけられているシリアル番号(S/N)とは異なります。

以上でインストールは完了です。

BDミレル

再生ソフト「BDミレル」の使い方を説明します。

※ 画面は予告なく変更になる場合があります。

再生可能なコンテンツ

起動方法

画面の概要

右クリックメニュー

ショートカットキー一覧

設定画面

注意事項

オープンソースライセンス

再生可能なコンテンツ

「BDミレル」では、以下の映像を再生可能です。

・ ブルーレイディスク(BDMV、およびBDAV)

・ DVDビデオディスク (DVD-Video)

・ DVD-VRディスク

・ AVCHDディスク

・ AVCRECディスク

※ CPRM技術で録画されたメディアを初めて再生する際、アクティベーションをおこなうためにインターネット接続環境が必要です。パソコンをインターネットに接続してから、再生をおこなってください。

AACSキーについて

ブルーレイディスクやAVCRECでは著作権保護されたコンテンツを録画・編集・再生するために著作権保護技術「AACS」を採用しています。 ブルーレイディスクやAVCRECを継続的にお使いいただくために、定期的に「AACSキー」を更新してください。「AACSキー」は再生ソフトウェアからのメッセージにしたがい更新します(インターネット接続環境が必要です)。 更新しない場合には、著作権保護されたコンテンツの再生ができなくなる可能性があります(著作権保護されていないコンテンツの再生は可能です)。

起動方法

  1. 弊社製ブルーレイドライブをパソコンにつなぐ

  2. デスクトップ上の[BDミレル]アイコンをダブルクリック
    ⇒ BDミレルが起動します。

    ※ 初回起動時にはBDミレルのシリアル番号の入力画面が表示されます。ダウンロード時にメモしたBDミレルのシリアル番号を入力してください。

  3. 再生するメディアを本製品にセットする

  4. 自動的に再生がスタートします。

画面の概要

・画面下部をマウスオーバーすると、シークバーが表示されます。

・シークバーをマウスオーバーすると、コントロールパネルが表示されます。

・コントロールパネル表示時にをクリックすると、サブメニューが表示されます。

※ 再生するコンテンツで利用できない機能はグレー表示になります。

再生エリア

ブルーレイやDVDビデオの映像を表示します。

シークバー

再生時間と再生箇所を表示します。シークバーをマウスオーバーするとコントロールパネルが表示されます。

コントロールパネル
設定 設定画面を開きます。
その他 サブメニューを開きます。
ワンタッチスキップ 設定された一定時間、再生をスキップします。
ワンタッチリプレイ

設定された一定時間、再生を戻します。

取り出し 本製品のトレイが開きます。
停止 再生を停止します。
早戻し 再生を早戻します。アイコンをクリックするごとに、速度が2倍~120倍まで順番に変更されます。
前のチャプター 現在再生しているチャプターから3秒以上経過している場合、再生しているチャプターの先頭へ戻ります。3秒以内の場合、1つ前のチャプターへ移動します。
再生/一時停止/ 再生を開始します。また、一時停止状態や早送り、早戻し時にクリックすると、通常再生に戻ります。
次のチャプター 次のチャプターへ移動します。
早送り 再生を早送りします。アイコンをクリックするごとに、速度が2倍~120倍まで順番に変更されます。
音量 再生時の音量を調整します。
サブメニュー
アングル アングルを切り替えます。クリックするごとに切り替わります。
音声切り替え 音声を切り替えます。アイコンをクリックするごとに切り替わります。
字幕切り替え 字幕を切り替えます。アイコンをクリックするごとに切り替わります。
ポップアップメニュー ブルーレイディスクの場合はポップアップメニューへ移動します(もしくは、ポップアップメニューが表示されます)。
タイトルメニュー タイトルメニューへ移動します。
ナビゲーションコントロール

