検索

検索結果

トップページ

ヘルプ

REC-ON App

テレビ視聴・録画アプリ

ご注意:外出先から視聴(再生)する場合

動画のような大容量のデータを再生すると、通信事業者のデータプランで決められているパケット量の上限に達してしまい、通信速度に制限がかけられることがあります。端末のデータ通信量を定期的に確認しながら計画的に利用されることをおすすめします。

HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合

REC-ON Appにチューナーを登録します。

チューナーにつないだWi-Fiルーターに、端末をWi-Fi接続してください

  1. チューナーを事前に設置し、リモコンで初回の設定をおこなう

    ※ チューナーのセットアップガイドをご確認ください。

  2. [REC-ON App]をタップ

    ⇒ アプリ起動時にチューナーを自動検索します。

    チューナーを追加登録する場合

    サイドメニューから、[チューナーを登録]をタップしてください。

  3. 画面にしたがって、登録を進める

    チューナーが見つからない

    更新ボタンをタップして再検索してください。それでも見つからない場合は、[機器が見つからない場合はこちら]をタップしてください。

GV-NTXシリーズの場合

REC-ON Appにチューナーを登録し、初回の設定をします。
※ 事前に、チューナーを設置してください。(商品付属の「セットアップガイド」参照)

チューナーにつないだWi-Fiルーターに、端末をWi-Fi接続してください

  1. [REC-ON App]をタップする

    ⇒ アプリ起動時にチューナーを自動検索します。

    チューナーを追加登録する場合

    サイドメニューから、[チューナーを登録]をタップしてください。

  2. 画面にしたがって、登録を進める

    チューナーが見つからない

    更新ボタンをタップして再検索してください。それでも見つからない場合は、[機器が見つからない場合はこちら]をタップしてください。

  3. 本製品を自分専用で使いたい場合

    初回の設定時、本製品にパスワードを設定できます。
    パスワードを設定すると、他の端末から本製品を登録する際に、パスワードの入力が必要になります。
    設定する場合のみ、以下の画面でパスワードを入力してください。(パスワードを設定しなくても使えます)

    ※ 管理ユーザー名は変更できません。自動で「admin」に設定されます。

    ※ パスワードを忘れた場合は、ネット設定の初期化が必要になります。

外出先から使いたい

外出先から使えるように登録されたか確認する


宅外配信登録されてない場合

 

登録エラーのメッセージが表示されたときは

 

登録の有効期限を更新する方法は

外出先から使えるように登録されたか確認する

チューナーを登録するときに、外出先から使えるように自動で宅外配信登録されます。お使いの端末が宅外配信登録されているかは、以下で確認できます。
確認方法:
サイドメニューから、チューナーの[︙]→[チューナー設定]をタップし、[宅外配信登録状態]に「有効期限」が表示されていれば、外出先から使えるようになっています。
有効期限が表示されてない場合
宅外配信登録されてない場合をご確認ください。

宅外配信登録されてない場合

自宅でチューナーが接続されているWi-Fiルーターに端末をWi-Fi接続し、サイドメニューからチューナーを一度削除してから、登録し直してください。
  1. サイドメニューから、チューナーの[︙]→[削除]をタップ

  2. サイドメニューから、[チューナーを登録]をタップし登録する

登録エラーになったときは

チューナー登録時に、エラーが表示された場合はチューナーを登録できないをご確認ください。

登録の有効期限を更新する方法は

自宅でチューナーに接続し、現在放送中の番組の視聴または録画番組を再生することで、更新されます。
有効期限は、更新した日から90日間になります。

録画を詳しく知りたい

録画画質とは


録画した番組をスムーズに再生したい


録画の最大タイトル数は


録画予約の最大数は


繰り返し録画する


USB HDDを登録する

録画画質とは

番組を録画するときの画質のことです。用途によって使い分けることができます。

録画した番組をスムーズに再生したい

録画画質:MR4での録画をおすすめします。
※ 録画画質と配信画質を合わせると、再生が始まるまでの時間が短くスムーズに再生できます。
※ 録画した番組は、録画画質で配信されます。配信画質を変更したいときは、再生画面の右上にある[︙]をタップして画質を変更できます。

録画の最大タイトル数は

最大2,000タイトルです。
※ USB HDD1台あたりの最大録画タイトル数です。USB HDDを切り替えて使う場合は、HDD毎に最大2,000タイトルとなります。
※ NASの場合は、NASに録画するとをご確認ください。

録画予約の最大数は

録画予約の最大数は100です。また、1番組あたりの連続録画可能時間は8時間です。

繰り返し録画する

連続ドラマなど毎回録画したいときは、繰り返し録画できます。
番組表から番組を選び、録画設定で[くり返し録画]から繰り返す周期を設定してください。
出演者や好きなチームの試合を自動で予約したいときは、おまかせ録画してください。

USB HDDを登録する

※ GV-NTXシリーズのみできます。HVTR-BCTX3、EX-BCTX2はチューナーからリモコンで登録してください。
  1. サイドメニューから、チューナーの[︙]→[チューナー設定]をタップ

  2. [本体設定]内の録画先設定から、USB HDDを登録する

※ 接続しているUSB HDDが、利用するHDDに設定されていない場合、録画できません。
[USB 録画:利用設定]で設定してください。

ご注意

・ USB HDDをチューナー機器に登録すると、USB HDD内のデータはすべて消去されます。すでに保存したデータがある場合は、事前にほかのメディア(HDD やDVDなど)にバックアップしてください。

・ チューナー機器で使用していたUSB HDDをパソコンで使用するには、パソコンで初期化する必要があります。その際、チューナー機器で保存した番組はすべて消去されます。

・ チューナー機器で登録したUSB HDDを、ほかの機器につないで再生はできません。ほかの機器に登録すると、チューナー機器で保存した番組はすべて消去されます。

・ USB HDDは8台までチューナー機器に登録できます。同時に利用できるのは1台のみです。

・ USB HDDの登録を解除すると、録画、再生、配信ができなくなります。また、再登録の際に初期化が必要になり、保存した番組はすべて消去されます。

・ 動作確認済みのUSBハブは弊社ホームページをご確認ください。
https://www.iodata.jp/pio/io/av/hvtrbctx.htm

録画リストを使いこなしたい

アイコンの見方


フォルダを作る


番組を並び替える(ソートする)


番組を保護する


番組をまとめて削除する


番組の画質を変換する

アイコンの見方

[]:未視聴の番組
[]:おまかせ録画で録画した番組
[]:保護した番組

フォルダを作る

録画リストにフォルダを作って、番組を探しやすくできます。
  1. [録画リスト]を開き、右上の[︙]をタップ

  2. [フォルダ操作]をタップし、新規作成アイコン[,]からフォルダを作成する

 
作成したフォルダが、録画リストのカテゴリ(タブ)になって表示されます。(フォルダの並び替えはできません)
録画予約時に、[フォルダ]で保存先フォルダを指定できます。

番組を並び替える(ソートする)

[]アイコンで並び替えできます。

番組を保護する

保護したい番組の右上にある[︙]をタップし、[保護]をオンにします。
おまかせ録画で録画した番組を保護した場合、自動削除の対象ではなくなります。また保護解除後も自動削除によって削除されません。

番組をまとめて削除する

  1. 録画リスト画面の右上にある[︙]をタップし、[選択]をタップ

  2. 削除する番組をチェックし、ゴミ箱アイコンをタップ

番組の画質を変換する

録画画質を変換すると、USB HDDの容量を抑えることができます。
  1. 画質を変換したい番組の右上にある[︙]をタップし、[画質変換]をタップ

  2. 変換後の画質を選び、変換予約する

  3. チューナー機器をスタンバイ(電源ランプ赤点灯)にすると、自動的に変換されます

ご注意:画質変換中は、以下の操作ができません。

・ 録画番組の編集(録画画質変換、番組編集、番組削除)

・ 本体設定(一部設定可能)

・ 録画(変換中に録画予約が開始される場合には、持ち出し用変換はキャンセルされます)

・ 番組表からの録画予約

・ 予約リストのからの予約操作(新規予約、修正、削除など)

・ 録画リストの表示(録画番組のリスト表示、録画番組の再生など)

・ 端末での視聴、再生

ご注意

・ 録画モードを変換すると、変換する前と比べて画質は劣化します。

・ 長時間モードから高画質モードへの変換はできません。

・ 録画モードの変換にかかる時間は、番組の時間と同等です(1 時間番組の場合、変換には1 時間かかります)。

・ HDDの空き容量が少ない場合、録画モードを変換できないことがあります。容量が少ないときは不要な番組を削除するなどして空き容量を増やしてください。

・ 保護された番組や録画中の番組は変換できません。

・ 録画モード変換中に電源を「入」にすると変換が中止されます。もう一度電源を「切」にすると変換が始まります。

・ 以下の場合、本機の電源を「切」にしていても録画モードは変換されません。
-録画予約準備中、および録画予約実行中
-ソフトウェアの更新中
-その他、配信の状態などにより、録画モードの変換が開始されない場合があります

