想像を超える体感を。Wi-Fi 7

想像を超える体感を。Wi-Fi 7 想像を超える体感を。Wi-Fi 7

Wi-Fi 7とは?

最新のWi-Fi規格のこと

スマホやパソコン、ゲーム機、家電といった機器で、欠かせない存在の「Wi-Fi」。最新のWi-Fi規格が「Wi-Fi 7」です。ここでは、「Wi-Fi 7」がわたしたちの生活をどのように豊かにしてくれるのかをご紹介します。

今までのWi-Fiとの違い

「Wi-Fi 7」とは、Wi-Fi 6/6Eをベースとし、通信速度と安定性が向上した新しいWi-Fi規格です。IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers、米国電気電子学会)では IEEE802.11beとして策定が進められています。

2.4GHz/5GHz/6GHzの複数周波数帯を同時に利用できるMLO(Multi-Link Operation)、320MHz帯域幅への拡張、4096QAM、Multi-RUなどいくつもの技術改善が重ね合わさり、従来規格から通信速度と安定性が飛躍的に進化しました。

最大通信速度はWi-Fi 6の4.8倍、Wi-Fi 5の13倍を実現(※理論値)
多様化するWi-Fi利用シーンに新たな可能性をひらきます。

Wi-Fi 7はWi-Fi 6の4.8倍の速度

※周波数での最大のリンク速度です。1つの周波数で利用できる最大の構成として、Wi-Fi 7 16x16 320MHz、Wi-Fi 6 8x8 160MHz、Wi-Fi 5 8x8 80MHzのときの比較値です。

Wi-Fi 7の特徴

スループットの向上 より高速なデータ通信、遅延のない通信を

4096QAM対応Quadrature Amplitude Modulation

データを電波で搬送する際の変調方式が、Wi-Fi 6/6Eが「1024QAM」だったのに対し、Wi-Fi 7では「4096QAM」に拡大したことで、各信号あたりのデータ量が増加し、Wi-Fi 6/6E規格に対し1.2倍高速になります。

4096QAM対応

最大320MHzの帯域幅Frequency Bandwidth

6GHz帯で利用する周波数の帯域幅が、Wi-Fi 6までの160MHz幅から320MHz幅へと拡大されるため、通信速度が約2倍となります。

最大320MHzの帯域幅

MLO技術Multi Link Operation

MLO(Multi Link Operation)技術により、データ伝送時に2.4/5/6GHzの複数の周波数を同時に利用できるようになりました。

MLO技術

伝送効率アップで
ストレスのないネットワーク

Multi-RU

プリアンブルパンクチャリング

Multi-RUにより、複数台接続を行う場合の20/40/80MHz幅のRU(リソースユニット)通信において、より効率的な帯域利用を実現します。

利用中のチャネルに干渉波が生じた場合も、プリアンブルパンクチャリング機能によって自動的に干渉波を避け、最適な利用状態を保持。MLO機能が有効な場合も、同様にパンクチャリング機能で最適な状態を保ちます。

Wi-Fi 7 対応商品

ページの先頭へ