検索

検索結果

トップページ

画面で見るマニュアル

USBメモリー

ご注意

・ お買い上げ時のレシート・納品書などは大切に保管してください。ご購入年月日の証明になります。

・ 本製品へ保存されたデータが消失、破損したことによる被害については、弊社はいかなる責任も負いかねます。あらかじめご了承ください。

・ 本製品のデータの回復作業はお受けしておりません。大切なデータは、他のメディア(BD・DVD やハードディスクなど)へ定期的にバックアップしてください。

・ 製品仕様、動作環境については、弊社ホームページをご確認ください。

全ページをプリント全ページをプリント
「全ページをプリント」は、PCのみでお使い頂ける機能です。

接続する

ご注意

・ 本体を挿し込む際は、まっすぐ挿し込んでください。

・ 接続中は、USB メモリー本体やケーブルをねじるなど大きな力を加えないでください。コネクター部分が曲がり、故障の原因になります。

  1. パソコンの電源を入れ、本製品をパソコンのUSBポートに挿し込む

  2. パソコンに自動的に認識されます

    ※ 初回接続時は、認識されるまでに時間がかかる場合があります。

    ※ 画面左下の[Windowsマーク]→[エクスプローラー]→左側メニューの[PC]の順にクリックすると、以下の画面が表示されます。



    トースト通知が表示されたら

    ① 通知をクリック

    ② [フォルダーを開いてファイルを表示]をクリックすると、本製品のフォルダーが表示されます。

    macOSの場合

    デスクトップ上にアイコンが表示されます。

    ※環境により、表示される名前が異なる場合があります。

    本製品のアイコンが表示されない場合

    【よくあるトラブルを確認する】をご確認ください。

本製品へアクセスする

Windows 10/8の場合


Windows 7の場合

Windows 10/8の場合

  1. 画面左下の[Windowsマーク]→[エクスプローラー]アイコンをクリック

  2. [USBドライブ](リムーバブルディスク)をクリック

Windows 7の場合

  1. [スタートボタン]をクリックし、[コンピューター]をクリック

  2. [USBドライブ](リムーバブルディスク)をダブルクリック

ファイルをコピーする

ドラッグアンドドロップする(Windows/macOS)


コピー→貼り付けする(Windows)


コピー→貼り付けする(macOS)

ドラッグアンドドロップする(Windows/macOS)

ドラッグアンドドロップは、アイコンをクリックして(つかむ)、クリックしたままで動かし離す操作です。

  1. コピーするファイルが保存されているフォルダーを開く

  2. 上記1で作成したフォルダーを残したまま、別のウィンドウで、コピー先のフォルダーを開く

  3. ファイルをドラッグアンドドロップする

コピー→貼り付けする(Windows)

  1. コピーするファイルが保存されているフォルダーを開く

  2. コピーするファイルを右クリックし、[コピー]をクリック

  3. コピー先のフォルダーを開く

  4. 何もないところを右クリックし、[貼り付け]をクリックする

コピー→貼り付けする(macOS)

  1. コピーするファイルが保存されているフォルダーを開き、ファイルをクリック

  2. メニューから、[編集]→["(ファイル名)"をコピー]をクリック

  3. コピー先のフォルダーを開く

  4. メニューから、[編集]→[項目をペースト]をクリック

取り外す

パソコン起動中は、以下の手順で取り外してください。

※パソコンの電源をオフにしてから取り外すときは、以下の手順は不要です。

ご注意:データの読み書き中は、本製品を取り外さない

データの消失や本製品の故障の原因になります。

  1. 通知領域の取り外しアイコン[]をクリックし、本製品の表示をクリックする

  2. メッセージを確認する

  3. 本製品を取り外す

macOSの場合

アイコンをゴミ箱にドラッグアンドドロップした後、本製品を取り外す

デバイスを取り外しできないメッセージが表示された場合

USBメモリー内のファイルを開いているときやフォルダーを表示しているときは、USBメモリーを取り外せません。開いているファイルやフォルダーを閉じてから再度お試しください。

