グリーン購入法って?

グリーン購入法

2000年5月24日に成立し、2001年4月1日から施行された法律で、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」が正式名称です。国の機関や都道府県・市区町村などの地方公共団体、事業者、国民、製造メーカーのそれぞれが、グリーン購入を推進・義務づけることで、持続的発展が可能な社会の構築をめざすものです。

環境省のホームページ

グリーン購入法の基準

アイオーデータの商品ラインアップでグリーン購入法(2011年4月以降適用)の基準に該当する商品分類は以下となります。

ハードディスク(磁気ディスク装置)

HDD(磁気ディスク装置)

【判断の基準】
エネルギー消費効率が表に示された区分ごとの算定式を用いて算出した基準エネルギー消費効率を上回らないこと。

液晶ディスプレイ(地デジチューナー搭載液晶を除く)

液晶ディスプレイ

【判断の基準】
①、表に示された基準を満たすこと。
②、動作が再開されたとき、自動的に使用可能な状態に戻ること。
③、特定の化学物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE)は、含有率基準値を超えないこと。また、当該化学物質の含有情報がウエブサイト等で容易に確認できること。

グリーン購入法適合商品

アイオーデータではカタログやWebで商品を紹介する際、グリーン購入法に適合している商品には「GマークGマーク」をつけています。
このマークの付いた商品は「グリーン購入法」に定められた、エネルギー消費効率の基準をクリアした証となっています。


Gマーク


アイオーデータのグリーン購入法に適合している商品を下記よりご覧頂けます。

ハードディスク 液晶ディスプレイ

※エネルギー消費効率・エネルギー消費電力は各商品ページ「仕様」欄に記載されています。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】