おまかせ録画したい

おまかせ録画の使い方は


フリーワードでおまかせ録画する


番組表からおまかせ録画する


チャンネルを連続録画する(一括録画)


番組を自動削除する

おまかせ録画の使い方は

好きなタレントが出演する番組、好きなチームの試合、1つのチャンネルを録画し続けたいときに、おまかせ録画します。
連続ドラマなどを繰り返し録画したいときは、繰り返し録画をご覧ください。

・ おまかせ録画は、録画を保証するものではありません。確実に録画予約したい番組は、番組表から予約してください。

・ おまかせ録画で録画予約できるのは2日先までです。チューナーの電源オフ時に番組表から検索します。

・ おまかせ録画で自動登録する番組は、1日の録画時間の合計が12時間までです。(対象番組がすべて1時間の番組であれば、12番組を自動で予約します)

フリーワードでおまかせ録画する

好きなスポーツチームの試合を録画するなど、フリーワードでおまかせ録画する方法は以下をご確認ください。
  1. [予約リスト]を開く

  2. [おまかせ録画]タブをタップし、[+]をタップ

  3. [キーワード]にフリーワードを入れ、必要に応じて条件を設定し、予約を完了する

ジャンルや出演者を指定しておまかせ録画する

キーワードを入力せず、映画などのジャンルや、出演者を指定するなど、きめ細かくおまかせ録画設定することもできます。

番組表からおまかせ録画する

番組表から番組を選び、番組名を条件にフリーワード検索で、おまかせ録画に登録できます。
  1. 番組表から番組を選ぶ

  2. (Android端末の場合のみ)
    画面下部のタイトルをタップし、録画設定を開く

  3. 画面右上の[︙]をタップし、[おまかせ録画]をタップ

チャンネルを連続録画する(一括録画)

指定した1つのチャンネルの番組を録画し続けることができます。
  1. [予約リスト]を開く

  2. [おまかせ録画]タブをタップし、[+]をタップ

  3. [おまかせ録画]をタップし、[おまかせ録画-チャンネル一括]をタップ

  4. チャンネルを選び、時間帯を設定する

  5. あとで分かりやすくするため、フォルダを新規作成して設定する

  6. 予約を完了する

 

・ 一括録画は、録画を保証するものではありません。確実に録画予約したい番組は、番組表から予約してください。

・ 一括録画は次の数まで登録できます。[HVTR-BCTX3:3、EX-BCTX2:2、GV-NTX2:2、GV-NTX1:1]

・ 指定した1つのチャンネルを、4時間ごとに6時間先まで自動的に録画予約します。

・ 時間帯は、1~23時間の範囲で設定できます。(18時間以上設定する場合、番組情報を取得できない可能性があり、各種番組情報を使用する機能が利用できなくなる場合があります)

・ 一括録画を2つ以上設定した場合、録画の時間帯はすべての一括録画で同じになります(後から設定したものが優先されます)

・ 時間帯の範囲内の番組を録画予約します。開始時間、終了時間をまたぐ番組は予約しません。

・ 録画先がUSB HDD の場合、自動削除設定は「する」で固定です。

番組を自動削除する

録画先HDDの容量が少ないときに、おまかせ録画した番組を自動で削除できます。(USB HDDに録画時のみ)
おまかせ録画設定時に、[自動削除]をオンにしてください。
自動削除を実行するUSB HDDの残容量は、チューナー設定から変更できます。

※ 通常録画の番組は保持されるため、おまかせ録画の番組が古い番組から削除されていきます。残容量が少なくなると、おまかせ録画されてもすぐに番組が削除されます。定期的にHDDの残容量を確認し、不要な番組は削除するなどしてください。

番組を持ち出したい

USB HDDに録画した番組を端末へ持ち出すことで、パケット料などを気にせず、番組を楽しむことができます。オンラインゲームやネットサーフィンなどインターネットができない場所でも、退屈せずに時間を活用できます。

【参考】持ち出し手順は動画でもご覧いただけます

番組を持ち出すときは


録画予約時に持ち出し設定する


録画した番組を持ち出し変換する


番組を持ち出す


持ち出した番組を再生する

 

端末のストレージではなく、SDカードに保存したい


NASに録画した番組を持ち出したい

番組を持ち出すときは

持ち出すときは、予約時に持ち出し設定するか、すでに録画してある番組を持ち出し用に変換してから、端末に持ち出します。
【持ち出す】
番組を持ち出す

録画予約時に持ち出し設定する

USB HDDへの録画予約設定時に、[持ち出し用録画]をオンにすると、録画終了後、自動で持ち出し用番組を作成できます。(チューナーが動いてないときに自動で変換します)

※ 通常録画用と持ち出し録画用の2 つの録画番組が作成されます。録画番組数の上限や録画HDD の残容量にご注意ください。また、コピーワンスの番組は端末へ持ち出した後は、録画リストに残りません。

  1. 番組表から番組を選ぶ

  2. 録画設定を開く

  3. [持ち出し録画]をオンにし、予約を完了する

※ おまかせ録画時は持ち出し設定できません。

録画した番組を持ち出し変換する

すでにUSB HDDに録画した番組を持ち出し用に変換します。
  1. 録画リストを開く

  2. 変換したい番組の右上にある[︙]をタップ

  3. [持ち出し変換]をタップし、画質を選択して、[変換開始]をタップ
    ※所要時間が表示されますので、参考にしてください。

ご注意:持ち出し変換中および持ち出し中は、以下の操作ができません。

・ 録画番組の編集(録画画質変換、番組編集、番組削除)

・ 本体設定(一部設定可能)

・ 録画(変換中に録画予約が開始される場合には、持ち出し用変換はキャンセルされます)

・ 番組表からの録画予約

・ 予約リストからの予約操作(新規予約、修正、削除など)

・ 録画リストの表示(録画番組のリスト表示、録画番組の再生など)

・ 端末での視聴、再生

番組を持ち出す

持ち出しは自宅でおこなってください。
  1. [録画リスト]を開く

  2. [持ち出せる番組]タブをタップ

  3. 持ち出したい番組をタップ

持ち出せる番組があったときに通知されます

REC-ON App起動時に新規に持ち出せる番組が見つかった場合、画面下部に案内が表示されます。この案内をご利用下さい。

※ iOSおよびAndroidのバックグラウンド実行制限により自動で持ち出しはできません。旧アプリで自動持ち出し機能をご利用いただいていたお客様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

持ち出した番組を再生する

サイドメニューから[持ち出し番組]をタップすると、持ち出した番組が表示されます。番組をタップし、再生します。
※ Android端末に持ち出した場合、番組のチャプター情報はなくなります。

端末のストレージではなく、SDカードに保存したい

Android端末は、SDカードに保存できます。
サイドメニューの[設定] - [持ち出し番組保存先]で変更できます。

ご注意

SDカードに保存した番組は、アプリをアンインストールまたは無効にした際に削除されます。

SDカードがグレーアウトして選択できない場合

Android端末にSDカードが認識されていれば、選択できます。
端末の[設定]→[ストレージ]から、SDカードが認識されているか確認してください。フォーマットの案内が表示された場合は、画面の案内にしたがってフォーマットしてください。

※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいますのでご注意ください。

NASに録画した番組を持ち出したい

NAS(ネットワークHDD)に録画したい

NASに録画すると


NASを登録する


NASに録画する


NASに録画した番組を再生する

 

NASに録画した番組を持ち出す、外出先から再生する

NASに録画すると

DLNAおよびDTCP-IPに対応したNASを別途用意すると、番組を録画することができます。
NASに録画すると、手軽に自宅の別の部屋にあるDTCP-IP対応テレビで録画番組を楽しむことができるようになります。

※ 動作確認済みのDLNAおよびDTCP-IP対応NASは、録画テレビチューナー&ハードディスクレコーダー動作確認済み機器一覧をご確認ください。

USB HDDとNASの録画比較

※1 1台あたりの最大録画タイトル数です。

※2 HVL-DRシリーズのみ最大100,000タイトル、それ以外のNASは10,000タイトルです。

NASを登録する

※ GV-NTXシリーズのみできます。HVTR-BCTX3、EX-BCTX2はチューナーからリモコンで登録してください。
  1. チューナー設定を開く

  2. [本体設定]内の録画先設定から、ネットワーク HDDを登録する

NASに録画する

  1. 番組表から番組を選ぶ

  2. 録画設定を開く

  3. 録画先からNASを選び、予約を完了する

NASに録画した番組を再生する

サイドメニューのチューナーの下にNASが表示されます。
NASをタップすると、NASのフォルダが表示されるので、録画番組をタップして再生します。

NASに録画した番組を持ち出す、外出先から再生する

DLPAリモートアクセスガイドライン2.0に対応したNASのみ、NASに録画した番組を端末に持ち出したり、外出先から再生したりすることができます。
<対象商品>
HVL-DRシリーズ
<持ち出しの手順>
  1. サイドメニューからNASをタップし、番組があるフォルダーを開く