参考:暗号化ソフトでファイルを暗号化する

「QuickSecureAES256」は、ファイルを暗号化/復元できるセキュリティソフトウェアです。
事前にファイルを暗号化しておけば、安全にデータを持ち運ぶことができ、万一の紛失や盗難時にもデータを読み取られないよう対策できます。
※ macOS、Android スマートフォン/タブレットではご利用いただけません。


対応OS(日本語版)

弊社Web ページでご確認ください。
http://www.iodata.jp/ssp/soft/security/quicksecureaes256.htm

ダウンロード

弊社Web ページからダウンロードしてご利用ください。
http://www.iodata.jp/r/5451

※ 使用方法は「QuickSecureAES256」の画面で見るマニュアルをご確認ください。

接続する

Android 用USB 変換ケーブル「USB-OTG10」を使うと、本製品をAndroid スマートフォン・タブレットでご利用いただけます。
※ スマートフォンなどによっては、本製品に電源を供給できず、使えない場合があります。
ご利用のスマートフォンに電源供給の制限がないかご確認ください。
※ USBホスト機能を持つスマートフォン/タブレットでのみご利用いただけます。USBホスト機能の有無は、スマートフォン、タブレットの取扱説明書、またはメーカーへご確認ください。
▼「USB-OTG10」について
http://www.iodata.jp/product/accessory/cable/usb-otg10/
※別途ご購入が必要です。

ご注意

・ 本体を挿し込む際は、まっすぐ挿し込んでください。

・ 接続中は、USB メモリー本体やケーブルをねじるなど大きな力を加えないでください。コネクター部分が曲がり、故障の原因になります。

  1. スマートフォンなどの電源を入れる

  2. ① USB-OTG10 をスマートフォンのUSB(microB)ポートに挿し込む

    ② 本製品をUSB-OTG10 に挿し込む

  3. スマートフォンなどで自動的に認識される

    ※ 機種により、本製品が自動で認識されない場合があります。
    USBの検出が必要な場合:[アプリ]-[設定]-[機器接続]-[USB接続設定]-[USB機器を検出]の順にタップする。

    ※ スマートフォンなどのバッテリーが少ない場合、認識されないことがあります。

「FAT32」(出荷時)のフォーマット形式のみ、Andoroid で認識できます

本製品をパソコンなどで「exFAT」や「NTFS」にフォーマットした場合、Android では認識されません。パソコンなどで「FAT32」に再フォーマットしてください。

※ 本製品の容量が64GB以上の場合、Windows 標準の方法では「FAT32」にフォーマットできません。弊社製ソフトウェア「USBメモリーフォーマッター」を使ってフォーマットしてください。

ファイルをコピーする

ご利用のスマートフォンなどのファイル管理アプリで本製品にアクセスし、ファイルを読み書きしてください。
以下の機種を例として、USBメモリー内のファイルをスマートフォンにコピーする方法を説明します。