コントローラーを表示します。▲、▼などをクリックしてメニューを操作することができます。OKをクリックして、決定します。

赤/緑/青/黄は、一部のブルーレイディスクで使用されるカラーキーを操作するためのボタンです。

情報 「BDミレル」のバージョン情報と本マニュアルを表示します。

右クリックメニュー

再生エリアで右クリックするとメニューが表示されます。

タイトル 選択したタイトルへ移動します。
チャプター 選択したチャプターへ移動します。
音声 音声を切り替えます。クリックするごとに切り替わります。
字幕 字幕を切り替えます。クリックするごとに切り替わります。
アングル アングルを切り替えます。クリックするごとに切り替わります。
スロー再生 選択した速度でスロー再生します。
開く ブルーレイドライブを選択します。
リピート リピートの設定をおこないます。
ブックマーク +をクリックすると、再生中の現在の位置にブックマークが設定されます。 設定したブックマークを削除する場合には、-をクリックします。
静止解除 静止機能に対応している一部のブルーレイディスクで、静止状態を解除します。
情報を表示 再生情報(タイトル、チャプター、時間、ビデオフォーマット、音声設定)を表示します。
レジューム レジューム機能に対応している一部のブルーレイディスクで、レジューム再生をおこないます。
PIP 一部のブルーレイディスクに収録されているピクチャーインピクチャーで表示される音声、ビデオ、および字幕のON/OFFをおこないます。

ショートカットキー一覧

ショートカットキー 説明
W フルスクリーン表示/戻る
スペース 再生/一時停止
Ctrl+スペース 停止
> 早送り
< 早戻し
L 次のチャプター
K 前のチャプター
E イジェクト
F9 トップメニューへ移動
F8 ポップアップメニューを表示
Ctrl+ +もしくは- 音量の調整
CTRL+X アプリケーションの終了

設定画面

再生設定
情報表示 再生中の画面に情報(タイトル、チャプター、時間、ビデオフォーマット、音声設定)を表示する設定をおこないます。(オン/オフ)
レジューム

同一ディスクの再生時の動作を設定します。(前回の停止位置から再生/常に先頭から再生)

ワンタッチリプレイ

1回のクリックでの早戻し時間を設定します。(5秒/10秒/30秒/5分)

ワンタッチスキップ

1回のクリックでの先送り時間を設定します。(5秒/10秒/30秒/5分)

言語設定
音声設定 再生時の音声の言語設定をおこないます。
字幕設定

再生時の字幕の言語設定をおこないます。

ディスクメニュー設定

ディスクメニュー表示時の言語設定をおこないます。

オーディオ設定
ドルビーDRC ドルビーダイナミックレンジコントロールを設定します。(オン/オフ/オート)
デュアルモノ

デュアルモノオーディオストリームの出力タイプを設定します。(ステレオ/左/右)

Blu-rayディスクリージョン設定
ブルーレイディスクリージョン

ブルーレイディスク再生時のリージョンを設定します。リージョンの変更は5回までおこなえます。

※ 初期設定は"A"に設定されています。

注意事項

・ DVDビデオディスク再生時に、DTS Audioの音声の再生はサポートしていません。

・ ブルーレイ3Dディスクの再生はサポートしていません。(ブルーレイ2Dとして再生します)

・ Windows縦画面モードでの動作をサポートしていません

・ 一部のブルーレイディスクはマウスでの操作に対応していないため、キーボードの矢印キーやEnterキーなどで操作していただく必要があります。

・ 一部のディスクではディスク側の仕様によっては設定画面の設定が反映されない場合があります。

オープンソースライセンス

オープンソースライセンスを表示する

B’s Recorder

「B's Recorder」を使用して、データディスクを作成する手順例を説明します。

  1. デスクトップ上の[B's Recorder]アイコンをダブルクリック

  2. [データ CD/DVD]をクリック

  3. 書き込むメディアを本製品にセットする

  4. ① [ドライブ選択]で本製品を選択する

    ② 書き込むファイルまたはフォルダーを、画面上段から下段にドラッグ&ドロップする

    ③ 書き込むファイルをすべて選び終えたら、[開始]をクリック

  5. [開始]をクリック

  6. 続けてもう一枚書き込む場合は[はい]、書き込みを終了する場合は[いいえ]をクリック

  7. 書き込みが完了したら[OK]をクリック

  8. 以上で書き込みは完了です。

Roxio Creator

「Roxio Creator」を使用して、映像をメディアに保存する手順例を説明します。

  1. 映像データを準備する

    ● デジタルビデオカメラの内蔵メモリーにある映像を使う場合は、デジタルビデオカメラに添付のソフトウェアを使用して、パソコンのハードディスクやDVDなどに映像を移してください。