  2. 番組の右上の[︙]→[持ち出し]をタップ

初回の設定

チューナーが見つからない


チューナーを登録できない


「チューナーアクセス用のパスワードを入力してください」と表示された


チューナーに設定したパスワードを忘れた


他社のレコーダー(DLNA機器)を登録できますか

チューナーが見つからない

・ [更新]ボタンを押し、チューナーリストを更新してください。
・ チューナーの電源プラグがコンセントにつながっているかご確認ください。
・ チューナーをつないでいるWi-Fiルーターに、端末をWi-Fi接続しているかご確認ください。チューナーと端末は、同じネットワークに接続されている必要があります。



※ 以下のようにチューナーを別のルーター(モデムやONU、上位ルーターなど)につないでいる場合は、ネットワークのセグメント違いでつながりません。この場合、Wi-FiルーターをAPモード(アクセスポイントモード)にすると解決することがあります。

・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合、チューナーのネットワークサーバー機能が、[使用する]に設定されているかご確認ください。初回設定で[使用しない] に設定した場合は、[使用する]に設定してください。
また、省エネ待機を設定した場合も[使用しない]になります。
・ Android5.1以降の端末の場合、インターネット接続されてないWi-Fiに接続したとき、3G/4G(LTE)接続が優先されるため、Wi-Fi接続でREC-ON Appをご利用いただけません。以下の方法でご利用ください。
- インターネットに接続しているWi-Fiで使う
- 端末のモバイルネットワークをOFFにする
・ チューナー、Wi-Fiルーターの再起動をお試しください。
・ すでに登録済みのチューナーは、表示されません
チューナーを登録し直したい場合、サイドメニューからチューナーの[︙]→[削除]をタップし、チューナーを一度削除してから、登録してください。
・ 外出先から使う場合、自宅でチューナーに端末を登録する必要があります。

チューナーを登録できない

・ チューナーと端末が、同じネットワークに接続されている必要があります。
・ ご利用のネットワークがインターネットへ接続されているか確認してください。
・ 端末の時刻が正しく設定されていない場合、登録できないことがあります。正しい時刻が設定されているかどうか確認してください。
・ アプリの再起動、端末の再起動をお試しください。
・ チューナー、Wi-Fiルーターの再起動をお試しください。
・ チューナーに登録できる端末は6台までです。6台登録済みの場合は、確認画面が表示されるので、画面に従って1台以上解除してください。

「チューナーアクセス用のパスワードを入力してください」と表示された

「テレリモ」アプリや別の端末で、チューナーにパスワードを設定していると表示されます。設定したパスワードを入力してください。
設定したパスワードを忘れた場合は、チューナーに設定したパスワードを忘れたを確認し、パスワードを消去してください。

チューナーに設定したパスワードを忘れた

以下のいずれかの対処をお試しください。
・ 「テレリモ」アプリまたはパスワードを設定した端末がある場合、パスワードを消去する
チューナーの本体設定を開き、「パスワード」に入力されている文字を消して、[ネットワーク設定の更新]をタップします。
⇒ パスワードが消去され、他の端末からアクセスできるようになります。
・ ネットワーク設定を初期化することで、パスワードを消去する
▼HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合
リモコンの[ホーム]を押し、[本体設定]→[本体設定]→[初回設定/その他]→[初期化]→[ネットワーク設定初期化]を実行してください。

▼GV-NTXシリーズの場合
1.チューナー機器の電源をオンにする(電源ランプを緑点灯にする)
2.電源ボタンを5 秒以上押し続ける
3.すべてのランプが数回点滅し、そのあと電源ランプが緑点灯するのを待つ
ネットワーク設定が初期化されます。

他社のレコーダー(DLNA機器)を登録できますか

NASと同じように以下の手順で登録できますが、REC-ON Appで他社のレコーダー(DLNA機器)の動作は保証できません。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合
チューナーで設定します。
リモコンの[ホーム]を押し、[HDD設定]→[ネットワーク録画設定]の順に進み、[(未登録)]を選びます。機器が見つかったら、[ネットワークHDDを録画先として登録する]を選んでください。
・ GV-NTXシリーズの場合
【NASを登録する】の手順を参考に、登録できます。
番組の再生は【NASに録画した番組を再生する】を参考にしてください。

ネットワーク

自宅で、チューナーが見つからない


手動で設定したチューナーのネットワーク設定が分からなくなった(GV-NTXシリーズのみ)


チューナーのIPアドレスの確認方法は

自宅で、チューナーが見つからない

・ チューナーの電源プラグがコンセントにつながっているかご確認ください。
・ チューナーをつないでいるWi-Fiルーターに、端末をWi-Fi接続しているかご確認ください。チューナーと端末は、同じネットワークに接続されている必要があります。
・ Android5.1以降の端末の場合、インターネット接続されてないWi-Fiに接続したとき、3G/4G接続が優先されるため、Wi-Fi接続でテレリモをご利用いただけません。以下の方法でご利用ください。
- インターネットに接続しているWi-Fiで使う
- 端末のモバイルネットワークをOFFにする
・ アプリの再起動、端末の再起動をお試しください。
・ チューナー、Wi-Fiルーターの再起動をお試しください。
・ GV-NTXシリーズの場合、チューナーを「省エネ待機」に設定しているとアクセスできません。以下の手順で「通常待機」にしてご利用ください。
1.チューナーの電源ボタンを押し、電源をオンにする
2.REC-ON Appのサイドメニューから、チューナーの[︙]→[チューナー設定]→[本体設定]の順にタップし、[一般設定]の[待機設定]を「通常待機」に設定する
・ GV-NTXシリーズの場合、チューナーのネットワーク設定を初期化してお試しください。
1.チューナー機器の電源をオンにする(電源ランプを緑点灯にする)
2.電源ボタンを5 秒以上押し続ける
3.すべてのランプが数回点滅し、そのあと電源ランプが緑点灯するのを待つ
ネットワーク設定が初期化されます。

手動で設定したチューナーのネットワーク設定が分からなくなった(GV-NTXシリーズのみ)

・ 「MagicalFinder」アプリからチューナーのIP アドレスなどを確認できます。
1.App Store または Play ストア(Google Play)で、「MagicalFinder」を検索し、インストールする
2.「MagicalFinder」を起動する
3.チューナー(初期値:GV-NTXx)をタップする
4.IP アドレスなどを確認する
・ 以下の手順でチューナーのネットワーク設定を初期化できます。
1.チューナー機器の電源をオンにする(電源ランプを緑点灯にする)
2.電源ボタンを5 秒以上押し続ける
3.すべてのランプが数回点滅し、そのあと電源ランプが緑点灯するのを待つ
ネットワーク設定が初期化されます。

チューナーのIPアドレスの確認方法は

・ サイドメニューからチューナーの[︙]→[チューナー設定]をタップし、[本体設定]内の[ネットワーク設定]でIPアドレスを確認できます。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合は、リモコンでチューナーの電源を入れ、[ホーム]ボタン→[本体設定]→[本体設定]→[ネットワーク設定]で確認できます。

外出先

外出先から視聴(再生)できない


外出先からチューナーにアクセスできない


メッセージが表示される

外出先から視聴(再生)できない

・ チューナーの録画やダビングの状態によっては、視聴(再生)できません。
録画や配信をしていなくても、録画予約時に持ち出し変換を設定した場合など、自動で持ち出し変換をしていることがあります。
・ 外出先から、放送中の番組またはUSB HDDに録画した番組を、同時に視聴(再生)できるのは1 台のみです。
チューナーの同時動作について[HVTR-BCTX3、EX-BCTX2]
チューナーの同時動作について[GV-NTXシリーズ]
・ チューナー側、または端末側のネットワーク環境が不安定な場合や実転送速度が遅い場合、視聴(再生)できないことがあります。
・ 外出先からの、 放送中の番組視聴を禁止しているチャンネルがあります。これらのチャンネルでも録画済み番組は再生できます。
・ B-CASカードやアンテナ線の接続を確認してください。
・ NASに録画した番組を外出先で再生する場合は、外出先からの再生に対応したNASをご利用いただく必要があります。
NASに録画した番組を持ち出す、外出先から再生する
・ GV-NTXシリーズの場合、チューナーのネットワーク設定を初期化してお試しください。
1)チューナーの電源ボタンを押し、電源をオンにする
2)電源ボタンを5秒以上押し続ける
⇒すべてのランプが数回点滅し、そのあと電源ランプが緑点灯します。