Xperiaの場合


AQUOSの場合


Galaxyの場合

Xperiaの場合

Xperia X Performance(Android 7.0)での画面例です。

  1. 設定アプリ[]をタップ

  2. [ストレージとメモリ]をタップ

  3. [タップして詳細を表示]をタップ

  4. 外部ストレージの[I-O DATA製USBドライブ]をタップ

    本製品が認識されない場合

    機種により、本製品が自動で認識されない場合があります。[アプリ]-[設定]-[機器接続]-[USB接続設定]-[USB機器を検出]の順にタップしてください。

  5. コピーするファイル(フォルダー)を長押しで選び、右上の[]をタップ
    ※ファイルは複数選べます。

  6. [コピー]をタップ

  7. [SO-04H]をタップ

  8. コピーする場所を選び、[コピー]をタップ

スマートフォンから本製品にコピーする場合

上記手順と同様に、[内部ストレージ]等からスマートフォン内のファイルを選択し、本製品にコピーできます。

AQUOSの場合

AQUOS ZETA(Android 7.0)での画面例です。

  1. 設定アプリ[]をタップ

  2. [ストレージ]をタップ

  3. 外部ストレージの[USBドライブ]をタップ

  4. コピーするファイルを長押しで選び、右上の[]をタップ
    ※ファイルは複数選べます。
    ※フォルダーはコピーできません。

  5. [・・・]をタップし、[コピー]をタップ

  6. [ダウンロード]をタップ
    ※スマホ内の[ダウンロード]フォルダーにだけコピーできます。

  7. [コピー]をタップ

スマートフォンから本製品にコピーする場合

上記手順と同様に、[内部ストレージ]等からスマートフォン内のファイルを選択し、本製品にコピーできます。

Galaxyの場合

Galaxy S8+(Android 7.0)での画面例です。

  1. [マイファイル]アプリ[]をタップ

  2. [USB storage xxxx-xxxx]をタップ

  3. コピーするファイル(フォルダー)を長押しで選び、右上の[]をタップ
    ※ファイルは複数選べます。

  4. [コピー]をタップ

  5. [内部ストレージ]をタップ

  6. コピーする場所を選び、[完了]をタップ

スマートフォンから本製品にコピーする場合

上記手順と同様に、[内部ストレージ]等からスマートフォン内のファイルを選択し、本製品にコピーできます。

スマートフォンで本製品が認識されない場合

【よくあるトラブルを確認する】をご確認ください。

取り外す

以下は手順例です。
※ 手順や文言は機種により異なります。ご利用のスマートフォンなどの取扱説明書をご確認ください。

ご注意:データの読み書き中は、本製品を取り外さない

データの消失や本製品の故障の原因になります。

  1. ファイル管理アプリを終了する

  2. 例①:[設定]-[ストレージ(とメモリ)]の順にタップし、USB ストレージのマウント解除アイコン[]をタップ


    例②:[設定]-[ストレージ(とメモリ)]-[USB ストレージのマウント解除](アイコン)の順にタップ

    例③:通知バーを下にスワイプ→[USBドライブ]の表示を下にスワイプ→[認識を解除]をタップ

  3. 本製品を取り外す

よくあるトラブルを確認する

Windowsで使用中に、本製品のアイコンが表示されない


macOSで使用中に、本製品のアイコンが表示されない


Android スマートフォン/タブレットで使用中に、本製品が認識されない


Android スマートフォン/タブレットにデータを保存しようとするとエラーになる

Windowsで使用中に、本製品のアイコンが表示されない

・本製品をパソコンから取り外し、別のUSB ポートに接続してください。
・[デバイスマネージャー]を開き、本製品のアイコンの状態を確認してください。
▼ [ユニバーサル シリアル バスコントローラー]または[ほかのデバイス]で、 [!USB 大容量記憶装置]と表示されている場合:
1)[デバイスマネージャー]を開いたまま、本製品を取り外し、[!USB 大容量記憶装置]などの表示が消えるか確認する
⇒表示が消えた場合は、本製品が誤認識されています。
2)再度本製品をパソコンに挿し込み、[!USB 大容量記憶装置]などの表示を右クリックし、[削除]をクリックする
3)いったんパソコンから本製品を抜き、挿し直す
4)[コンピューター]に[USBドライブ](リムーバブルディスク)アイコンが追加されていることを確認する
▼ アイコンが表示されてない場合
本製品を他のパソコンにつないでみてください。

デバイスマネージャーの開き方

▼ Windows 10/8の場合:
画面左下を右クリックし、[デバイスマネージャー]をクリック

▼ Windows 7の場合:
[スタート]→[コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド]→[デバイスマネージャー]の順にクリック

