究極の音へ──“信頼”という名のブランド

お問い合わせ

ネットワークオーディオとは

fidata

音楽が生まれ出るその場へ

アーティストの息遣いのみならず、スタジオやコンサートホールの空気感までもリアルに再現するハイレゾの世界。
「原音」の持つ迫力を家庭でも手軽に味わえる、そんなオーディオ革命がはじまっています。

img/ロケーション

“究極の音質”に迫るハイレゾ・オーディオの世界

CDの音質の4倍以上もの情報量を持つハイレゾ音源の登場は、音楽を愛するすべての人びとに大きな感動と喜びをもたらしました。
CDというメディアの制限をはるかに越えた、圧倒的な情報量によるその音質は、
音像定位、透明感、分解能などすべてにおいて、リスナーに明確な〈違い〉と〈驚き〉を与えます。

ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)のことです。

音源 1秒間の情報量 (Stereo)
一般的な音楽配信音源(AAC 256kbps) 256kbps
CD(リニア PCM 44.1kHz 16bit) 1411.2kbps
ハイレゾ音源(リニア PCM 96kHz 24bit) 4608kbps
ハイレゾ音源(リニア PCM 192kHz 24bit) 9216kbps

リスニングスタイルの新潮流、ネットワークオーディオ

究極の音─ハイレゾ音源は、インターネットからのダウンロードで、誰もが手にすることができるようになりました。
この“ハイレゾ音源”の登場によって私たちは、CDなど物理メディアの「記録容量」という制限から解放された情報量豊かな音楽を、
パソコンのハードディスクにダウンロードし専用のプレーヤーで再生して楽しむ「メディアレス再生」の時代を迎えました。

ネットワークオーディオという新潮流

しかしこの再生方法の問題点は、パソコンがオーディオシステムに介在することでした。
接続や設定の難しさや、煩雑な「操作性」とともに、
ノイズの塊であるパソコンはピュア・オーディオの世界にとって様々な問題を抱えていたからです。

この問題を解決したのが、ネットワーク上に設置するハードディスク(NAS)から直接再生するネットワークオーディオです。
音源をこのNASに集中させること。スマートフォンなどをコントローラーとして直感的に音源のダウンロードや管理、再生を行えること。
これによってネットワークオーディオはCDを上回る使い勝手の良さを手にしたのです。

fidata HFAS1は、ネットワークオーディオを構成する上で欠かすことのできないネットワークオーディオ専用のNASであり、
これをネットワークオーディオサーバーといいます。

  • ネットワークオーディオサーバーHFAS1
  • 電源コード
  • LANケーブル
  • アンプ・スピーカー
  • ネットワークオーディオプレーヤー
  • LANケーブル
  • ブロードバンドルーター

Back to TOP