外出先からチューナーにアクセスできない

1.外出先でREC-ON Appを利用する場合、事前に自宅で、ご利用の端末を本製品に登録する必要があります。
登録は、端末を製品が接続されている無線ルーターに接続した状態でないとできません。
端末を製品が接続されている無線ルーターにWi-Fi接続し、登録してください。
外出先から使えるように登録されたか確認する
2.宅外配信の有効期限が切れている場合があります。
外出先で利用する機能は90日間の有効期限があります。有効期限は以下の方法で更新できます。
登録の有効期限を更新する方法は
3.スマートフォンなどのテザリング環境では、外出先からアクセスできない場合があります。
iPhoneでのテザリングはご利用いただけます。Android端末でのテザリングは、機種によりご利用いただけないため、推奨できません。
4.REC-ON Appで、チューナーの本体設定 - 宅外配信機能設定から、通信方法を「ルータのUPnP機能を使わない」に設定して、お試しください。
※本設定は自宅でチューナーに接続しておこなってください。
5.お使いのWi-Fiルーターのソフトウェアを最新版に更新することで、改善する場合があります。
6.GV-NTXシリーズの場合、チューナーを「省エネ待機」に設定しているとアクセスできません。以下の手順で「通常待機」にしてご利用ください。
1)チューナーの電源ボタンを押し、電源をオンにする
2)REC-ON Appのサイドメニューから、チューナーの[︙]→[チューナー設定]→[本体設定]の順にタップし、[一般設定]の[待機設定]を「通常待機」に設定する
7 GV-NTXシリーズの場合、チューナーのネットワーク設定を初期化してお試しください。
1)チューナーの電源ボタンを押し、電源をオンにする
2)電源ボタンを5秒以上押し続ける
⇒すべてのランプが数回点滅し、そのあと電源ランプが緑点灯します。
9.ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールやWi-Fiルーターの設定が必要な場合があります。
ルーターの設定が必要かどうかの確認は、端末にデジオン社製「DiXiM リモートアクセスサービス チェックツール」をインストールして、チェックしてください。
http://www.dixim.net/support/check_index.htm

※ リンク先が変更になる場合があります。リンク先に「DiXiM リモートアクセスサービス チェックツール」がない場合は、「リモートアクセスチェックツール」で検索してください。


なお、チェックは、以下2箇所ともおこなってください。

① 自宅の製品を設置しているネットワーク環境
端末を製品を接続しているルーターに接続し、インターネットに接続できる状態でチェックする。

② 外出先ネットワーク環境
端末がインターネットに接続できる状態でチェックする。

10.「DiXiM リモートアクセスサービス チェックツール」の結果、「ルーターの設定」に関するメッセージが出た場合は、メッセージが出た環境のルーターでポートを開放する設定をおこなってどうかお試しください。

■開放するポート番号■

① の環境の場合
ポート番号:32768 から 61000
プロトコル:UDP


② の環境の場合[Wi-Fi接続時のみ]
使用する端末によってポート番号が異なります。
<Androidの場合>
ポート番号:32768 から 61000
プロトコル:TCP/UDP(共通で上記ポート番号です)
<iOS、Windowsの場合>
ポート番号:49152 から 65535
プロトコル:TCP/UDP(共通で上記ポート番号です)


※ ルーターの設定方法は、各ルーターの取扱説明書またはメーカーにご確認ください。

※ お使いのルーターがポート番号を範囲指定できるようになっていない場合は、ポート開放の代わりに「DMZ」の設定をおこなうことをご検討ください。

※ 前述9.の①でルーターの設定が必要となった場合、ポート開放やDMZの設定で対象となる機器(本製品)のIPアドレスが必要になります。
IPアドレス確認方法

※ 前述9.の②でルーターの設定が必要となった場合、ポート開放やDMZの設定でポート開放の対象となる機器(外出先で使う端末)のIPアドレスが必要になります。

※ ルーターによっては、ポート開放やDMZの設定をする場合、対象となる機器のIPアドレスは固定設定することをおすすめしている場合があります。

※ 設定を変更することで、お使いのネットワークのセキュリティが低下する可能性があります。十分にご注意ください。

メッセージが表示される

外出先からつながらない場合、エラーメッセージが表示されることがあります。
・ [404]のエラーが表示される場合
ルーターの状態による可能性があります。以下の手順で各機器の再起動をした後、再度アプリを起動してお試しください。
①チューナーを接続しているルーターの電源コードを抜き差しして再起動する。
②チューナーの電源コードを抜き差しして再起動する。
※本手順は一時的な回避策です。
・ [その他のエラーメッセージが表示される場合
メッセージの[詳細]をタップすると対処が表示されますので、ご確認ください。

視聴

放送中の番組を視聴できない


視聴中に、突然視聴できなくなった


同じチャンネルが複数表示される


視聴制限付きの番組を視聴・再生できない


音量を調節できない


ホーム画面の[番組表]をタップできない(iOSのみ)


前の番組から次の番組に切り替わるとき、または番組の途中で、選局中の状態になる(iOSのみ)


画面を回転できない(iPadのみ)


音声の切り替えに対応しているか


字幕の表示に対応しているか

放送中の番組を視聴できない

・ 以下の状態では、視聴できない場合があります。
- チューナーが録画、ダビング、持ち出し変換中などのとき
- ほかの端末で視聴、再生しているとき
- チューナーが放送受信設定を表示しているとき
チューナーの同時動作について[HVTR-BCTX3、EX-BCTX2]
チューナーの同時動作について[GV-NTXシリーズ]
・ チューナーの電源をオンにしてみてください。自動で持ち出し変換しているときは、変換が停止し、視聴できるようになります。
・ B-CASカードやアンテナ線の接続を確認してください。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合、チューナーのネットワークサーバー設定でアクセス制限が[制限しない]の設定になっているかご確認ください。
リモコンで、[ホーム] ボタン→[本体設定]→[本体設定]→[ネットワーク設定]→[ネットワークサーバー設定]→[アクセス制限]で確認できます。

視聴中に、突然視聴できなくなった

チューナーで録画予約が開始され、端末に配信できない状態になった場合に、視聴が停止します。録画動作の完了をお待ちいただくか、録画動作を停止させると、視聴できるようになります。

同じチャンネルが複数表示される

サブチャンネルをオフにしてください。サイドメニューから[設定] - [サブチャンネル表示]で設定できます。

視聴制限付きの番組を視聴・再生できない

購入時は年齢制限されています。
アプリ設定から視聴制限番組の年齢設定を[制限しない]に変更してください。
また、HVTR-BCTX3・EX-BCTX2の場合、チューナーにも年齢設定があり、購入時は年齢制限されています。
再生や録画予約は、チューナーで制限していてもREC-ON Appで[制限しない]にしていれば再生、録画できます。ただし、年齢制限のかかった放送中の番組は、チューナーで制限していると視聴できません。

音量を調節できない

音量はスマホの音量ボタンで調節してください。

ホーム画面の[番組表]をタップできない(iOSのみ)

チューナー本体から番組表の情報取得に時間がかかっているか、情報取得に失敗したことが考えられます。
ホーム画面を下にスワイプして、チューナー情報を再取得してください。

前の番組から次の番組に切り替わるとき、または番組の途中で、選局中の状態になる(iOSのみ)

前の番組と次の番組で、または番組の途中で音声仕様が切り替わる場合、選局中の状態になることがあります。(音声が切り替わる前にいったん視聴を停止し、切り替わった後に視聴を再開します)
このとき「音声モードの切り替わりを検出しました」とメッセージが表示されます。

画面を回転できない(iPadのみ)

画面を回転(横向き)するときは、iPadの画面縦向きのロックを[オフ]にし、スマホを横向きにしてください。

音声の切り替えに対応しているか

多重音声の切り替えには対応しています。マルチ音声の切り替えは対応していません。

字幕の表示に対応しているか

対応していません。

録画

録画できない


録画予約できない


HDDの容量がいっぱいになった


ホーム画面のUSB録画リスト・予約リストが表示されない(iOSのみ)


番組表からの録画予約時に、「録画先を指定してください」とメッセージが表示される(Androidのみ)

録画できない

・ アンテナがつながれているかご確認ください。
・ miniB-CASカードがセットされているかご確認ください。
・ HDDの残量が不足してないかご確認ください。
▼USB HDDに録画できない場合
・ 接続しているUSB HDDの登録が正しくおこなわれているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[録画先設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [USB録画設定] → [利用設定] で設定します。
・ 接続しているUSB HDDの利用設定が正しくおこなわれているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[USB 録画:利用設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [USB録画設定] → [利用設定] で設定します。
▼ネットワーク HDDに録画できない場合
・ ネットワーク HDDがチューナー機器に登録されているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[録画先設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [ネットワーク録画設定]で設定します。

