PC4-2133(DDR4-2133)対応メモリー(簡易包装モデル)SDZ2133/STシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

SDZ2133/STシリーズ

「SDZ2133/STシリーズ」は簡易包装を採用した法人様専用モデルです。PC4-2133、DDR4-2133対応の260pin超高速メモリーモジュールです。
ノートPCやスリム型デスクトップパソコンにお使いいただけます。

※店頭での販売は行なっておりません。
※価格、納期等につきましては、お取引先の販売店へお問い合わせください。
※機種により、ご利用いただける容量・枚数が異なりますので、必ず対応商品検索エンジン「PIO」でご確認ください。

SDZ2133/STシリーズの対応機種は型番末尾に「/ST」が付かないSDZ2133シリーズと同じです。

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
SDZ2133-4G/ST 4957180123318 4GB   オープン価格   詳細
SDZ2133-8G/ST 4957180123325 8GB   オープン価格   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

法人様向け簡易包装モデル

「SDZ2133/STシリーズ」は簡易包装を採用した法人様向け専用モデルです。簡易包装により環境にも配慮しています。

DDR4-2133対応DRAMを搭載

DDR4 SDRAM

PC4-2133、DDR4-2133対応の260pin超高速メモリーモジュールです。DDR4-2133規格での安定した動作を実現します。

クアッド・チャネルでさらに高速転送

DDR3-1600のデュアルチャネル動作時と比較して、圧倒的に高速!

従来の一般的なDDR3-1600対応メモリーモジュールを、デュアル・チャネルで動作させた場合のデータ転送レートは約 25.4GB/秒となります。

一方、DDR4-2133対応メモリーモジュールをクアッドチャネルで動作させた場合は約 68.2GB/秒と、約 2.6倍の圧倒的な転送速度を実現します。

こんなに高速!

※メモリーの転送速度は理論値です。

メモリーを4枚同時に使用するクアッドチャネル

クアッドチャネルとは、チップセット内部のメモリーコントローラーが同容量・同仕様であるメモリー4枚に同時アクセスすることで、データの転送速度を4倍にする技術です。

SDZ2133/STシリーズはシングルチャネルの場合、理論値で約17GB/秒となりますが、クアッドチャネルでは約68GB/秒のデータ転送レートを誇ります。

DDR4メモリー豆知識

DDR4-2133は搭載されているDRAM 単体のスピードを表します。
メモリーモジュールのデータ転送速度が2133Mbpsのため、PC4-2133と表記します。

Double Data Rate 4 SDRAM

DDR規格以降のメモリーは、クロック信号(コンピューター各回路間の同期を取るための信号)の立ち上がり時・立ち下がり時の両方でデータの読み書きを実行できる、ダブルデータレート(DDR)モードで高速なデータ転送を実現しています。

DDR4 SDRAMは従来のDDR3 SDRAMと同じ8bitデータプリフェッチ(事前読出)となりますが、新たにバンクグループが導入され、異なるバンクグループに連続アクセスすることでデータ転送速度をDDR3の2倍に高めています。
さらに動作電圧もDDR3 SDRAMの1.5Vに対して1.2Vと低消費電力を実現し、パソコンのバッテリー稼働時間向上にも寄与します。

※ DDR4のバンクグループ

DDR3 SDRAMのメモリーセルアレイは8個のメモリーバンクに分割され、それぞれが一つの入出力バッファーに接続されていました。

これに対しDDR4 SDRAMでは2倍の16個のメモリーバンクに分割され、メモリーバンク4個ごとに一つの「バンクグループ」となっています。
入出力は各グループごとにローカルバッファーが用意されており、さらに一つのグローバルバッファーに接続されます。

異なるバンクグループに連続アクセスすることで、データ転送速度がDDR3の2倍に高まっています。

エラー検出機能を各所に搭載

転送速度が高速化したことに伴い、DDR4にはノイズの影響から守るためのさまざまなエラー検出機能が搭載されています。
データ書き込み時にはデータ信号に加えCRC符号も合わせてDRAMに送り、DRAM内部で書き込みデータから生成したCRC符号と比較して、エラーを検出します。
また、コマンド信号とアドレス信号にはパリティを付加してエラー検出を行います。

エラーを見つけた場合にはメモリコントローラへ通知し、これによりデータを高速転送しても高い信頼性を実現しています。

※エラー訂正機能は搭載していません。

対応メモリーがすぐに見つかる!

QRコード(PIO)
スマホでも対応メモリーを簡単検索

パソコン用対応商品検索システム PIOパソコンの場合は下記URLからご確認ください。
対応商品検索システムPIO
スマホ、タブレット用対応商品検索システム PIOスマホ、タブレットの場合は右記QRコードからご確認ください。

これが高品質の証!安心の無期限保証

これなら安心!無期限保証対象品 ※初回導入本体に限る

パソコンの安定動作にはメモリーモジュールの品質が重要です。アイオーは品質への自信から「無期限保証」を実現!安心してお使いいただけます。

ご購入特典!ソフト無料ダウンロード

超高速仮想ハードディスク(RAMディスク)作成ソフト「RamPhantomEX LE」

RamPhantomEX LE

「RamPhantomEX LE」はメモリーの一部を利用して仮想ハードディスクドライブ(RAMディスク)を作成するソフトです。

RAMディスクは通常のハードディスクに比べデータ転送速度が圧倒的に高速!

例えばWebブラウザーのキャッシュや、ソフトウェアの一時ファイルの作成ドライブなどに割り当てることで、大容量のメモリーを活かし、快適にご利用いただけます。

「RamPhantomEX LE」の詳細・ダウンロード 商品版「RamPhantomEX」の紹介

通常の処理に比べRAMディスクだとメモリーで処理するので高速!

【特長】インターネットが速く、快適に

簡単設定

WebブラウザーのキャッシュをハードディスクからRAMディスクに変更することで、一度見たページを再訪問した場合など、高速に処理することができます。

また、インターネット閲覧の際にハードディスクへアクセスしないので、カリカリというようなアクセス音も発生しません。

なお Internet Explorer、Firefox、Google Chromeの場合はチェックを入れるだけで、簡単に設定できます。

※Windows 10非対応

【特長】セキュリティ対策にもなる

設定変更するだけ

たとえばUSBメモリーなどのデータのコピー先に、RAMディスクを一時保存先として指定した場合、パソコンの電源を切ることでコピーしたファイルも自動的に消去されます。パソコンに残したくない重要なデータの保護に役立ちます。

ハードディスクにデータをコピーした場合は、ファイルを削除しても復元ソフトなどで復元できる可能性がありますが、DRAMは揮発性メモリーのため、その特性上電源を切ることでファイルが完全に消去され、セキュリティ対策として活躍します。

※設定の変更が必要になります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】