    ● デジタルビデオカメラのメディア(DVD・メモリーカード等)にある映像を使う場合は、ドライブやリーダー・ライターなどの機器を利用してパソコンに挿入します。

  2. [Roxio Creator…]アイコンをダブルクリック

  3. [DVD作成]をクリック

  4. 書き込むメディアを本製品にセットする

  5. [DVD]または[Blu-ray]をクリック

  6. ① タイトルを入力する

    ② [新しいムービーを追加]をクリック

  7. ① 映像を選択する

    ② [追加]をクリック

    ⇒ 選択したファイルが表示されます。

    以下の画面が表示された場合は、ビデオの挿入方法を選択して、[OK]をクリックしてください

  8. [メニューのスタイルを変更]をクリック

  9. ① お好みのスタイルを選択する

    ② [OK]をクリック

  10. 右下のボタンをクリック

  11. ① 本製品を選択する

    ② [書き込み]をクリック

    ⇒ 書き込みを開始します。しばらくお待ちください。

  12. 書き込みが完了したら、[OK]をクリック

以上で書き込みは完了です。

Windowsの場合

ソフトウェアを使わなくてもメディアにデータを書き込むことができます。例えば、写真データをまとめてメディアに書き込んで渡すといったことができます。

【活用例】以下の内容を参考にしてください。

使用するメディア

BD-R(データ用)

書き込むデータ 写真データ

動画や音楽ファイルを書き込む場合

本手順で書き込んだメディアでは、「BDプレーヤーで動画を見る」や「音楽プレーヤーで音楽を聞く」などができません。その場合は、市販のライティングソフトでBDMV形式やBDAV形式、音楽CD形式で書き込んでください。

  1. 空のBD-Rをセットする

  2. の[PC]から、お使いのBD-REドライブをダブルクリック


    ⇒「ディスクの書き込み」画面が表示されます。

  3. ①[ディスクのタイトル]に好きな名前を入力する

    ②[CD/DVDプレーヤーで使用する]を選ぶ

    ③[次へ]をクリック

    [USBフラッシュドライブと同じように使用する]の場合

    USBメモリーなどと同じように、書き込んだデータを後から削除(※)/編集できる形式です。ただし、書き込んだメディアを他のプレーヤーに入れた場合、データが読み込めない場合があります。

    ※ 書き込んだデータを削除しても、書き込める容量は増えません。

  4. 本製品のフォルダーが開くので、書き込みたいデータをすべてここにドラッグ&ドロップ

    ※ フォルダーごとドラッグ&ドロップすることもできます。

    ※ 書き込んだデータは、あとで削除/編集できません。

  5. ①[管理]をクリック

    ②[書き込みを完了する]をクリック

  6. [次へ]をクリック
    ⇒書き込みを開始します。しばらくお待ちください。

「ファイルはディスクへ正しく書き込まれました」と表示され、メディアが排出されます。
[完了]をクリックすると、書き込み完了です。

macOSの場合

ソフトウェアを使わなくてもメディアにデータを書き込むことができます。例えば、写真データをまとめてメディアに書き込んで渡すといったことができます。

【活用例】以下の内容を参考にしてください。

使用するメディア

DVD-R(データ用)

書き込むデータ 写真データ

動画や音楽ファイルを書き込む場合

本手順で書き込んだメディアでは、「DVDプレーヤーで動画を見る」や「音楽プレーヤーで音楽を聞く」などができません。その場合は、市販のライティングソフトでDVD Video形式、音楽CD形式で書き込んでください。