録画予約できない

・ 予約が重なっていないかご確認ください。
・ USB HDDがつながれているかご確認ください。
・ HDDの残量が不足してないかご確認ください。
・ おまかせ録画の自動削除をオンにしている場合、自動削除設定した容量以下になると、おまかせ録画で録画した番組がすぐに削除されている場合があります。不要な録画番組を削除して、容量を確保してください。
▼USB HDDに録画できない場合
・ 接続しているUSB HDDの登録が正しくおこなわれているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[録画先設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [USB録画設定] → [利用設定] で設定します。
・ 接続しているUSB HDDの利用設定が正しくおこなわれているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[USB 録画:利用設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [USB録画設定] → [利用設定] で設定します。
▼ネットワーク HDDに録画できない場合
・ ネットワーク HDDがチューナー機器に登録されているかご確認ください。
-GV-NTXシリーズ:
[サイドメニュー]→チューナーの横の[︙]→[本体設定]の順に選び、[録画先設定] で設定します。
-HVTR-BCTX3、EX-BCTX2:
リモコンで、[ホーム] ボタン→ [HDD設定] → [ネットワーク録画設定]で設定します。

HDDの容量がいっぱいになった

・ 不要な録画番組を削除してください。
録画リストで、録画容量順に並べ替えると、容量の大きい番組を確認できます。

ホーム画面の録画リスト・予約リストが表示されない(iOSのみ)

チューナー本体から情報取得に時間がかかっているか、情報取得に失敗したことが考えられます。
ホーム画面を下にスワイプして、チューナー情報を再取得してください。

番組表からの録画予約時に、「録画先を指定してください」とメッセージが表示される(Androidのみ)

チューナーにUSB HDDが未登録でNASだけ登録している場合、メッセージが表示されます。
予約の詳細画面から録画先を選んで予約してください。

再生

「コンテンツがありません」と表示される


USB HDDに録画した番組を再生できない


ネットワーク HDDに録画した番組を再生できない


スムーズに再生されない


チャプターリストが表示されない


再生中に、突然再生できなくなった


音量を調節できない


録画終了直後の番組を再生できない


前の番組から次の番組に切り替わるとき、または番組の途中で、読み込み中になり一部スキップされる(iOSのみ)


番組の途中でスキップする(iOSのみ)


画面を回転できない(iPadのみ)


Bluetooth で音声を出力できるか


AirPlayや画面ミラーリングは使用できるか


HDMIやコンポジットで外部機器への出力はできるか


音声の切り替えに対応しているか


字幕の表示に対応しているか


再生速度を変更できるか


録画中の番組を再生できるか


「コンテンツがありません」と表示される

・ USB HDDの電源コード、USBケーブルが正しく接続されているかご確認ください。
・ チューナーの電源を切り、USBケーブルを挿しなおしてください。

USB HDDに録画した番組を再生できない

・ 以下の状態では、視聴できない場合があります。
- チューナーが録画、ダビング、持ち出し変換中などのとき
- ほかの端末で視聴、再生しているとき
チューナーの同時動作について[HVTR-BCTX3、EX-BCTX2]
チューナーの同時動作について[GV-NTXシリーズ]
・ チューナーの電源をオンにしてみてください。自動で持ち出し変換しているときは、変換が停止し、再生できるようになります。
・ 録画画質を[DR]で録画した番組をオリジナル画質で再生しようとした際、再生できない場合があります。再生する画質を変更してお試しください。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合、チューナーのネットワークサーバー設定でアクセス制限が[制限しない]の設定になっているかご確認ください。
リモコンで、[ホーム] ボタン→[本体設定]→[本体設定]→[ネットワーク設定]→[ネットワークサーバー設定]→[アクセス制限]で確認できます。
・ USB HDDが省電力状態(スピンダウン)から起動(スピンアップ)するまでは、再生できません。しばらく待ってから再生をお試しください。

ネットワーク HDDに録画した番組を再生できない

ご利用のネットワーク HDDによって、録画画質が[DR]の番組を再生できない場合があります。録画画質を[MR1~MR6]で録画してください。弊社動作確認済みネットワーク HDDについては、弊社ホームページをご確認ください。

スムーズに再生されない

・ チューナーがスタンバイ状態時にアクセスした場合、USB HDDがスタンバイから復帰するのに数秒かかります。しばらくお待ちください。
・ 録画画質:MR4で録画すると、再生がスムーズになります。
・ チューナーで[MR*]画質を録画する際、より低い画質で録画してください。
・ 端末のネットワーク接続環境をご確認ください。

チャプターリストが表示されない

・ ネットワーク HDDによって、対応していない場合があります。
・ チャプターリストの取得に失敗している可能性があります。最初から再生をお試しください。
・ 番組の構成によってチャプターがつかない可能性があります。

再生中に、突然再生できなくなった

チューナー機器で録画予約が開始され、端末に配信できない状態になった場合に、再生が停止します。
録画動作の完了をお待ちいただくか、録画動作を停止させると、再生できるようになります。

音量を調節できない

音量はスマホの音量ボタンで調節してください。

録画終了直後の番組を再生できない

録画が終了した直後の番組は、チューナーの準備が完了してないため、再生できない場合があります。
数分待ってから再生してください。

前の番組から次の番組に切り替わるとき、または番組の途中で、読み込み中になり一部スキップされる(iOSのみ)

前の番組と次の番組で音声仕様が異なる場合、番組が切り替わる間、読み込み中の状態なり、一部スキップされることがあります。(音声が切り替わる前にいったん再生を停止し、切り替わった後に再生を再開します)
このとき「音声モードの切り替わりを検出しました」とメッセージが表示されます。

番組の途中でスキップする(iOSのみ)

番組の途中で音声仕様が切り替わる場合、番組の一部をスキップすることがあります。

画面を回転できない(iPadのみ)

画面を回転(横向き)するときは、iPadの画面縦向きのロックを[オフ]にし、スマホを横向きにしてください。

Bluetooth で音声を出力できるか

Bluetoothで音声を出力できます。

AirPlayや画面ミラーリングは使用できるか

できません。

HDMIやコンポジットで外部機器への出力はできるか

できません。

音声の切り替えに対応しているか

多重音声の切り替えには対応しています。マルチ音声の切り替えは対応していません。

字幕の表示に対応しているか

対応していません。

再生速度を変更できるか

倍速や早見再生など再生速度の変更はできません。

録画中の番組を再生できるか

録画中の番組の追いかけ(追っかけ)再生はできません。

持ち出し

番組の持ち出しができない


iPhoneで、持ち出した番組を再生できない


Android端末で、持ち出した番組を再生できない


コピーワンス番組を持ち出し変換・ダビングしたときの動作は


端末に持ち出した番組を、ほかの機器に配信できますか

 

「自動持ち出し」はできますか

番組の持ち出しができない

・ 端末がチューナーまたはネットワーク HDDと、同じネットワークに接続されていることを確認してください。
・ 録画番組を持ち出し変換しておくことが必要です。
番組を持ち出したい
 
・ 録画画質が[DR]の番組は、持ち出しできません。
・ チューナーが録画やダビング、配信をおこなっている場合、チューナー機器またはネットワーク HDDの制限により持ち出しできない場合があります。
・ 端末空き容量が足りない場合は、持ち出しが途中でキャンセルされます。
・ いったんチューナー機器と無線ルーターやアクセスポイントの電源を切り、コンセントプラグを抜いて、数分待ってから、コンセントを挿し直して動作をご確認ください。また、チューナーの電源を切った状態で、USB HDDのUSBケーブルの抜き差しをお試しください。
・ 端末の電源を切り、再起動後の動作をご確認ください。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合、チューナーのネットワークサーバー設定でアクセス制限が[制限しない]の設定になっているかご確認ください。
リモコンで、[ホーム] ボタン→[本体設定]→[本体設定]→[ネットワーク設定]→[ネットワークサーバー設定]→[アクセス制限]で確認できます。
・ 持ち出し変換終了直後は、コンテンツ準備中のため持ち出しできません。しばらく待ってから再度持ち出しをお試しください。
▼iPhoneの場合
・ 持ち出しは、REC-ON Appを起動したまま、おこなってください。REC-ON Appがバックグラウンド(スリープ状態やホームボタンを押される等で、REC-ON Appの画面が見えない状態)に遷移すると、iOSによって持ち出しが中断されます。再度起動すると、はじめから持ち出しが始まります。
・ iPhone本体の「設定」→「Wi-Fi」よりネットワーク名をタップし「DNS」の項目に値が表示されているかを確認してください。値がない場合は、「ルーター」と同じ値を入力してください。
また、チューナーまたはネットワーク HDDにおいても、IPアドレスが正常に取得できていることを確認してください。IPアドレスが「192.168.X.Y」の場合、「192.168.X」までiPhoneとチューナー機器またはネットワーク HDDで、同じ値である必要があります。

【参考】持ち出し手順は動画でもご覧いただけます

iPhoneで、持ち出した番組を再生できない

以下の場合は、持ち出した番組を再生できません。
・ iTunes/iCloudのバックアップ機能を使用して、持ち出しをおこなったiPhone以外の端末に復元した場合

