Serial ATA III対応 最大転送速度600MB/s 内蔵ハードディスクHDI-SABシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDI-SABシリーズ

「HDI-SABシリーズ」は、Serial ATA III対応、最大転送速度600MB/s(規格値)の高速転送を実現した内蔵型ハードディスクです。7,200rpmの高速ドライブを採用し、Serial ATA IIIのアクセス最適化技術「NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)」対応でデータの読み書きを効率よく行えます。
また、「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」など便利なソフトを標準添付。環境移行もラクラク行えます。

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDI-S1.0A7BNEW 4957180132310 1TB   グリーン購入法 ¥16,500   詳細
HDI-S2.0A7BNEW 4957180132327 2TB   グリーン購入法 ¥22,100   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

最大600MB/sの高速転送・高性能ドライブ

最大転送速度600MB/sの高速転送を実現!

Serial ATA IIの300MB/sに対し、Serial ATA IIIは2倍の600MB/sもの高速転送を実現。(規格値)

転送速度比較(規格値)

動作音が静かな流体軸受を採用した静音モデル

ディスク回転速度7,200rpmの高速ドライブを採用。Serial ATAの高速データ転送性能とともに、快適なアクセスを実現しています。

アクセス最適化技術「NCQ」対応!

NCQ(Native Command Queuing)とは、ハードディスクのアクセスを最適化することにより性能を向上させる新技術です。複数のコマンドを効率のよい順序で処理し、全体的なアクセスを最適化します。
※NCQをご利用いただく場合は、NCQ対応の機種または、Serial ATA II以上のインターフェイスが必要です。

NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)を荷物の配達に例えると・・・

1台の配送車(ヘッド)で荷物(データ)を配達(読み書き)するとき、伝票(コマンド)の順序が「Aさん宅」「Bさん宅」「Cさん宅」「Dさん宅」になっていました。しかし、そのままの順序だと効率が悪いので、順序を入れ替えて配ることにしました。

【最適化前】A⇒B⇒C⇒D 効率が悪い
【最適化後】B⇒D⇒C⇒A 効率が良い

ネイティブ・コマンド・キューイングでは、最大32件までコマンドに対するアクセスの順序を最適化し、効率よくデータの読み書きを行います。

NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)のイメージ

簡単3ステップでお引っ越し!

1.新しいハードディスクを接続します
2.HD革命/CopyDrive Ver.7 Liteでハードディスクを丸ごとコピー
 マウスによるボタン操作だけ!
3.古いハードディスクを取り外して、新しいハードディスクをパソコンに収納します

ハードディスク交換の手順

多彩なユーティリティソフトを添付!

環境移行に特化した「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」

HD革命/CopyDrive7 Lite

高速転送処理により、現在の環境をそのまま、マウスによる操作のみで大容量ハードディスクに丸ごとコピーすることが可能です。 パーティションの位置とサイズを変更することができます。
ハードディスクを丸ごとコピー パーティションの管理
ユーティリティソフトについての詳細は、株式会社アーク情報システムにお問い合わせください。

完全データ消去ソフト「DiskRefresher3 CD起動版」

DiskRefresher3

リサイクルや廃棄、他用途への転用やリース機材の返却に際して、このソフトウェアでハードディスクのデータを完全消去すれば、ハードディスクに残った情報の漏洩を防ぐことができます。
「DiskRefresher3 CD起動版」詳細

このページのトップへ
PC版を表示