macOSで使用中に、本製品のアイコンが表示されない

Finder の環境設定を確認してください。


  1. [Finder]→[環境設定]をクリック

  2. [外部ディスク]にチェック

Android スマートフォン/タブレットで使用中に、本製品が認識されない

・「FAT32」(出荷時)のフォーマット形式のみ、Andoroid で認識できます。
本製品をパソコンなどで「exFAT」や「NTFS」にフォーマットした場合、Android では認識されません。
パソコンなどで「FAT32」に再フォーマットしてください。
※ 本製品の容量が64GB 以上の場合、Windows 標準の方法では「FAT32」にフォーマットできません。
弊社製ソフトウェア「USBメモリーフォーマッター」を使ってフォーマットしてください。
・ 機種により、本製品が自動で認識されない場合があります。
USBの検出が必要な場合:[アプリ]-[設定]-[機器接続]-[USB接続設定]-[USB機器を検出]の順にタップしてください。
・ USBホスト機能を持つスマートフォン/タブレットでのみご利用いただけます。USBホスト機能の有無は、スマートフォン、タブレット端末の取扱説明書、またはメーカーへご確認ください。

Android スマートフォン/タブレットにデータを保存しようとするとエラーになる

保存先のフォルダーにはデータを保存できない可能性があります。詳細はスマートフォン、タブレットのメーカーへご確認ください。

安全のために

お使いになる方への危害、財産への損害を未然に防ぎ、安全に正しくお使いいただくための注意事項を記載しています。ご使用の際には、必ず記載事項をお守りください。

▼警告および注意事項

この表示の注意事項を守らないと、死亡または重傷を負うことがあります。
この表示の注意事項を守らないと、けがをしたり周辺の物品に損害を与えたりすることがあります。


▼絵記号の意味

禁止
指示を守る
本製品を修理・改造・分解しない

火災や感電、破裂、やけど、動作不良の原因になります。

本製品をぬらしたり、水気の多い場所で使わない

水や洗剤などが本製品にかかると、隙間から浸み込み、火災・感電の原因になります。
・お風呂場、雨天、降雪中、海岸、水辺でのご使用は、特にご注意ください。
・水の入ったもの(コップ、花びんなど)を上に置かないでください。
・万一、本製品がぬれてしまった場合は、絶対に使用しないでください。

本製品を乳幼児の手の届くところに置かない

火災や感電、破裂、やけど、動作不良の原因になります。

煙がでたり、変なにおいや音がしたら、すぐに使うのを止める

そのまま使うと火災・感電の原因になります。

故障や異常のまま、つながない

本製品に故障や異常がある場合は、必ずつないでいる機器から取り外してください。そのまま使うと、火災・感電・故障の原因になります。

接続するコネクターを間違えないようにする

接続するコネクターを間違えると、コネクターから発煙したり火災の原因になります。

本製品を踏まない

破損し、けがの原因になります。特に、小さなお子様にはご注意ください。

使用上のご注意

【データ保護について】
本製品は精密機器です。突然の故障等の理由によってデータが消失する場合があります。万一に備え、本製品内に保存された重要なデータについては、必ず定期的に「バックアップ」をおこなってください。
本製品または接続製品の保存データの毀損・消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。また、弊社が記録内容の修復・復元・複製などをすることもできません。
なお、何らかの原因で本製品にデータ保存ができなかった場合、いかなる理由であっても弊社は一切その責任を負いかねます。

バックアップとは

本製品に保存されたデータを守るために、別の記憶媒体(HDD・BD・DVD など) にデータの複製を作成することです。(データを移動させることは「バックアップ」ではありません。同じデータが2か所にあることを「バックアップ」と言います)
万一、故障や人為的なミスなどで、一方のデータが失われても、残った方のデータを使えますので安心です。不測の事態に備えるために、必ずバックアップをおこなってください。