Android端末で、持ち出した番組を再生できない

以下の場合は、持ち出した番組を再生できません。
【Android 8.0以降】

・ Android 7.1以前の端末にインストールして、Android 8.0以降のOSにアップデートした場合
アプリのアンインストール、再インストール又は端末初期化をすると、持ち出した番組は再生できなくなります。


【Android 6.0以降】

・ Android 5.1以前の端末にインストールして、Android 6.0以降のOSにアップデートした場合
アプリのアンインストール、再インストール又は端末初期化をすると、持ち出した番組は再生できなくなります。


・ Android 6.0以降のOSに新規にインストールした場合
端末を初期化すると、持ち出した番組は再生できなくなります。


・ Android 6.0以降のOSでマルチユーザーで使用している場合
Android 6.0以降のOSで、別ユーザーで持ち出した番組は再生できません。

コピーワンス番組を持ち出し変換・ダビングしたときの動作は

・ コピーワンスの録画番組を持ち出し変換したあと、録画リストには、変換前/変換後の2つ番組が存在します。持ち出しをすると2つとも消えます。
・ コピーワンスの録画番組をダビング中は、録画番組情報が録画リストに表示されなくなります。キャンセルすると表示されます。

端末に持ち出した番組を、ほかの機器に配信できますか

できません。サーバーの機能は搭載されていません。

「自動持ち出し」はできますか

REC-ON Appでは、iOSおよびAndroidのバックグラウンド実行制限により自動で持ち出しはできません。
REC-ON App起動時に新規に持ち出せる番組が見つかった場合は、画面下部に案内が表示されますので、この案内をご利用下さい。

その他

チューナー本体のソフトウェア更新に失敗する


端末を機種変更するときに気を付けることは


端末を機種変更したら、視聴や再生ができなくなった


VPN環境で再生できますか


エラーコード「000」と表示されて起動できません


チューナー本体のソフトウェア更新に失敗する

・ 直近に録画予約が入ってないかご確認ください。
・ インターネットに接続されているかご確認ください。
・ ご利用環境の一時的なネットワーク接続の状況により、ソフトウェアをダウンロードできないことがあります。ルーターの電源を入れ直し、再度お試しください。
・ ご利用環境のネットワーク回線が低速の場合、ソフトウェア更新に失敗することがあります。
・ チューナーのIPアドレスが全部3桁(192.168.100.100など)の場合、更新に失敗する場合があります。チューナーのIPアドレスの一部(末尾3桁の部分)を1桁または2桁に変更して、更新をお試しください。
例)
一時的にIPアドレスを手動設定にし、192.168.100.10など、一部を2桁以下にする。
チューナーを接続しているルーター側のDHCPサーバーの設定で、割り当てるIPアドレスの値を2桁以下にする。
・ HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合
USBメモリーを使ってソフトウェアを更新できますので、お試しください。
【USBメモリーを使ったソフトウェア更新手順】

端末を機種変更するときに気を付けることは

・ 端末に持ち出した番組は、別の端末に引き継ぐことができません。
・ 機種変更した後、古い端末で本アプリを使わない場合、チューナー側に残っている「宅外配信登録情報」を必要に応じて削除してください。
サイドメニューから、チューナーの[︙]→[チューナー設定]→[宅外配信登録リスト]で削除できます。

端末を機種変更したら、視聴や再生ができなくなった

HVTR-BCTX3、EX-BCTX2の場合、チューナーのネットワークサーバー設定でアクセス制限が[制限しない]の設定になっているかご確認ください。
リモコンで、[ホーム] ボタン→[本体設定]→[本体設定]→[ネットワーク設定]→[ネットワークサーバー設定]→[アクセス制限]で確認できます。

VPN環境で再生できますか

VPN環境には対応しておりません。ホームネットワーク環境に接続してご利用ください。

エラーコード「000」と表示されて起動できません

▼iPhoneの場合
エラーコード「000」は、ご使用のiPhone/iPad/iPod touchが「改造端末(Jailbreak端末)」と判断された場合に表示されます。 改造端末(Jailbreak端末)ではご利用いただけません。 また、App StoreおよびiTunesからのダウンロード以外の方法でインストールした場合も、この条件に該当します。
▼Android端末の場合
ご使用の端末がROOT化された端末と判断された場合に表示されます。ROOT化された端末ではご利用いただけません。

お問い合わせ

重要

● 本製品の修理対応、電話やメール等によるサポート対応、ソフトウェアのアップデート対応、本製品がサーバー等のサービスを利用する場合、そのサービスについては、弊社が本製品の生産を完了してから5年間を目途に終了とさせていただきます。ただし状況により、5年以前に各対応を終了する場合があります。

● 個人情報は、株式会社アイ・オー・データ機器のプライバシーポリシー(https://www.iodata.jp/privacy.htm)に基づき、適切な管理と運用をおこないます。

お問い合わせいただく前に、以下をご確認ください

・ 本マニュアルの【困ったときには】を参照
・ 弊社サポートページのQ&Aを参照
それでも解決できない場合は、サポートセンターへ

▼REC-ON Appからお問い合わせいただく場合(お問い合わせフォームから送信)

サイドメニューから[お問い合わせ]をタップします。必要事項を記入して、送信してください。

▼お電話でお問い合わせいただく場合

連絡先については、チューナーの「取扱説明書」に記載の【お問い合わせについて】をご覧ください。

チューナーの同時動作について[HVTR-BCTX3、EX-BCTX2]

単独で動作した場合の上限


録画中の同時動作台数


その他の制限

単独で動作した場合の上限

録画(録画番組数)

同時に録画できる番組数です。
録画先 HVTR-BCTX3 EX-BCTX2
USB 3.0 HDD 3番組まで(※1) 2番組まで
USB 2.0 HDD 2番組まで 2番組まで
NAS(ネットワーク HDD) 2番組まで(※2) 2番組まで(※2)

※1 3番組のうち1番組は、録画モードが [DR] になります。

※2 異なるNASでも録画できますが、全体で2番組までとなります。
録画時にNASが見つからない場合は、USB HDDに録画します。このときUSB HDDも見つからない場合は、録画されません。(NASへの1番組の録画は、配信1台分に相当します)

アプリでの放送中番組の視聴(配信端末台数)

端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、放送中の番組を視聴する場合の同時に視聴できる端末の台数です。
配信先 HVTR-BCTX3 EX-BCTX2
自宅 2台まで 2台まで
外出先 1台まで 1台まで

※ 録画や番組の配信状況によって、本体で現在視聴中のチャンネルから別のチャンネルに切り換えできないことがあります。

アプリでの録画番組の再生(配信端末台数)

端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、録画した番組を再生する場合の同時に再生できる端末の台数です。
配信先 録画番組の保存場所 HVTR-BCTX3 EX-BCTX2
自宅 USB 3.0 HDD
USB 2.0 HDD
3台まで 3台まで
NAS(ネットワーク HDD) (※) (※)
外出先 USB 3.0 HDD
USB 2.0 HDD
1台まで 1台まで
NAS(ネットワーク HDD) (※) (※)

※ NASの配信機能に依存します。

※ 端末(スマホ/タブレット、パソコン)への配信台数は、放送中の番組と録画番組を合わせ、同時に最大3台までです。

※ 放送中の番組の配信および変換をともなう配信は、同時に最大2台までです。

録画中の同時動作台数

録画中に、端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、放送中の番組の視聴や録画番組を再生する場合の同時動作台数です。

自宅での放送中番組の視聴可能台数

● HVTR-BCTX3

録画先 録画中番組数 視聴可能台数
USB 3.0 HDD 3番組(※1) 不可
USB 3.0 HDD/USB 2.0 HDD 2番組 1台まで(※2)
1番組 2台まで(※3)
NAS(ネットワーク HDD) 2番組 不可(※4)
1番組 1台まで(※5)
なし 録画なし 2台まで


● EX-BCTX2

録画先 録画中番組数 視聴可能台数
USB 3.0 HDD/USB 2.0 HDD 2番組(※1) 不可
1番組 1台まで
NAS(ネットワーク HDD) 2番組(※1) 不可
1番組 1台まで
なし 録画なし 2台まで

※1 テレビなどチューナーのHDMI端子を通しての視聴は、録画中の番組のみとなります。

※2 チューナー本体での視聴や再生、録画の状況によって、視聴不可となることがあります。

※3 チューナー本体での視聴や再生、録画の状況によって、1台までとなることがあります。

※4 録画が1つ以上DR画質の場合は、1台となることがあります。

※5 録画がDR画質の場合は、2台となることがあります。

※ 録画や番組の配信状況によって、チューナー本体での視聴は録画中または配信中の番組のみとなることがあります

※ 録画や番組の配信状況によって、チューナー本体での録画番組の再生ができない場合があります。

自宅での録画番組の再生可能台数

● HVTR-BCTX3

録画先 録画中番組数 再生可能台数(※1)
USB 3.0 HDD 3番組(※2) 2台まで(※3)
2番組 3台まで(※4)
1番組 3台まで
USB 2.0 HDD 2番組 2台まで(※3)
1番組 3台まで(※4)
NAS(ネットワーク HDD) 2番組 1台まで
1番組 2台まで
なし 録画なし 3台まで


