新商品情報 2012年

2012年08月29日 12-NR193

ストレージ仮想化ソフト VVAULT搭載モデルに4.0TBモデルを追加!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWWindows Storage Server 2008 R2 搭載 NAS

  型番 JANコード 出荷予定 価格
4.0TB G HDL-Z2WS4.0V 4957180105871 9月中旬 ¥138,000
2.0TB HDL-Z2WS2.0V 4957180103730 好評発売中 ¥128,000

HDL-Z2WSVシリーズは、ストレージ仮想化ソフト「VVAULT Professional OEM」を搭載したNAS製品です。
既存のUSB、HDD、NASなどのストレージ製品を本製品に接続することで、1つのストレージとして統合することが可能。手軽で安価に大容量サーバーが構築できます。

今回、新たに大容量な4.0TBモデルを追加しました。

※上記記載の容量はストライピング(RAID 0)を構成した時の値です。出荷時設定のミラーリング(RAID 1)では利用可能な容量は記載の容量の半分になります。

ストレージ統合で簡単に大容量化できる

VVAULT Professional OEMでストレージを無駄なく利用!

ストレージ仮想化ソフト「VVAULT Professional OEM」により、接続されたUSB HDDやネットワーク上のNASを本製品に搭載されたHDDと統合して1つの仮想記憶領域として利用することが可能です。
すでにUSB HDDやNASをご利用中でデータを本製品に移行する場合にも、既存のストレージ製品を無駄にすることなく利用できます。

<最大99台まで接続可能。上位版「VVAULT Professional OEM」を添付>
無料で利用可能な「VVAULT Basic」と比較して、接続できるストレージ台数が最大99台までの上位版「VVAULT Professional OEM」を添付しています。

新たにクラウドバックアップに対応

添付されている「VVAULT Professional OEM」のバージョンがVer3.0にアップデート。VVAULTをインストールした2台のマシン間で、バックアップやライブリカバリーを実現するクラウドバックアップに対応しました。
HTTPSによるセキュア通信でデータを送受信するため、インターネット利用して安価なBCP(事業継続)/DR(ディザスタリカバリー)環境の構築が可能です。

VVAULT利用時に有効なマルチディスクモードを搭載

2つのドライブを独立管理し、各ドライブにドライブレターを割り付けするモードを新たに搭載。VVAULT利用時にハードディスクをより効率的に使用できます。

対応機種 ●DOS/Vマシン動作環境 ●LANインターフェイスを搭載し、TCP/IP通信が正常に動作する機種 RoHS
搭載OS ●Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup SP1(64ビット)
対応OS ●Windows 7(32・64ビット) ●Windows Vista(32・64ビット) ●Windows XP ●Windows Server 2008(※1) ●Windows Server 2008 R2(※2) ●Windows Server 2003 SP1(※2) ●Windows Server 2003 R2(※2)
※1 Standard/Enterpriseのみ対応、Server Coreモードには対応していません。
※2 Standard(32ビット) /Enterprise(32ビット) のみ対応。
添付品 ●LANケーブル×2 ●電源ケーブル×1 ●ACアダプター×1 ●ロックキー×2 ●サポートDVD×1
仕様 ●外形寸法:約102(W)×216(D)×150(H)mm(突起部除く) ●質量:約3.6kg(梱包時:約5.9kg) ●各種取得規格・法規制:VCCI Class A、RoHS指令準拠、電気用品安全法(PSE)(※)ACアダプター

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】