  1. 空のDVD-Rをセットする

  2. ① 表示された画面の[Finderを開く]を選ぶ

    ② [OK]をクリック

  3. 表示されたメディアアイコンを開く

  4. 本製品のフォルダーが開くので、書き込みたいデータをすべてここにドラッグ&ドロップ

    ※ フォルダーごとドラッグ&ドロップすることもできます。

    ※ 書き込んだ後での追記や、書き込んだデータの削除/編集はできません。

  5. [ファイル]→[“ディスク名”のディスクを作成]をクリック

  6. ① 好きな[ディスク名]を入力

    ② [ディスクを作成]をクリック
    ⇒書き込みを開始します。しばらくお待ちください。

これで書き込み完了です。

Q&A >

ドライブ接続


本製品が認識されない、または正常に動作しない場合

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ 接続先のパソコンをAC電源に接続してください。

・ USBハブや延長ケーブルをお使いの場合は、添付のUSBケーブルでパソコンに直接つないでください。

・ 別のUSBポートに接続してください。

・ 他のUSB機器を取り外してください。

・ バスパワーが不足している可能性があります。別売のUSB電源補助ケーブル「UPAC-UT07M」またはACアダプター「USB-ACADP5R」を接続してご使用ください。

Windowsの場合はOSへの設定情報に異常があり、光学ドライブが認識されなくなっている可能性があります。
参考:マイクロソフトオンラインサポート
http://support.microsoft.com/kb/314060/ja

※ 操作方法についてはマイクロソフト社へお問い合わせください。(上記は2021年5月現在の情報です。マイクロソフト技術情報の変更により変わる場合があります。)

macOSの場合は、Finderの環境設定をご確認ください。

① [Finder]→[環境設定]の順にクリックします。

② [一般]タブの[CD、DVD、および iPod]にチェックをつけます。

※ 本製品にメディアが挿入されていない場合は、本設定をおこなってもアイコンは表示されません。

本製品のアクセスランプが点滅しない

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ メディアを入れなおしてみてください。

・ 上記「本製品が認識されない、または正常に動作しない場合」の対処をご確認ください。

別売のUSB電源補助ケーブルのつなぎ方

別売のUSB電源補助ケーブル「UPAC-UT07M」を使い、2つのUSBポートから給電することができます。

※ 「UPAC-UT07M」は弊社直販サイト「アイオープラザ」でお買い求めいただけます。

※ 下記の順につないでください。

※ 接続先のパソコンをAC電源に接続してください。

※ 接続先のパソコンの2つのUSBポートに挿してください。2台のパソコンのUSBポートに分けて挿しこまないでください。また、スマホのACアダプター等にも挿しこまないでください。

別売のACアダプターのつなぎ方

別売のACアダプター「USB-ACADP5R」を使い、給電することができます。ドライブ本体にDC INがない場合とある場合でつなぎ方が異なります。

※ 「USB-ACADP5R」は弊社直販サイト「アイオープラザ」でお買い求めいただけます。

※ 下記の順につないでください。

DC INがない場合

DC INがある場合

※ 接続先のパソコンをAC電源に接続してください。

※ 「USB-ACADP5R」に添付の給電プラグは使用しません。ACアダプターのみを使います。

Q&A >

再生

音楽CDやDVDビデオ、データ等が書き込まれたメディアが開けない

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ 接続先のパソコンをAC電源に接続してください。

・ USBハブや延長ケーブルをお使いの場合は、添付のUSBケーブルでパソコンに直接つないでください。

・ 別のUSBポートに接続してください。

・ 他のUSB機器を取り外してください。

・ バスパワーが不足している可能性があります。別売のUSB電源補助ケーブル「UPAC-UT07M」またはACアダプター「USB-ACADP5R」を接続してご使用ください。

「アクセスできません」や「ファンクションが間違っています」と表示される

データが書き込まれていない空のメディアをセットしアイコンをダブルクリックすると、「アクセスできません」や「ファンクションが間違っています」と表示されますが正常です。
再生する場合は、データの入っているメディアをセットしてください。
また、書き込みをおこなう場合は「B’s Recorder」「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」を参照し、書き込みをおこなってください。

