新商品情報 2010年

2010年04月01日 10-NR060

在席、不在を感知して賢くPCを節電する人感センサー
Windows 7 SensorAPI準拠ユニット「WinSensor」

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWWindows 7 SensorAPI準拠ユニット「WinSensor」SENSOR-HM/ECO

型番 JANコード 出荷予定 価格
SENSOR-HM/ECO 4957180085739 受注生産 オープン価格

SENSOR-HM/ECOはWindows 7のSensorAPIに準拠した人感センサーです。Windows 7搭載PCに接続することで、センサー機能を利用することが可能となります。
デスクに設置すればセンサーにより、在席時には省電力制御モードOFF、不在時には省電力モードに移行して自動的に電源の管理を行うことができます。本センサーユニットを使うことで、賢く、手軽に節電を行うことができます。

ディスプレイやPCを人感センサーで省電力制御

Windows 7のSensorAPIに対応した人感センサーが在席か不在かを判断し、ディスプレイやPCを省電力制御することができます。
※:スクリーンセーバーの設定やPCメーカー独自の省電力制御アプリケーションとの組み合わせによっては正常動作しない場合があります。

ディスプレイやPCを人感センサーで省電力制御

導入時の効果シミュレーション

打合せや休憩、ちょっとした離席など、1日の間でディスプレイやPCを使っていない時間を合計すると、意外と長い時間になるもの。
特にキーボードやマウス操作を省電力モードON/OFFにすることが不向きな職種、例えば電話対応の多い営業マン、ディスプレイを見ながら、企画・検討する時間を多く持つ方などは、OSの省電力制御を外している場合が見られます。本製品はそういった職種の方々に特におすすめです。

以下の条件で「SENSOR-HM/ECO」を使った場合と使わない場合でどれだけの違いがあるのか確認をしてみると、1年でオフィスの端末1台につき1,022円の節電効果を見ることができました。
測定条件、詳細について

1年でオフィスの端末1台につき約20%の節電効果!

省電力状態の時間が分かる!専用ユーティリティ

省電力状態の時間が分かる!専用ユーティリティ

どれだけの時間モニターとPCを節電できたかが分かるユーティリティソフトをダウンロード可能。
1日あたり、どれだけ節電できたかを確認できるので、効果を実感できます。

コンパクトボディでちょっとしたスペースに設置可能!

コンパクトボディでちょっとしたスペースに設置可能!

コンパクトなのでデスクのちょっとしたスペースにも簡単に設置可能。

SensorAPI対応プログラムの作成も可能!

Windows 7のSensorAPIに準拠したサンプルアプリケーションコードを添付。マイクロソフト社のSensorAPIに準拠したプログラムを開発いただけます。
本製品をセキュリティや在席管理の応用アプリケーションなどにご利用いただくことも可能です。

環境に配慮し、プログラムはダウンロードにて提供!

本製品は環境に配慮し、CD-ROMを添付しておりません。最新のドライバ、省電力アプリケーション、サンプルアプリケーションはダウンロードにて提供いたします。
ダウンロード

対応OS ●Windows 7(32・64ビット) RoHS
対応機種 ●USBポート搭載DOS/Vマシン ※省電力機能を利用する場合は、パソコン本体が省電力機能モードに対応している必要があります。
動作環境 ●インターネットへの接続環境(サポートソフトインストール時)
仕様 ●コネクタ:USBタイプAプラグ ●電源:DC5V(バスパワーによる供給) ●消費電流:85mA(Typ)、300mA(Peak) ●使用温度範囲:0~60℃ ●使用湿度範囲:20~80%(結露なきこと)●外形寸法:約58(W)×45(D)×61(H)mm ●質量(本体のみ):約85g(USBケーブル部含む)●質量(梱包時):約120g ●ケーブル長:1.5m ●保証期間:1年 ●各種取得規格:RoHS指令準拠、VCCI Class B

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】