【DVDドライブ】 ⇒ 【DVD、CD読み込み(再生)時】内蔵ドライブの場合

再生時にコマ落ちや音飛びがおきる場合は、以下をご確認ください。


 確認1.パソコンのスペックを確認する

 ・ご利用のDVDドライブでDVDビデオを再生する際に必要なパソコンのスペックが満たされているか確認して
  ください。スペックが下回っていますと、DVDビデオの再生にパソコンが追いつかず、カクカクした動きや
  音飛びが発生します。DVDドライブが必要とするスペックは弊社ホームページの製品情報ページに記載
  しております。販売終了製品についてはホームページ内の製品検索より確認してください。

      ●上記を確認してパソコンのスペックが満たされている場合 以下確認2 へ


 確認2.転送速度の設定を確認する

 ・IDE接続の場合、DVDドライブの転送速度の設定が「DMA転送」になっていないとDVD再生時にコマ落ちが発生したり
  メディアの書き込み速度が発揮できない場合があります。以下の手順にてDVDドライブの転送速度の設定がDMA転送に
  なっているかご確認ください。

<Windows Vista、XP、2000の場合>

  1.[マイコンピュータ]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。WindowsVistaは[プロパティ]をクリックすると
   [ユーザーアカウント制御]の画面が表示される場合がありますが、[続行]をクリックし、デバイスマネージャをクリックします。
   WindowsXP、2000は[ハードウェア]タブをクリックし[デバイスマネージャ]をクリックします。
   次に[IDE ATA/ATAPIコントローラ]をダブルクリックして展開します。

  2.DVDドライブが接続されている系統のチャネルのプロパティを開きます。
   プライマリに接続している場合は[プライマリIDEチャネル]
   セカンダリに接続している場合は[セカンダリIDEチャネル]のプロパティを開きます。

  

  3.[詳細設定]タブをクリックします。DVDドライブをマスタに接続している場合は[デバイス0]を確認します。
   スレーブに接続している場合は[デバイス1]を確認します。[現在の転送モード]がDMA転送になっているか
   ご確認ください。DMA転送になっていない場合はDMA転送を選択してください。

  

<WindowsMeの場合>

  1.[マイコンピュータ]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。[デバイスマネージャ]タブをクリックし、[CD-ROM]を
   ダブルクリックして展開します。

  2.DVDドライブの認識を右クリックして[プロパティ]をクリックします。

  3.[設定]タブをクリックし、[オプション]欄の[DMA]にチェックが入っているか確認してください。チェックがない場合は
   チェックを入れてから[OK]ボタンをクリックし、DVDビデオの再生をお試しください。

  

      ●上記を確認して接続には問題がない場合は以下 確認3 へ


 確認3.再生ソフトメーカーへ確認する

 ・パソコンのスペック、接続に問題がない場合、ソフト側で問題がある可能性もあります。弊社DVDドライブに
  添付のソフトウェアは、各ソフトメーカー様にてサポートを行っております。ソフトメーカー様のサポートにて
  症状が改善されないかご確認ください。その際は確認した上記事項もあわせてお伝えください。

      ●ソフトメーカー様のサポートでも改善されない場合、製品の故障が考えられます。
        弊社修理センターへ修理をご依頼ください