Q&A

シリアルポートのサービスでBluetooth接続を行ったのですが、COMポート番号を変更するにはどうすればよいでしょうか。

<内容>
シリアルポートとしてBluetooth接続の際に、デフォルトのCOMポートを使用して接続を行った場合には「COM40」からの接続となります。
既にCOM40にて接続を行った場合のポート番号の変更は出来ませんが、以下の手順にて接続をしなおしていただけますようお願いいたします。

1.Bluetooth設定を起動して、[新しい接続]をクリックします。

2.新しい接続の追加ウィザードが表示されますので、「カスタムモード」を選択
  して[次へ]をクリックします。

3.Bluetooth機器の検出の後、「Bluetooth機器の選択」画面が表示されますので、
  接続を行うデバイスを選択して[次へ]をクリックします。

4.「サービスの選択」画面が表示されますので、サービスクラスが
  「シリアルポート」と表示されている項目を選択して[次へ]をクリックします。

5.「COMポートの選択」画面が表示されますので、「デフォルトのCOMポートを
  使用する」のチェックを外します。
   「デフォルトの設定を使用することを推奨します。
    デフォルト以外の設定を使用すると不具合が生じる可能性があります。」
  とメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

   COMポートの割り当てでCOMポート番号が選択可能な状態となりますので、
  使用したいCOMポート番号を選択します。
   ※プルダウンに表示されているCOMポート番号のみ使用可能です。
     別のCOMポート番号の使用をする場合には、<参考>の手順にてBluetooth仮想
     COMポートの追加を行ってから、上記手順を行って下さい。

6.「COMxの設定が完了しました。必要によりアプリケーションやドライバの設定
   を行ってください。」画面が表示されますので、[次へ]をクリックします。

7.「接続名称とアイコンを設定します。」画面が表示されますので[次へ]を
   クリックします。

8.「新しい接続の追加ウィザードの完了」画面が表示されますので、[完了]
   ボタンをクリックします。


---------
<参考>
  Bluetooth仮想COMポートを手動で作成するには、以下の手順で作成を行ってください。

1.「スタート」-「コントロールパネル」-「ハードウェアとサウンド」を
 開きます。

2.「Bluetooth Local COM」のアイコンをダブルクリックします。

3.「Bluetooth Local COM」の画面の[追加]ボタンをクリックします。

4.「COMポートの種類」を選択する画面が表示されますので、以下の
  いずれかにチェックを付けて、[次へ]ボタンをクリックします。

 ・クライアント側(送信側)のパソコンに本製品を設定している場合は
  
  →「クライアント用Bluetooth仮想COMポートの作成」にチェック
 
 ・サーバー側(受け側)のパソコンに本製品を設定している場合は

  →「サーバー用Bluetooth仮想COMポートの作成」にチェック

 
5.次の画面で作成したいCOM番号で、作成したいCOM番号を選び、
 [完了]ボタンをクリックします。

6.「TOSHIBA BT Port(COMx)」というポートが追加されます。
 (xには、数字が入ります)


以上の手順でBluetooth仮想COMポートを手動で作成する事ができます。
Q&A番号 15113
このQ&Aの対象製品 USB-BT20 USB-BT21

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】