● EX-BCTX2

録画先 録画中番組数 再生可能台数(※1)
USB 3.0 HDD 2番組(※2) 3台まで(※4)
1番組 3台まで
USB 2.0 HDD 2番組(※2) 2台まで(※3)
1番組 3台まで(※4)
NAS(ネットワーク HDD) 2番組(※2) 1台まで
1番組 2台まで
なし 録画なし 3台まで

※1 チューナー本体での視聴や再生、録画の状況によって、変換をともなう配信ができないことがあります。

※2 テレビなどチューナーのHDMI端子を通しての視聴は、録画中の番組のみとなります。

※3 チューナー本体での視聴や再生、録画の状況によって、1台までとなることがあります。

※4 チューナー本体での視聴や再生、録画の状況によって、2台までとなることがあります。

※ 録画や番組の配信状況によって、チューナー本体での視聴は録画中または配信中の番組のみとなることがあります。

※ 録画や番組の配信状況によって、チューナー本体での録画番組の再生ができない場合があります。



録画と配信の優先順位について


・ 配信中に録画予約が動作する場合、録画予約が優先されます。配信中に録画予約が動作し配信可能本数を超えた場合、配信が停止されます。

・ 変換をともなう配信(※)を2台におこなっているとき、NASにDR以外の画質で1番組録画する場合は、最後に開始した端末への配信を停止します。
NASにDR以外の画質で2番組同時に録画する場合は、端末への配信を2台とも停止します。
※ 例)2台のスマホで視聴/再生している場合など

・ 録画中の外出先での視聴/再生は、録画数によらず1台まで可能です。
上記の自宅での視聴/再生可能台数が不可の状態では、同様に不可です。

その他の制限

・ 録画や番組の配信状況によって、現在視聴中のチャンネルから別のチャンネルに切り換えできないことがあります。別のチャンネルを視聴したい場合は、録画、または番組の配信を停止してください。

・ USB HDD→NASのダビング中に、別のUSB HDD→NASのダビングはできません。
※ ダビング処理は、1つの処理のみ動作します。

・ 録画中は、初期化操作はできません。

・ 現在録画中または配信中の番組に対して、編集操作(削除や番組名変更など)はできません。

・ 録画や配信と、ダビング-持ち出し用変換の同時動作はできません。
また、持ち出し用変換中は、番組の再生はできません(録画リストを表示できません)。

チューナーの同時動作について[GV-NTXシリーズ]

チューナーの同時動作台数の上限について説明します。

単独で動作した場合の上限


録画中の同時動作台数


その他の制限

単独で動作した場合の上限

録画(録画番組数)

同時に録画できる番組数です。
録画先 GV-NTX2 GV-NTX1
USB 3.0 HDD 2番組まで 1番組まで
USB 2.0 HDD 2番組まで 1番組まで
NAS(ネットワーク HDD) 2番組まで(※1,2) 1番組まで(※1)

※1 異なるNASでも録画できますが、全体で2番組までとなります。

※2 録画時にNASが見つからない場合は、USB HDDに録画します。このときUSB HDDも見つからない場合は、録画されません。(NASへの1番組の録画は、配信1台分に相当します)

アプリでの放送中番組の視聴(配信端末台数)

端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、放送中の番組を視聴する場合の同時に視聴できる端末の台数です。
配信先 GV-NTX2 GV-NTX1
自宅 2台まで 1台まで
外出先 1台まで 1台まで

アプリでの録画番組の再生(配信端末台数)

端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、録画した番組を再生する場合の同時に再生できる端末の台数です。
配信先 録画番組の保存場所 GV-NTX2 GV-NTX1
自宅 USB 3.0 HDD
USB 2.0 HDD
3台まで 3台まで
NAS(ネットワーク HDD) (※) (※)
外出先 USB 3.0 HDD
USB 2.0 HDD
1台まで 1台まで
NAS(ネットワーク HDD) (※) (※)

※ NASの配信機能に依存します。

※ 端末(スマホ/ タブレット、パソコン)への配信台数は、放送中の番組と録画番組を合わせ、同時に最大3台までです。

※ 放送中の番組の配信および変換をともなう配信は、同時に最大2台までです。
GV-NTX1の場合、放送中の番組の配信は最大1台です。

録画中の同時動作台数

録画中に、端末(スマホ/タブレット、パソコン)でアプリを使い、放送中の番組の視聴や録画番組を再生する場合の同時動作台数です。

自宅での放送中番組の視聴可能台数

録画中番組数 GV-NTX2 GV-NTX1
2番組 不可
1番組 1台まで 不可
録画なし 2台まで 1台まで

自宅での録画番組の再生可能台数

 
録画中番組数接続先 GV-NTX2 GV-NTX1
2番組 USB 3.0 HDD 3台まで
USB 2.0 HDD 2台まで
NAS(ネットワーク HDD) 1台まで
1番組 USB 3.0 3台まで 3台まで
USB 2.0 3台まで 3台まで
NAS(ネットワーク HDD) 2台まで 2台まで
録画なし 3台まで 3台まで

※ 録画の状況によって、変換をともなう配信ができないことがあります。



録画と配信の優先順位について


・ 配信中に録画予約が動作する場合、録画予約が優先されます。配信中に録画予約が動作し配信可能本数を超えた場合、配信が停止されます。

・ 変換をともなう配信(※)を2台におこなっているとき、NASにDR以外の画質で1番組録画する場合は、最後に開始した端末への配信を停止します。
NASにDR以外の画質で2番組同時に録画する場合は、端末への配信を2台とも停止します。
※ 例)2台のスマホで視聴/再生している場合など

・ 録画中の外出先での視聴/再生は、録画数によらず1台まで可能です。
上記の宅内での視聴/ 再生可能台数が不可の状態では、同様に不可です。

その他の制限

・ USB HDD→NASのダビング中に、別のUSB HDD→NASのダビングはできません。
※ ダビング処理は、1つの処理のみ動作します。

・ 録画中は、初期化操作はできません。

・ 現在録画中または配信中の番組に対して、編集操作(削除や番組名変更など)はできません。

・ 録画や配信と、ダビング-持ち出し用変換の同時動作はできません。
また、持ち出し用変換中は、番組の再生はできません。

チューナー設定

本体設定


放送受信設定


宅外配信登録の解除


自動削除設定


データ更新

本体設定

※ HVTR-BCTX3/EX-BCTX2では「ネットワーク設定」「録画先設定」のみ表示されます。設定を変更する場合は、アプリではなくリモコンで操作してください。

ネットワーク設定

チューナー機器のネットワーク情報を表示します。

一般設定設定

未使用時電源オフ 一定時間、チューナーが無操作の状態にあるとき、チューナーの電源を自動的に「切」にするよう変更できます。
待機設定 待機中の電源の設定をします。
通常待機:通常の待機状態です。
省エネ待機:「通常待機」より電源オフ時の消費電力が下がります。ただし、省エネ待機中は、アプリから操作できません。
アンテナ出力 チューナー機器の電源が「切」のとき、背面のアンテナ出力端子から信号を出力するか設定をします。
ネットワークによる自動更新 チューナーをネットワークに接続しているとき、最新のソフトウェアがあるか自動的に確認し、更新をします。

録画設定

USB録画:利用設定 録画先として利用するUSB HDDを設定します。番組の録画、録画した番組の再生は設定したUSB HDDからのみおこなえます。
USB1~USB8 録画に使用するUSB HDDの登録、登録の解除、名前の変更などをおこないます。
ネットワークHDD1~ネットワークHDD2 NAS(ネットワークHDD)の登録、登録の解除をおこないます。

録画先設定

オートチャプター 録画中、番組をチャプター分割する間隔を設定します。
持ち出し用画質 録画予約時に持ち出し録画を設定したときの、持ち出し用画質を設定します。

ネットワーク設定

デバイスネーム チューナーの名前を設定できます。
ネットワーク接続設定 チューナーのネットワーク設定をします。
管理ユーザー名 パスワードを入力すると「admin」が設定されます。
パスワード チューナーを自分以外の家族に使わせたくない場合などは、チューナーにパスワードを設定できます。
パスワードを設定すると、アプリでチューナーを使うときに、パスワードの入力が必要になります。

