Q&A

「ハイパーターミナル」での応答確認方法について

<内容>

正常の動作しているかどうかを判断するため「ハイパーターミナル」にてAT
コマンドを実行し、応答があるかをご確認ください。
手順は以下のとおりとなります。

− 1 パソコンとモデム間の応答確認 −

1. パソコンにモデムを取り付け、取扱説明書の手順でインストールします。
2. [スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[通信]-[ハイパーターミナル]を
   起動します。
  ※WindowsXPの場合、[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[通信]
   -[ハイパーターミナル]を起動します。
3. Windows98の場合、「HYPERTRM.EXE」アイコンをダブルクリックします。
4.「新しい接続」画面が開きますので、適当な名前(例:TEST)を入力して
   [OK]ボタンを押します。
5 .続けて「電話番号」画面が開きますので、それぞれ、以下を設定して[OK]
  ボタンを押します。

    国番号  :日本
    市外局番:000
    電話番号:117    ← 仮に入力
    接続方法:I-O DATA USB-PDC2

6. 次に接続画面が開き、[ダイヤル]と[キャンセル]ボタンがありますので、
  「キャンセル」します。
7. 真っ白い画面になり、左上にカーソルが点滅している状態となりましたら、
   ATコマンドを入力して実行してみてください。

   【例】 AT     (ENTER)
          AT&F   (ENTER)
          AT&W   (ENTER)
       
  * はじめにキーを押した際、文字が表示されない場合がありますが、そのま
    ま続けてENTERキーまで押してみてください。
  ”OK”という文字が返ってくれば、パソコンとモデム間は応答できている
    という判断ができます。

− 2 モデムと電話機間の応答確認 −

パソコンとモデム間の応答確認で、すべて、OKが返ってくるようであれば、
以下のATコマンドを実行しダイヤルできるかどうかもご確認ください。
ご利用の電話機がドッチーモの場合で、PHS通信を試したい場合は、実行
するコマンドが異なります。

◎携帯電話の場合
   ATDxxxxxxxxxx#96 (ENTER)

     * xxxxxxxxxxの部分にはPDC(携帯電話対応)対応のプロバイダの
        アクセスポイント番号を入力してください。
       ( もし、発信を試せるようなアクセスポイントがないようで
          あれば、当社接続テスト用アクセスポイント 0762603368 
          を当てはめて発信をお試しください。)


◎パケット通信の場合
     ATDxxxxxxxxxx#28

     * xxxxxxxxxxの部分には、パケット通信対応のアクセスポイント
        番号を入力してください


◎ドッチーモのPHSの場合
    ATDxxxxxxxxxx#64 (ENTER)
  
     * xxxxxxxxxxの部分にはPIFAS対応のプロバイダのアクセスポイント
    番号を入力してください。
   * 電話機のモードは自動(デュアル)モードにしてください。
    PHS固定に設定されている場合、追加設定に AT#Z2 を追記して
    使用して利用する必要があります。 

実行後、しばらくして「CONNECT」という文字が表示されてくれば、通信が
確立しています。
「NO CARRIER」等他の文字が表示されますと通信が確立できていないという
ことになります。

 →  ドッチーモのPHSで実行し、NO CARRIER となった場合は、電話番号
     の末尾を 「#32」にかえてダイヤルをお試しください。

       例 ATDxxxxxxxxxx#32 (ENTER)

     #32 を付加しないとCONNECTにならない場合、ご使用の接続先が
     混み合っているかご使用のエリアがPIAFS1.0まで対応の可能性が高い
   です。
     番号の末尾に #32 を付加して、ご利用ください。


以上にて、発信、接続の動作ができるかどうかご確認ください。
Q&A番号 9571
このQ&Aの対象製品 USB-PDC2 USB-PDC2R

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】