Q&A

「ごみ箱機能」とはどのような機能ですか?


<内容>

ごみ箱機能を有効にした共有フォルダからファイルを削除すると、即座にファイ
ルがなくなるわけではなく、一旦[ごみ箱]フォルダに保管されるようになりま
す。

詳細は以下をご覧ください。


■ごみ箱機能を有効にする

1.本製品の設定画面を開きます。
2.[詳細メニュ-] - [共有フォルダ管理] - [共有フォルダ管理]を開きます。
3.新規共有フォルダの追加、または既存の共有フォルダの変更を行います。
4.[新規共有フォルダの追加]または[共有フォルダの設定変更]画面にて、一番
 下の[ゴミ箱機能]を[有効]に変更します。
5.[設定]をクリックします。

設定は以上です。


■注意点

・ごみ箱機能を有効にした後、有効にした共有フォルダ内でファイル、フォル
 ダを削除すると、ごみ箱フォルダがその時点で現れ、削除したファイルが中
 に入ります。

・ごみ箱機能は、Windowsからのみ利用できます。

・ごみ箱フォルダ内のファイルは自動的には消去されませんので、そのままに
 しておくと、本製品の空き領域が減っていく場合があります。定期的にごみ
 箱フォルダ内のファイルを削除されることをお勧めします。
 
・ごみ箱フォルダ内のファイルを削除すると、そのファイルはハードディスク
 から完全に消去されますので、削除する前によくご確認ください。

・ごみ箱機能は有効にした時点から動作しますので、それ以前に削除したファ
 イルはごみ箱フォルダには入りません。

・エクスプローラから[削除]したファイル以外に、アプリケーション等の動作
 によって本製品上のファイルが削除された場合も、ごみ箱に入ります(本製
 品は「削除されたこと」しか検知しません)。

・ごみ箱からファイルを取り出すには、ごみ箱フォルダ内の該当ファイルを
 選択し、通常のファイル操作と同様に[コピー]し、目的の場所に[貼り付け]
 てください。
Q&A番号 14043
このQ&Aの対象製品 HDL-GX160 HDL-GX250 HDL-GX300 HDL-GX400 HDL-GX500 HDL-GT1.0 HDL-GT2.0 HDL-GX160R HDL-GX250R HDL-GX320R HDL-GX400R HDL-GX500R HDL-GX750R HDL-GT1.6 HDL-GTR1.0 HDL-GTR2.0 HDL4-G1.0 HDL4-G2.0 HDL-GS250 HDL-GS320 HDL-GS500 HDL-GS1.0T HDL-GTR2U1.0 HDL-GTR2U2.0 HDL-GTR2U4.0 HDLP-G500 HDLP-G320 HDLP-G250 HDL-GS1.5L HDL-XR4.0 HDL-XR2.0 HDL-XR6.0 HDL-XR8.0 HDL-S1.0 HDLP-S500 HDL-S1.5 HDL-S500 HDL-XR1.0/2D HDL-XR2U4.0 HDL-XR2U6.0 HDL-XR2U2.0 HDL-XR2U8.0 HDL2-S2.0 HDL2-S3.0 HDL2-S4.0 HDL-S2.0 HDLP-S1.0 HDL-XV4.0 HDL-XV2.0 HDL-XV8.0 HDL-XV1.0/2D HDL-XV2.0/2D HDL2-A4.0 HDL2-A2.0 HDL2-A6.0 HDL2-AH2.0 HDL2-AH4.0 HDL2-AH6.0 HDL-A1.0 HDL-A2.0 HDL-AH1.0 HDL-AH2.0 HDL-AH3.0 HDL-A3.0 HDL-A2.0S HDL-A3.0S HDL-XR2U4.0W HDL-XR2U8.0W HDL-XR2U12TW HDL-XR2.0W/2D HDL-XR6.0W/2D HDL-XR4.0W/2D HDL-XR2.0W HDL-XR4.0W HDL-XR8.0W HDL-XR12TW HDL-XV2W/2D HDL-XV4W/2D HDL-XV6W/2D HDL-XV2W HDL-XV8W HDL-XV8W/2D HDL-XV12W HDL-XV16W HDL-XV4W HDL-XR2U16TW HDL-A3.0R HDL2-A2.0R HDL-A2.0R HDL2-A4.0R HDL2-A6.0R HDL-AH2.0W HDL-AH1.0W HDL-AH3.0W HDL2-AH2.0W HDL2-AH4.0W HDL2-AH6.0W

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】