Windows Server 2003サポート終了対策|サポート終了とは?使い続けるリスクと対策をご紹介

2015年7月15日でWindows Server 2003のサポートが終了します!

4月9日のWindows XPのサポート終了。実はサポート終了の問題は、これだけにとどまらないのをご存知でしょうか? 今度は多くの企業で活用されているWindows Server 2003が、2015年7月15日にサポート終了を迎えます。サーバー機は入れ替えに長期的な計画が必要なため、「Windows XPが終わったから」と安心せず、今度は早い時期からシステム移行の検討をすすめてみませんか?

Windows Server 2003はいまだに多くの企業で利用されています

社内でデータ共有するのに便利なファイルサーバー。しかし古いサーバーのOSは注意が必要です。2012年下半期に実施された調査によると、約3割のサーバーにWindows Server 2003が使用されており、このまま使い続けることは大きなセキュリティリスクを伴います。これを機会に御社のサーバーOSのバージョンを確認してみてはいかがでしょうか?

  • 国内の×86サーバー稼働台数OS別シェア(2012年下半期)
  • 円グラフ
  • 御社でも古いファイルサーバーを使っていませんか?

サポート終了後もWindows Server 2003を使い続けることは非常に危険です

サポートが切れたOSや老朽化したサーバーを使い続けることは、企業に甚大な影響を与えるリスクがあります。またファイルサーバーは社内のネットワークにつながっているため、その影響範囲は会社全体に及ぶ上、ウイルスの感染やデータの消失により、取引先やお客様にも影響を与える可能性があります。

  • ハードウェアが老朽化して突然の故障
  • ウイルスに感染して重要なデータを消失
  • ウイルスに感染してデータを第三者に漏洩

サーバーはネットワークにつないで運用されるため会社全体に甚大な影響を与えます!

5年以上前のファイルサーバーを利用されている企業様へ

Windows Storage Server 2012 R2搭載 LAN DISK Z への買い替えをご提案いたします

これからファイルサーバーを買い替えるのなら、ファイルサーバー専用OSの最新版「Windows Storage Server 2012 R2」を搭載したLAN DISK Zがおすすめです。LAN DISK Zはファイルサーバーとして必要な機能を、お求めやすい価格で購入することができるNASです。

NASとはNetwork Attached Storageの略でLAN(ネットワーク)で接続するハードディスクです。ネットワーク内のユーザで共有して使うことができます。

ラインアップはこちら

最新ファイルサーバー用OS Windows Storage Server 2012 R2はココが凄い!

CALが不要で運用コストを削減できる

WindowsサーバーOSではアクセスするユーザーやクライアント端末の数のCAL(クライアント・アクセス・ライセンス)が必要で、サーバーOSのバージョンごとに50クライアントで20万以上の予算がかかっていました。ファイルサーバー専用OSならCALがいらないので、低コストで入れ替え導入が可能です。

ファイルサーバー専用OSならCALが不要

ファイル転送がスピードアップする「SMB 3.0」対応

最新のファイル転送プロトコル「SMB 3.0」に対応。古いSMB 1.0しか対応していないWindows Server 2003やWindows XPとのファイル転送スピードに比べ、Windows 7 や 8.1と組み合わせることで抜群のパフォーマンスを発揮します。さらにネットワーク帯域制限や負荷分散にも対応しました。

ファイル転送がスピートアップ!

1,000名を超える大規模なActive Directoryでも運用できる

Active Directoryサーバーに登録されているユーザー情報を利用してアクセス権限を細かく設定できます。新たにユーザー情報を設定する必要がないため、管理負荷を軽減することができます。

1000人でも大丈夫

高い信頼性と豊富な機能

充実したRAID機能だけでなく、高い耐障害性を実現する豊富な機能を提供。管理者の負担を低減しながら重要なデータを安心して管理できます。

レプリケーションに対応

大容量データのバックアップにも対応大容量でも大丈夫強化されたWindowsサーバーバックアップ機能により、最大16TBまでデータをバックアップすることができるようになりました。

Windows Serverと同じウイルス対策が利用できるウイルスを排除すでに導入されているWindowsサーバーと同じセキュリティポリシーにすることで、低コストでウイルス対策ソフトを導入できます。

重複データを削除して保存できる領域を広げられる容量を節約重複するデータを削除して容量を節約することができます。※ 同じようなテンプレートを含んだ文書や同一のページを含んだ文書が保存されている場合、ディスクを効率的に利用できます。

Windows Storage Server 2012 R2詳細ページへ

お客様のさまざまなニーズに対応すべく、さまざまなモデルをご用意しています!Windows Storage Server 2012 R2搭載NASラインアップ

  • 省スペース
  • 省電力
  • 簡単HDD交換

・安心の3年保証・NarSus登録で安心管理・トータル保守のISS加入でさらに安心

Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup Edition 同時アクセス50名まで

Windows Storage Server 2012 R2 Standard Edition 接続数無限

Windows Storage Server 2012 R2搭載NAS一覧

クラウド上でNASの状態を確認できる「NarSuS」
導入から運用までしっかりサポート「アイオー・セーフティ・サービス(ISS)」

関連情報

Windows Server 2003のサポート終了に向けてファイルサーバー機能に特化したNASを導入するメリットを解説しています。
Windows Server 2003をファイルサーバーとして利用している方は本商品への簡単ツールを使ったお引っ越しがおススメです。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】