USB3.0/2.0インターフェイスボードUSB3-PEX

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

USB3-PEX

「USB3-PEX」は新しいUSB規格であるUSB3.0に対応したPCI Expressタイプのインターフェイスボードです。USB2.0の10倍※2もの超高速転送を実現し、大容量データも短時間で転送できます。従来のUSB2.0機器にも対応しておりますので、すでにお持ちのUSB製品も引き続きご利用いただけます。
また、高い品質を実現する日本製です。

※1:SuperSpeed USBロゴ取得予定
※2:規格値

USB3.0 Interface - for PCI Express bus
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
USB3-PEX 4957180085661 ¥5,300   詳細  2011/6/15生産終了 2010/3/1価格改定  後継品US3-2PEXS
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

USB 2.0の10倍(規格値)速くなる!新規格USB 3.0対応

USBの新規格であるUSB 3.0に対応し、USB 2.0では不可能だった超高速転送を実現。
USB 3.0対応のストレージデバイスを接続することで、大容量のデータを転送する場合にも圧倒的な時間短縮が可能です。
USB 2.0の10倍速くなる!新規格USB 3.0対応

ハードディスクも超高速

USB3.0対応の外付ハードディスク「HDJ-UTシリーズ」と組み合わせることで、USB2.0接続時と比較して3.6倍もの高速転送を実現します。
USB 2.0の10倍速くなる!新規格USB 3.0対応

確かな性能を約束する「SuperSpeed USBロゴ認証」を取得(予定)

USBの規格団体であるUSB Implementers Forum(USB-IF)によるUSB 3.0のロゴ認証を取得致します。
このロゴ認証は製品がUSB 3.0の規格を厳格に満たしている証であり、安心してUSB 3.0機器をお使いいただくことができます。

USB 2.0機器もそのまま使える

USB 3.0はUSB 2.0と上位互換性を持っているため、USB 2.0機器も接続可能。今までのお使いのUSB 2.0機器と今後登場するUSB 3.0機器の両方を活用することができます。

PCI Expressスロットの性能をチェックするツールを標準添付

PCI Expressスロットの性能をチェックするツールを標準添付
USB3.0の性能を十分に引き出すためには、本製品をPCI Express x1 Generation2のスロットに接続する必要があります(※1)。
アイ・オー・データでは、お客様がお持ちのパソコン環境でPCI ExpressのGenerationをチェックできるツールを標準で添付。お客様に安心を提供致します。
※1:PCI Express Generation 1に接続した場合には、最大転送速度は2.5Gbpsとなります。

スリムデスクトップパソコンでもUSB 3.0が増設できる!LowProfileブラケット標準添付

スリムデスクトップパソコンでもUSB 3.0が増設できる!LowProfileブラケット標準添付
スリムデスクトップパソコンに装着するために必要なLowProfileブラケットを添付。ブラケットを交換することで、タワーデスクトップパソコンからスリムデスクトップパソコンまで、さまざまなタイプのパソコンをUSB 3.0対応にアップグレードすることが可能です。

安心の国内生産

高い品質の製品をお届けするため、設計から生産までを日本国内で行っています。

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!
使用部材への指定有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」準拠モデル。EU圏において策定された「RoHS指令」に準拠した、安全な製品作りに取り組んでいます。
環境に配慮した製品作り

RoHS指令

RoHS指令
Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electric equipmentの略。
EC95条に準拠した電気器具に含有する(1)鉛(2)水銀(3)カドミウム(4)六価クロム(5)ポリ臭化ビフェニル類(PBB類)(6)ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)の6物質の使用禁止の指令。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】