Q&A

VPN(L2TP)設定例

■サーバー側設定

1.UD-LT1のIPアドレスを変更する(192.168.8.1/24 → 192.168.100.1/24)


2.UD-LT1がインターネットに接続できるように接続設定をする


3.「L2TPサーバー設定」を設定する
 L2TPサーバー:有効にする
 ローカルアドレス:192.168.100.1
 開始IP:192.168.100.2
 終了IP:192.168.100.12
 ユーザ名とパスワードを設定



■クライアント側設定

1.UD-LT1がインターネットに接続できるように接続設定をする


2.「VPDN設定」を設定する
 インターフェイス名:適当に設定する
 プロトコル:l2tp
 サービスアドレス:サーバー側のWAN側IPアドレス
 ユーザー名:L2TPサーバー設定で設定したユーザー名
 パスワード:L2TPサーバー設定で設定したパスワード

もし、サーバーがUD-LT1以外で接続ができなかった場合は、以下も設定する
 詳細設定
  圧縮制御プロトコル:有効
  エキスパートオプション:
   MPPE Stateless
   MPPE Required
 (エキスパートオプションの左側にある説明文から「MPPE Stateless」と「MPPE Required」をコピーする)


3.[転送設定]-[NAT]で下記設定を追加する
 切替タイプ:MASQ
 インターフェイス:vpdnXXXX


4.[転送設定]-[ルーティング]で下記設定を追加する
 ルートタイプ:ルーティング
 ネットワークアドレス:192.168.100.0/24 (サーバーのLAN側)
 ゲートウェイタイプ:インターフェイス
 ゲートウェイ:vpdnXXXX


以上で設定は完了です。


Q&A番号 30139
このQ&Aの対象製品 UD-LT1

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示