宅外配信機能設定

通信方法 宅外配信・宅外操作のための通信方法(「標準」/「ルータのUPnP機能を使わない」)を設定します。
通常は「標準」でご使用ください。

ソフトウェア更新

最新のソフトウェアがあるか確認する。 最新のソフトウェア(ファームウェア)があるか手動で確認します。チューナー機器がインターネット接続されている必要があります。

初期化

本体設定初期化 本体設定の各種設定を初期化します。
「ネットワーク設定」、「宅外配信リスト」、「宅外操作リスト」は初期化されません。
ネット設定初期化 ネットワーク設定を初期化します。
「宅外配信リスト」、「宅外操作リスト」は初期化されません。
工場出荷状態に戻す チューナーをお買い上げ時の状態に戻します。実行すると、録画した番組は再生できなくなります。
宅外配信設定初期化 宅外配信設定を初期化します。初期化すると、チューナーの宅外配信リストに登録した端末がすべて削除されます。
宅外操作設定初期化 宅外操作設定(テレリモ登録)を初期化します。初期化すると、チューナーの宅外操作リストに登録した端末がすべて登録解除されます。
「テレリモ」アプリを使っていない場合は、初期化しても問題ありません。
初期設定ウィザードを起動します。 チューナーを使うために必要な設定をします。


放送受信設定

※ HVTR-BCTX3/EX-BCTX2では「情報」「地上放送設定」のみ表示されます。設定を変更する場合は、アプリではなくリモコンで操作してください。

情報

カード識別
B-CASカード番号
B-CASカードの番号を表示します。
放送メール 放送局からの重要なお知らせが届きます。

受信レベル

チャンネルごとのアンテナの受信レベルを確認できます。

衛星放送設定

アンテナの電源供給の設定をします。

地上放送設定

地域 チャンネルスキャン用の地域を設定します。
G-GUIDE地域 Gガイド用の地域を設定します。
アッテネーター アッテネーターの設定をします。(ご購入時:切)
チャンネルスキャン 初期スキャン:地上デジタル放送のスキャンをし、受信チャンネルを最新の状態にします。
再スキャン:地上デジタル放送のスキャンをします。


宅外配信登録の解除

宅外配信登録の有効期限が表示されます。
宅外配信登録した端末名と端末のMACアドレスが表示されます。登録を解除することができます。

自動削除設定

自動削除を実行するときのUSB HDDの残容量を設定します。

※ USB HDDの容量が不足した場合、おまかせ録画で自動削除設定した番組を削除します。


データ更新

(Android端末のみ)
チャンネル情報やドライブ情報を更新します。

アプリ設定

アプリ設定


詳細設定

アプリ設定

サブチャンネル表示 番組表や番組視聴画面に、サブチャンネルを表示するか設定します。
録画画質 アプリから番組を録画するときの録画画質の初期値を設定します。
視聴制限番組の年齢設定 視聴制限付きの番組の再生を制限します。設定すると年齢設定未満の番組は「xxx」と表示されるか、番組やチャンネル自体が表示されません。
初回選択時に、4桁のパスコードを設定します。(制限の設定を変更する場合にパスコードが必要になります)
持ち出し番組保存先 持ち出し番組の保存先ストレージを設定します。
※Androidのみ
番組表検索をアプリで行う オンにすると、本アプリが保持している番組情報から検索するため、高速に番組を検索することができます。ただし、アプリが保持している番組情報の件数が少ない場合は、チューナー側で検索します。
本設定は、キーワード/出演者での検索に適用されます。
※iOSのみ
一週間番組表 オンにすると、一週間分の番組表をまとめて表示します。
縦にスクロールすることで翌日、翌々日…の番組表を表示できるようになります。
※iOSのみ

詳細設定

NAS設定 DLPAリモートアクセスガイドライン2.0に対応したNASから、番組を持ち出すときの画質を設定します。
アプリ情報 REC-ON Appのライセンスやバージョン情報などを表示します。

本マニュアルをダウンロード/印刷する

本マニュアルをお手元でご覧になるための方法をご案内します。

ダウンロードする

印刷する

ダウンロードする

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルを展開してindex.htmlを開くことで、インターネットにつながなくても本マニュアルをご覧いただけます。

※[ダウンロード]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

印刷する

全ページをプリント全ページプリント(PCのみ)

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をWebブラウザーのプリント機能で印刷できます。
ただし項目が多いマニュアルはページ数が多くなり、全体の印刷には向きません。
プリントしたいページを開き、そのページだけをWebブラウザーのプリント機能で印刷することをおすすめします。

※ マニュアルの内容量によっては、印刷が始まるまで数分掛かることがあります。

※[全ページプリント]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

ソフトウェアライセンス情報

●本マニュアルで使用しているソフトウェアライセンス情報
------------------------
jquery.min.js
------------------------
jQuery v1.10.2 | (c) 2005, 2013 jQuery Foundation, Inc. | jquery.org/
license
@ sourceMappingURL=jquery.min.map

------------------------
jquery.cookie.js
------------------------
jQuery Cookie Plugin v1.4.1
https://github.com/carhartl/jquery-cookie

Copyright 2006, 2014 Klaus Hartl
Released under the MIT license

------------------------
jquery.easing.1.3.js
------------------------
jQuery Easing v1.3 - http://gsgd.co.uk/sandbox/jquery/easing/

Uses the built in easing capabilities added In jQuery 1.1
to offer multiple easing options

TERMS OF USE - jQuery Easing

Open source under the BSD License.

Copyright c 2008 George McGinley Smith
All rights reserved.

------------------------
jquery.lazyload.js
------------------------
Lazy Load - jQuery plugin for lazy loading images
Copyright (c) 2007-2015 Mika Tuupola

Licensed under the MIT license:
http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php

Project home:
http://www.appelsiini.net/projects/lazyload

Version: 1.9.5

------------------------
jquery.hashchange.min.js
------------------------
jQuery hashchange event, v1.4, 2013-11-29
https://github.com/georgekosmidis/jquery-hashchange
------------------------

------------------------
lity.js
------------------------
Copyright (c) 2015-2016 Jan Sorgalla

Permission is hereby granted, free of charge, to any person
obtaining a copy of this software and associated documentation
files (the "Software"), to deal in the Software without
restriction, including without limitation the rights to use,
copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the
Software is furnished to do so, subject to the following
conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be
included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES
OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND
NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT
HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY,
WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING
FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR
OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

------------------------
moji.js
------------------------
Copyright (c) 2015 niwaringo

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all
copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE
SOFTWARE.

本マニュアルのご利用について

● Google アナリティクスを利用した計測について

本マニュアルではサービス向上のため、Google アナリティクス を使用しております。
これによって、データ収集のためにGoogleがお使いのWebブラウザーにcookie を設定したり、既存のcookie を読み取ったりする場合があります。
また、本マニュアルをご利用中のWebブラウザーは、Googleに特定の非個人情報(IPアドレスやアクセスしたウェブページのアドレスなど)を自動的に送信します。
弊社はそれらの情報を、マニュアル利用状況の把握やユーザー体験の改善といった用途で利用いたします。
利用者は、本マニュアルを利用することで、上記方法および目的においてGoogleと弊社がおこなう、こうしたデータ処理に対して許可を与えたものとみなします。

※ なお「cookie」は、お客様がWebブラウザーを設定することで拒否できる場合があります。
その場合、本マニュアルの機能が一部利用できなくなるおそれがあります。
設定方法については、Webブラウザーのヘルプなどをご覧ください。

このページはお役に立ちましたか?

13版 © I-O DATA DEVICE, INC.
ページトップ
戻る
ホーム

DLNA

機器やメーカーを問わず、ネットワーク内で映像・音楽・写真を再生するための指針。

DLPA

テレビ番組などをいつでも、どこでも見られるようにするための活動をおこなう機関。

DTCP-IP

コピー保護されている録画した地デジ放送などを、家庭内に限定して見られるようにした技術。

アッテネーター

テレビの電波を減衰させる機械。受信レベルが強すぎることが原因で電波障害が起きる地域では、アッテネーターで電波を弱めることによって、テレビの映りを改善できることがある。

配信画質

視聴・再生画面の右上にある[︙]をタップし、[画質]から設定できます。

外出先

端末の3G/4G回線または公衆Wi-Fiなどを利用して接続すること。宅外。

自宅

チューナーと同じWi-Fiルーターに接続すること。宅内。

コピーワンス

1回のみコピーできる番組。BS/CS 放送の有料番組などに多い。

同じネットワーク

同じWi-Fiルーター。チューナーをつないだWi-FiルーターにスマホをWi-Fi接続すること。

サイドメニュー

をタップして開く

有効期限

登録の有効期限は90日間です。これはデジタル放送の番組の著作権を保護するために必要な仕様です。
 

セグメント

ネットワーク内のグループのこと。
 

APモード

Wi-Fiルーターの動作モードの一つ。Wi-Fiルーターの背面などにあるスイッチで変更できます。(設定画面から変更が必要なルーターもあります)

テザリング

スマートフォンをアクセスポイント(親機)として、別の機器(子機)をインターネットにつなぐこと。