ネットワークダビング対応ポータブルブルーレイドライブBRP-U6DM

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

BRP-U6DM

「BRP-U6DM」は、DTCP-IPによるネットワークダビングに対応したポータブルブルーレイドライブです。
テレビの内蔵・外付型ハードディスクやRECBOX(HVL-AVシリーズ)に録画した番組を、ホームネットワーク経由でブルーレイ・DVDメディアに保存することが可能!

「録りためた番組をブルーレイにダビングしたいけど、テレビにはブルーレイドライブが付いていない。」とお悩みの方にオススメです。

図:対応速度一覧

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
BRP-U6DM 4957180102634 ブラック   ¥16,800   詳細  2013/2/27生産終了  後継品BRP-UA6DM2
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

録画した番組をブルーレイに残せる!

DTCP-IPネットワークダビング対応

東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉、シャープ液晶テレビ「アクオス」(※1)、日立「Wooo」でUSBハードディスクなどに録画したテレビ番組を、ホームネットワーク(DTCP-IP)を介してブルーレイやDVDへダビング・ムーブをすることができます。
パソコンをお持ちなら、本製品を追加するだけでブルーレイ・DVDダビング環境が構築できるので、とても経済的です。

※1 「アクオス」からのDVDダビングには対応しておりません。
DTCP-IPネットワークダビング対応
●スカパープレミアムサービスのコンテンツのダビングにも対応!
RECBOXに録画したスカパープレミアムサービス(ハイビジョン)コンテンツのブルーレイディスクへのダビングにも対応。

※標準画質のコンテンツには対応しておりません。
※「スカパーダビング」(パナソニック製チューナー TZ-WR320Pからの直接ダビング)には対応しておりません。
スカパー!プレミアムサービスのコンテンツをダビング!
●ひかりTVチューナーで録画した番組のダビングにも対応!
ひかりTV対応ダブルチューナー「IS1050」の内蔵ハードディスクに保存した番組を、パソコンでブルーレイディスクに残すことができます。操作は、「IS1050」のリモコンを使ってテレビ画面から行うことができるので、とても簡単です。
ブルーレイディスクに保存すれば、パソコンでの再生はもちろん、PS3® などのブルーレイプレーヤーで再生して楽しむことができます。また、ブルーレイディスクなら高画質なハイビジョンコンテンツをHD画質(ハイビジョン)のまま保存することができます。

※「IS1050」のソフトウェアのアップデートが必要です。
※「IS1050」のハードディスクに番組をいったん録画する必要があります。ブルーレイディスクへの直接録画や、パソコンのハードディスクへの録画はできません。
※インターネット接続環境が必要です。
※HD画質の番組はブルーレイディスクへのみ書き出しできます。DVDへの書き出しはできません。

テレビのリモコンでかんたん操作!

添付の当社製専用アプリケーション「DTCP-IP Disc Recorder」をパソコンにインストールすることで、快適にダビング・ムーブをすることができます。
本製品にメディアをセットし、ホームネットワークで繋がった〈レグザ〉、「アクオス」、「Wooo」のリモコンから操作を行うことで書き込みたいデータをメディアにダビングできます。

※ネットワークダビングには、インターネット接続環境が必要です。
テレビのリモコンでかんたんダビング!

BDXLに対応!

BDXLをパソコンで再生できる!

BDXLにレコーダーで録画した番組を、パソコンで再生できます。ポータブルタイプなので、持ち運びにも便利です。
ハイビジョン映像の入ったBDXLをパソコンで観る!

BDXLなら100GBの大容量保存!

BDXLなら100GBの大容量保存が可能。デジカメのRAWデータなどの大容量ファイルもたっぷり保存できます。
BDXLなら1層BD-R4枚分!

迫力の3D映像をパソコンで鑑賞する

今映画館やテレビで話題を集めている3D映像。そんな大迫力の映像をパソコンでも観賞できます!
添付ソフト「WinDVD BD3D」を使って、3D映像コンテンツ「Blu-ray3D」の再生が可能。
ブルーレイの美しいハイビジョン映像に加えて、3Dの臨場感ある映像を自宅のパソコンで楽しめます。

※3D鑑賞には、NVIDIA® 3D Vision™対応のディスプレイや専用メガネなどが必要です。詳しくは、仕様ページをご確認ください。
3Dがパソコンで楽しめる!

2D映像も3D映像に変換して楽しめる!