ブルーレイ、DVDビデオが再生できない

・ 本製品はリージョンコード「2」に設定されていますので、リージョンコード「2」またはALL以外のメディアは再生できません。

・ 再生ソフトをインストールしていない場合は、インストールしてから再生してください。

※ ダウンロードできるソフトウェアはご購入いただきました商品によって異なります。「BDミレル」が添付されている商品をお持ちでWindowsをご利用の場合は「BDミレル」をダウンロードして、ご利用ください。(「インストール方法」参照)

※ Mac標準搭載のソフトウェア「DVD Player」では、ブルーレイの再生はできません。

・ 再生ソフト内の設定で、本製品を再生ドライブに選択してください。「BDミレル」をご利用の場合は、「BDミレル」の再生エリア内で右クリックし、[開く]メニューからドライブ名を選択してください。

ブルーレイ、DVDビデオを再生するとコマ落ちや音飛びが発生する

パソコンのスペックが足りない可能性があります。弊社Webページで、ご利用のパソコン環境が本製品の動作環境を満たしているかどうかご確認ください。

https://www.iodata.jp/
ページ右上の検索窓に型番を入れて検索し、ギャラリー・仕様タブ内に記載の動作環境をご確認ください。

AACSキーの更新を促すメッセージが表示され、再生できない

画面の案内にしたがって、AACSキーの更新をおこなってください。

本製品は認識しているがメディアを入れて読み込もうとするとカチャカチャと音がでたりメディアの回転が不安定で読み込みできない

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ 接続先のパソコンをAC電源に接続してください。

・ USBハブや延長ケーブルをお使いの場合は、添付のUSBケーブルでパソコンに直接つないでください。

・ 別のUSBポートに接続してください。

・ 他のUSB機器を取り外してください。

・ バスパワーが不足している可能性があります。別売のUSB電源補助ケーブル「UPAC-UT07M」またはACアダプター「USB-ACADP5R」を接続してご使用ください。

DVDレコーダーで録画したディスクが再生できない(macOSの場合)

macOS環境では再生することができません。

Q&A >

データ保存

「メディアをセットしてください」または「ディスクが空でないか、ドライブにディスクが挿入されていません」と表示され、書き込めない

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ 別の新しい空のメディアをセットしてください。

「本製品が認識されない、または正常に動作しない場合」の対処をご確認ください。

・ 書き込みソフトをインストールしていない場合は、「ソフトウェアを使わずにデータを書き込む方法」で書き込むか、ソフトウェアをインストールしてから書き込みをおこなってください。

※ ダウンロードできるソフトウェアはご購入いただきました商品によって異なります。 「B’s Recorder」が添付されている商品をお持ちでWindowsをご利用の場合は「B’s Recorder」をダウンロードして、ご利用ください。(「インストール方法」参照)

・ ライティングソフトが複数インストールされている場合は、利用しないライティングソフトをアンインストール(削除)してください。

・ 推奨メディアをご利用ください。

https://www.iodata.jp/
ページ右上の検索窓に型番を入れて検索し、ギャラリー・仕様タブ内に記載の推奨メディアをご確認ください。

書き込み中にエラーがでたり、書き込みが正常に終了しない、また、指定した速度で書き込みができない(書き込み速度が遅い)

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ ライティングソフトが複数インストールされている場合は、利用しないライティングソフトをアンインストール(削除)してください。

・ パソコンのスペックが足りない可能性があります。弊社Webページで、ご利用のパソコン環境が本製品の動作環境を満たしているかどうかご確認ください。

https://www.iodata.jp/
ページ右上の検索窓に型番を入れて検索し、ギャラリー・仕様タブ内に記載の動作環境をご確認ください。

・ 推奨メディアをご利用ください。

https://www.iodata.jp/
ページ右上の検索窓に型番を入れて検索し、ギャラリー・仕様タブ内に記載の推奨メディアをご確認ください。

Q&A >

その他

メディアが取り出せない

以下のいずれかの対処で解決するかどうかご確認ください。

・ 使用中のソフトウェアを終了し、本製品のイジェクトボタンを押してください。

・macOSの場合は、メディアアイコンをゴミ箱に捨ててください。メディアアイコンが表示されていない場合は、ディスクユーティリティを開き、メディアの取り出しをおこなってください。