・ 本製品の読み書き中は、接続中の機器から本製品を取り外さないでください。また、接続中に機器の電源をオフにしたり、リセットしないでください。故障、データ破壊の原因になります。
・ OS 起動後に本製品をご利用の機器などに挿してください。本製品を機器に挿したまま機器を起動した場合、OS が起動しなかったり、本製品が正常に認識されない場合があります。
・ 本体内部に液体、金属、たばこの煙などの異物が入らないようにしてください。
・ 本製品のコネクター部分や部品面には直接手を触れないでください。静電気が流れ、部品が破壊されるおそれがあります。また、静電気は衣服や人体からも発生するため、本製品の取り付け・取り外しは、スチールキャビネットなどの金属製のものに触れて、静電気を逃がした後でおこなってください。
・ 本製品はあらかじめFAT32 形式でフォーマット済みのため、通常フォーマット(初期化)する必要はなく、そのままでお使いいただけます。
・ USB ポートに挿しても、まれに認識しない場合があります。その場合は、いったん抜いてから挿し直してください。
・ フラッシュメモリーの特性から、1 日に頻繁にデータ書換えをおこなう用途や、長期間のデータ保管を伴う用途、高い信頼性を要求される分野への使用には向きません。
・ USB ハブに本製品を接続する場合、ご利用の環境によっては正常に動作しない場合があります。その場合は、パソコン本体のUSB ポートに直接挿し込んでください。
・ 電力不足となるため、USB インターフェイスを装備したキーボードに本製品を接続してお使いいただけない場合があります。その場合は、パソコン本体のUSB ポートに直接挿し込んでください。
・ パソコン本体のUSB ポートに本製品を接続する際、取り扱いが不便な場合は、USB延長ケーブルをご利用いただければ、手元で本製品を抜き挿しすることができます。その場合、別途市販のUSB 延長ケーブル(A プラグ(オス)⇔ A プラグ(メス))をご用意ください。なお、本製品をUSB 3.0でお使いいただく場合は、USB 3.0に対応したUSB 延長ケーブルをご用意ください。
・ 本製品は、サスペンド・スタンバイ・スリープなどの省電力モードには対応しておりません。
・ 容量に空きがあるのにファイルを保存できない場合があります。その場合はフォルダーを作成してフォルダー内にファイルを保存してください。
・ 本製品はUSB 3.0に対応したUSB ポートに接続することで性能を発揮できます。USB 2.0のUSB ポートに接続した場合は、USB 2.0対応のUSB メモリーとして動作し、本製品の性能を最大限発揮することができませんのでご注意ください。

アフターサービス

お問い合わせ方法


交換を依頼する方法



重要

本製品の修理対応、電話やメール等によるサポート対応、ソフトウェアのアップデート対応、本製品がサーバー等のサービスを利用する場合、そのサービスについては、弊社が本製品の生産を完了してから5年間を目途に終了とさせていただきます。ただし状況により、5年以前に各対応を終了する場合があります。

個人情報の取り扱いについて

個人情報は、株式会社アイ・オー・データ機器のプライバシーポリシー(http://www.iodata.jp/privacy.htm)に基づき、適切な管理と運用をおこないます。

お問い合わせ方法

お問い合わせいただく前に、以下をご確認ください

・ 本マニュアルの【困ったときには】を参照
・ 弊社サポートページのQ&Aを参照。
http://www.iodata.jp/support/
それでも解決できない場合は、サポートセンターへ
電話:050-3116-3021
※ 受付時間 9:00~17:00 月~金曜日(祝祭日を除く)

FAX:076-260-3360

インターネット:http://www.iodata.jp/support/

<ご用意いただく情報>
製品情報(製品名、シリアル番号など)、パソコンや接続機器の情報(型番、OSなど)

交換を依頼する方法

本製品が正常に動かなくなった場合は、
以下を梱包し、修理センターへお送りください

※メモの代わりにWeb掲載の修理依頼書を印刷すると便利です。
〒920-8513 石川県金沢市桜田町2丁目84番地
株式会社 アイ・オー・データ機器 修理センター 宛

※厳重に梱包してください。弊社到着までに破損した場合、有料修理となる場合があります。
※紛失をさけるため宅配便でお送りください。
※送料は、発送時はお客様ご負担、返送時は弊社負担です。
【見積無料】有料修理となる場合は、先に見積をご連絡します。金額のご了承をいただいてから、修理いたします。
【データ】内部にデータがある場合、厳密な検査のため、内部データは消去されます。何卒、ご了承ください。バックアップ可能な場合は、お送りいただく前にバックアップしてください。弊社修理センターではデータの修復はおこなっておりません。
【シール】お客様が貼られたシールなどは、修理時に失われる場合があります。
【保証内容】ハードウェア保証規定をご確認ください。
【控え】製品名とシリアル番号(S/N)はお手元に控えておいてください。
【修理について詳しくは】以下のURLをご覧ください(修理依頼書はここから印刷できます)。
http://www.iodata.jp/support/after/