DVDなどの2D映像もリアルタイムに3D映像に変換して再生可能!
今まで見てきた映像も3D映像として生まれ変わり、再び楽しむことができます。
2D映像も3D映像に変換!
※2D→3D変換再生機能は、BDAV、DVD-Video、DVD-VR、AVCHD、AVCRECのビデオフォーマットに対応しています。
※3D鑑賞には、NVIDIA® 3D Vision™対応のディスプレイや専用メガネなどが必要です。詳しくは、仕様ページをご確認ください。

ブルーレイ・DVDが再生できる

2D映像も高画質で楽しむ

「WinDVD BD3D」を使えば、DVDなどの標準画質の映像をハイビジョン画質並みの映像に変換するアップスケーリング再生に対応。
より美しい高画質映像を楽しめます。
2D映像も高画質で楽しむ
※アップスケーリング再生は、DVD-VR、DVD-Videoのビデオフォーマットに対応しています。
もちろん2Dのフルハイビジョン映像も再生可能。
作成したオリジナルブルーレイや、市販のブルーレイの映画ソフト、録画した地デジ番組をパソコンでお楽しみいただけます。
フルハイビジョンをトコトン楽しめる!

ビデオカメラで撮影した映像からオリジナルブルーレイが作れる

撮影したハイビジョン映像をきれいなままブルーレイに!

「AVCHD」「HDV」規格対応。作成したブルーレイディスクは、ブルーレイディスク再生に対応したレコーダーやプレーヤーを利用して大画面テレビでお楽しみいただけます。
リビングでみんなで観れる・楽しめる!

オリジナルメニューが作成できる「モーションメニュー」機能搭載

ビデオカメラで撮った映像やデジカメの写真データ、BGMを使って、オリジナルメニューを作成することができます。
オリジナルメニューのイメージ
「DVD MovieWriter7 BD version」のイメージ
クリックすると大きな画像が表示されます
「DVD MovieWriter7 BD version」は、目的別にソフトを起動できるので、迷わず誰でも快適にオリジナルディスク作成をお楽しみいただけます。
※「DVD MovieWriter7 BD version」は3層BD-R、4層BD-Rには対応しておりません。

バスパワー&確実給電!

本製品はパソコンとUSBケーブル1本で接続するだけで使えるバスパワー駆動に対応。ACアダプターを持ち運ぶ必要がなくどこでも手軽に使えます。
また、添付のACアダプターを使えば、電力供給の弱いパソコンでも安定動作で確実に給電が可能!データの書き込みや読み込み時でも安心してご利用いただけます。
バスパワー&確実給電のイメージ

機能性を備えたスタイリッシュボディ

ケーブル収納設計

ケーブル収納の図
USBケーブルをボディ背面にスッキリ収納できるので、持ち運びの際、ケーブルが邪魔になりません。

薄型ボディ

薄型ボディ
厚さわずか20mmの薄型ボディ。
薄くて軽量、さらにバスパワー対応だから、ノートPCとの持ち運びに最適!

こだわりのデザイン

丸みを帯びたボディとPowerランプがパソコン周りにアクセントを加えます。また、側面のくぼみは、本体のスリムさを際立たせるだけでなく、ケーブル収納機構も兼ねているため、見た目と便利さを両立します。
電源がONのときにパワーランプが青色に点灯

便利な機能

ドライブ管理ソフト「QuickDrive LE for DVD/CD」添付

QuickDrive LE for DVD/CD
クリックすると大きな画像が表示されます

・Windowsシャットダウン時のメディア取り出し忘れを防ぐ「オートイジェクト機能」
・メディアの種類が一目でわかる「メディアアイコン表示機能」
・ワンクリックでメディアをイジェクト「ワンクリックイジェクト機能」
・DVD映像の鑑賞時など特にドライブ回転の速さが必要ないときに、回転速度を落として消費電力を抑える「省電力モード」

「エコ番人」で、かしこく節電!

当社製の「液晶ディスプレイ」「ハードディスク」と合わせて、一括節電が可能になる、統合節電ユーティリティ「エコ番人」を無料ダウンロードにてご利用いただけます。

節電統合ユーティリティ「エコ番人」

盗難防止に役立つ「セキュリティフック」

ワイヤーフック
盗難防止ワイヤーを通すことができる、「セキュリティフック」を装備。固定用ワイヤーを通すことで、オフィスでの落下防止や盗難防止、イベントでの機材固定用にご活用いただけます。

 

3D関連特集ページ

周辺機器を買い足すだけで、パソコンで気軽に楽しめる3Dコンテンツ。観られる3Dコンテンツの種類から必要な機器、よくある質問まで3Dのことならここをチェック!
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】