・ トレイに何か引っかかっている場合は、以下の方法で取り出してください。

※ 以下の操作は、緊急の操作です。むやみにご使用になると故障の原因となります。

※ 以下の操作は、パソコン本体および本製品の電源をOFFにしておこなってください。

※ 本製品を水平な場所に置いてください。本製品が傾いた状態で取り出しをおこなうと、途中でメディアがドライブ内に落下する恐れがあります。

※ 以下の方法で取り出せなかった場合は、無理に引き出さず弊社修理センターに修理をご依頼ください。

必要なもの
太さ 1.3mm程度、長さ 55mm以上(指で持つ部分を除く)の針金1本(大きめのクリップを伸ばしたものでもよい)

取り出し方

① 本製品の緊急イジェクトホールに針金を差し込み強く押す

② トレイが15mm程度前に出るので更に手で引き出し、メディアを取り出す

お問い合わせについて

ドライブ本体のお問い合わせ

ソフトウェアのお問い合わせ

重要

・ 本製品の電話やメール等によるサポート対応、ソフトウェアのアップデート対応、本製品がサーバー等のサービスを利用する場合、そのサービスについては、弊社が本製品の生産を完了してから5年間を目途に終了とさせていただきます。ただし状況により、5年以前に各対応を終了する場合があります。

・ 個人情報は、株式会社アイ・オー・データ機器のプライバシーポリシー(https://www.iodata.jp/privacy.htm)に基づき、適切な管理と運用をおこないます。

ドライブ本体のお問い合わせ

よくあるご質問、マニュアル、最新ソフトウェア

電話でのお問い合わせ

電話:050-3116-3020
※ 受付時間 9:00~17:00 月~金曜日(祝祭日・年末年始・夏期休業期間をのぞく) ※ お問い合わせいただく際は、商品の型番をご用意ください。

メールでのお問い合わせ

ソフトウェアのお問い合わせ

「BDミレル」のお問い合わせ

株式会社sMedioテクニカルサポート

FAQ:http://www.smedio.co.jp/support/

メール:support@smedio.co.jp

「B’s Recorder」のお問い合わせ

ソースネクスト株式会社

メール:http://www.sourcenext.info/

※ 上記URLに掲載されている専用のメールフォームにてお問い合わせください。(ユーザー登録が必要です)

「Roxio Creator」のお問い合わせ

コーレルサポートセンター

電話:0570-003-002

※ 受付時間 10:00~12:0/13:30~17:30 月~金曜日(土日祝祭日ならびにコーレル社指定休業日を除く)

※ お問い合わせの際にシリアル番号が必要な場合があります。シリアル番号はソフトウェアをダウンロードすると送付されるメールか、IOPortalのマイページにて確認できます。

メール:http://www.corel.jp/support/

※ 上記URLに掲載されている専用のメールフォームにてお問い合わせください。

本マニュアルを印刷する

本マニュアルをお手元でご覧になるための方法をご案内します。

全ページをプリント全ページプリント(PCのみ)

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をWebブラウザーのプリント機能で印刷できます。
ただし項目が多いマニュアルはページ数が多くなり、全体の印刷には向きません。
プリントしたいページを開き、そのページだけをWebブラウザーのプリント機能で印刷することをおすすめします。

※ マニュアルの内容量によっては、印刷が始まるまで数分掛かることがあります。

※[全ページプリント]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

本マニュアルのご利用について

本マニュアルで使用しているソフトウェアライセンス情報やGoogle アナリティクス4の利用については、こちらをご覧ください。

HTMLマニュアルのご利用について

このページはお役に立ちましたか?

03版 © I-O DATA DEVICE, INC.
ページトップ
戻る
ホーム
p9_1 p9_2 p9_3 p9_4 p9_menu