本製品を破棄する際のご注意

・ 本製品に記録されたデータは、パソコンにて削除したり、フォーマットするなどの作業をおこなったりしただけでは、特殊なソフトウェアを利用することで、データを復元・再利用できてしまう場合があります。
その結果として情報が漏えいしてしまう可能性があります。情報漏えいなどのトラブルを回避するために、データ消去のためのソフトウェアやサービスをご利用いただくことをおすすめします。

データ消去ソフトのご案内

弊社製ソフトウェア「DiskRefresher3 シリーズ」(別売)を使えば、本製品内のデータを完全に消去し、復旧できないようにできます。
詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

・ 本製品を廃棄する際は、地方自治体の条例にしたがってください。

[商標について]
記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

ソフトウェアライセンス情報

●本ヘルプで使用しているソフトウェアライセンス情報
------------------------
jquery.min.js
------------------------
jQuery v1.10.2 | (c) 2005, 2013 jQuery Foundation, Inc. | jquery.org/
license
@ sourceMappingURL=jquery.min.map

------------------------
jquery.cookie.js
------------------------
jQuery Cookie Plugin v1.4.1
https://github.com/carhartl/jquery-cookie

Copyright 2006, 2014 Klaus Hartl
Released under the MIT license

------------------------
jquery.easing.1.3.js
------------------------
jQuery Easing v1.3 - http://gsgd.co.uk/sandbox/jquery/easing/

Uses the built in easing capabilities added In jQuery 1.1
to offer multiple easing options

TERMS OF USE - jQuery Easing

Open source under the BSD License.

Copyright c 2008 George McGinley Smith
All rights reserved.

------------------------
jquery.lazyload.js
------------------------
Lazy Load - jQuery plugin for lazy loading images
Copyright (c) 2007-2015 Mika Tuupola

Licensed under the MIT license:
http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php

Project home:
http://www.appelsiini.net/projects/lazyload

Version: 1.9.5

------------------------
jquery.hashchange.min.js
------------------------
jQuery hashchange event, v1.4, 2013-11-29
https://github.com/georgekosmidis/jquery-hashchange
------------------------

------------------------
lity.js
------------------------
Copyright (c) 2015-2016 Jan Sorgalla

Permission is hereby granted, free of charge, to any person
obtaining a copy of this software and associated documentation
files (the "Software"), to deal in the Software without
restriction, including without limitation the rights to use,
copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the
Software is furnished to do so, subject to the following
conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be
included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES
OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND
NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT
HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY,
WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING
FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR
OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

------------------------
moji.js
------------------------
Copyright (c) 2015 niwaringo

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all
copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE
SOFTWARE.

本マニュアルのご利用について

● Google アナリティクスを利用した計測について

本マニュアルではサービス向上のため、Google アナリティクス を使用しております。
これによって、データ収集のためにGoogleがお使いのWebブラウザーにcookie を設定したり、既存のcookie を読み取ったりする場合があります。
また、本マニュアルをご利用中のWebブラウザーは、Googleに特定の非個人情報(IPアドレスやアクセスしたウェブページのアドレスなど)を自動的に送信します。
弊社はそれらの情報を、マニュアル利用状況の把握やユーザー体験の改善といった用途で利用いたします。
利用者は、本マニュアルを利用することで、上記方法および目的においてGoogleと弊社がおこなう、こうしたデータ処理に対して許可を与えたものとみなします。

※ なお「cookie」は、お客様がWebブラウザーを設定することで拒否できる場合があります。
その場合、本マニュアルの機能が一部利用できなくなるおそれがあります。
設定方法については、Webブラウザーのヘルプなどをご覧ください。

05版 © I-O DATA DEVICE, INC.
ページトップ
戻る
ホーム