関連カテゴリ
録画HDD

USB 3.0/2.0対応 USBハブ(4ポート)US3-HB4シリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

US3-HB4シリーズ

本商品は、USB 3.0に対応したUSBハブです。最大4台同時にハードディスクなどUSB機器を接続できます。
シンプルかつコンパクトなデザインで、置き場所をとりません。また、パソコン用とテレビ用の2種類をラインアップ。用途に合わせてお選びいただけます。

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
パソコン用
US3-HB4 4957180113227 ¥2,700   詳細
テレビ用
US3-HB4AC 4957180113210 ¥3,800   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

最大4台同時に接続できるUSBハブ

最大4台同時に接続できるUSBハブ

1つのUSBポートを分岐して、USBポートを増やすことができ、多くのUSB機器を接続するのに便利なのが「USBハブ」です。
本商品(US3-HB4シリーズ)は、最大4台のUSB機器をまとめて接続できるUSBハブです。USBポートが少ないパソコンやUSBハブ対応のテレビに最適です。

パソコン用/AV機器用をラインアップ!

パソコン用/AV機器用をラインアップ。用途に併せて、お選びいただけます。
型番 主な用途 接続可能なUSB機器(※1) 電源供給能力
US3-HB4 パソコン用 USBバスパワー駆動のポータブルHDDやDVDドライブなどをご使用になるには接続するUSB機器に対応したACアダプターが必要です。 4ポート合計
600mA
US3-HB4AC AV機器
パソコン用
USBバスパワー駆動のポータブルHDDやDVDドライブなどは1台まで接続できます。
2台目からは、接続するUSB機器に対応したACアダプターが必要です。
4ポート合計
1A

※1マウス、キーボード、USBフラッシュメモリー、外付けHDD、ポータブルHDD、DVDドライブなど。

高速転送規格USB 3.0に対応

USB 2.0に比べて約10倍!

USB 2.0に比べて約10倍(規格値)高速なUSB規格3.0に対応。
USB 3.0は、従来のUSB 2.0インターフェイスにも接続可能。今までのお使いのパソコンでも安心してお使いいただくことができます。
※ USB 2.0インターフェイスに接続した場合、USB 2.0での転送速度(規格値:0.48Gbps)となります。

シンプルで飽きのこないデザイン

シンプルなモザイク模様

表面は特殊な加工を施したこだわりのデザイン。主張しすぎないシンプルなモザイク模様が特長で飽きのこないデザインになっています。

パソコンに最適な「US3-HB4」

ACアダプターが不要のバスパワーモデル

例えば、ノートパソコンなどUSBポートが少なくてもマウス、キーボード、ハードディスク、プリンタなど複数のUSB接続機器を最大4台接続できます。ACアダプターが不要なバスパワーモデルなので、モバイルにも最適です。
ポータブルハードディスクであれば、1台ならパソコンに直接つなぐように、USBハブにACアダプターなしで接続できます。

USB接続機器を最大4台接続

パソコンとの接続に便利なUSBショートケーブル(30cm)添付

パソコンとの接続に便利なUSBショートケーブル(30cm)添付

USBショートケーブル(30cm)を添付。パソコンからの配線もしやすく、持ち運びにも便利です。

AV機器に最適な「US3-HB4AC」

ACアダプター添付のセルフパワーモデル

ACアダプターを添付しているので、消費電力の大きいUSB機器を接続する際に便利です。

東芝〈レグザ〉やシャープ〈アクオス〉にハードディスクを最大4台接続できる!

USBハブ対応のAV機器に本商品を接続することで、同時に4台のハードディスクを接続することができます。 長時間録画したい方や家族でそれぞれのハードディスクを使い分けたい場合などに便利です。

同時に4台のハードディスクを接続可能

配線がしやすい80cmのロングケーブルを添付

USBケーブルは80cmと余裕のある長さ。例えば、東芝〈レグザ〉のUSBポートからテレビ台まで十分に届く長さですので、安心してお使いいただけます。

配線がしやすい80cmのロングケーブルを添付

関連リンク

東芝〈レグザ〉からUSB接続ハードディスクへ録画する方法などをご紹介
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】