東芝製SSD採用 Serial ATA III対応 2.5インチ内蔵型SSDSSDN-3TBシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

SSDN-3TBシリーズ

本製品は一般的なノートパソコンの内蔵ハードディスクと交換可能な2.5インチSSDです。 読み書き共に高速で、Windowsやプログラムの起動時間を大幅に短縮できます。衝撃や振動に強く、低消費電力のためノートパソコンに最適なドライブです。

インターフェイスはSerial ATA IIIに対応し、 ランダムリード値の比較でハードディスクの約15倍の超高速転送を実現しています。また、SSDには信頼の東芝製ドライブを採用しています。
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
SSDN-3T60B 4957180103419 60GB   オープン価格   詳細  2013/6/12生産終了
SSDN-3T120B 4957180103426 120GB   オープン価格   詳細  2013/6/12生産終了
SSDN-3T240B 4957180103433 240GB   オープン価格   詳細  2013/6/12生産終了
SSDN-3T480B 4957180103440 480GB   オープン価格   詳細  2013/6/12生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

高速なSSDでノートパソコンを快適に!

高速なSSDでノートパソコンを快適に!
ハードディスクはディスクを回転しヘッドを移動させてデータへアクセスする構造なのに対し、SSDは駆動部分がないフラッシュメモリーを搭載しています。

このためハードディスクと比べて読み込み、書き込みが速く、Windowsやプログラムの起動時間も劇的に短縮されます。読み書きの待ち時間がほとんどなく、快適な利用ができます。

リード・ライトが圧倒的に速い!

SSDの特長として、ハードディスクに比べてリード・ライトが圧倒的に高速です。さらに本製品はSerial ATA IIIに対応し、従来のSerial ATA II対応製品と比べても高速。HDDで発生しがちな処理待ちなどで待たされることも少なく、快適な使用が可能です。
型番 シーケンシャル
リード
シーケンシャル
ライト
MB/s IOPS
ランダムリード ランダムライト ランダムリード ランダムライト
SSDN-3T60B  約480MB/s 約200MB/s   約440MB/s  約200MB/s 約31900 IOPS  約48500 IOPS 
SSDN-3T120B 約480MB/s 約350MB/s 約440MB/s 約340MB/s 約58000 IOPS 約73000 IOPS
SSDN-3T240B 約470MB/s  約380MB/s   約450MB/s  約390MB/s 約73600 IOPS   約71900 IOPS
SSDN-3T480B 約480MB/s  約190MB/s  約440MB/s  約230MB/s  約58000 IOPS   約27700 IOPS

シーケンシャルリード/ライトの場合

MB/S表記の場合
※SSDN-3T120Bの場合

ランダムリード/ライトの場合

MB/S表記の場合
※SSDN-3T120Bの場合

【測定環境】
●パソコン:Dell XPS 15z [L511z]
●OS:Windows 7 Home Premium SP1 x64
●メモリー:DDR3-1333 2GB×2
●接続方法:内蔵SATAポートに接続
●測定ソフト:CrystalDiskMark 3.0.1a
●HDD:Seagate ST9500420AS (500GB、7200rpm)
●SSD:SSDN-3T120B

【測定方法】
CrystalDiskMark3.0.1にて「100MB 5回測定結果」の平均値を採用。
ランダムリード・ライトは512KBの値を使用。
IOPSはランダムリード・ライトは4KB(QD=32)の値を使用。 (当社調べ、2012年4月現在) 

※表示の数値は、上記測定環境で得られた結果です。必ずしも同様の結果が得られることを保証するものではありませんのでご了承ください。

大幅な省電力化を実現

ハードディスクと異なりモーターを使ってディスクを回転させたり、ヘッドを移動させたりといった必要がないため非常に省電力です。一般的なハードディスクと比較して実消費電力は約54%省電力化でき、ノートパソコンのバッテリー駆動時間を延ばすことも期待できます。
消費電力比較
【測定環境および条件】
テストPC:Dell XPS 15z [L511z] 
Memory:PC3-10600 2GB×2
OS:Windows 7 Home Premium SP1 x64
AC/DCパワーハイテスタ:HIOKI 3334
使用HDD:Seagate ST9500420AS(500GB、7200rpm)
使用SSD:SSDN-3T120B
  【測定条件】
添付のリカバリディスクを使用し、OSのリカバリを行う。電源オン後から15分間で以下の動作を行い、その時の消費電力量を測定。
(1)Windowsの起動
(2)メディアプレーヤによる動画の再生。ファイルサイズ:507MB。再生時間:6分25秒。
(3)Windowsフォトビューアによるスライドショーの実行。スライドショーの速度:中。総ファイル容量:263MB。ファイル数:50。
(4)ファイルのコピー。総ファイル容量1.04GB。ファイル数:171。
※ 表示の数値は上記測定環境で得られた結果です。必ずしも同様の結果が得られることを保証するものではありませんので、予めご了承ください。(当社調べ、2012年4月現在)

SSDのその他の特長

衝撃に強くて軽い

SSDなら衝撃に強い!
駆動部分が無いため、耐衝撃性能に優れています。また、当社内蔵型ハードディスク「HDN-SAシリーズ」の質量が約100gに対し、SSDN-3TBシリーズの質量は約52gと軽量です。

衝撃に強くて軽いSSDは持ち運ぶことの多いモバイルノートパソコンに最適です。

とても静か!

駆動部分が無く、無音で動作するので、ハードディスクの動作音が気になる場合におすすめです。

システム(起動)用ドライブにも最適

システムドライブをSSDに割り当てることで、Windows起動時間の大幅な短縮が見込めます。

Trimコマンド対応

Windows 7でサポートされたTrimコマンドに対応しています。

ご注意

【ご注意】お客様による交換、環境移行は当社サポート対象外です。

※パソコンの仕様はお使いのパソコンメーカーにお問い合わせください。お客様ご自身での交換、環境移行方法などのお問い合わせには、当社サポートセンターではお答えできません。
あらかじめご了承ください。
本製品のパソコンへの取り付け作業は、当社ハードディスク交換サービス、または販売店様などで実施されている取り付けサービスをご利用ください。

レビュー

日経BP社 PC Onlineにレビューが掲載されました。
インプレス PC Watchにレビューが掲載されました。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】