PC3200(DDR400)対応 184ピン DIMMDR400シリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

DR400シリーズ

「DR400シリーズ」は、PC3200対応のメモリーモジュールです。DDR(ダブルデータレート)対応で、データ転送レートは最大3.2GB/s。大量のデータをより高速に転送できます。高速化によって、いっそう問われるメモリーの品質や信頼性にアイ・オーは厳しいチェック体制で安心を提供します。

「DR400-256Mx2」、「DR400-512Mx2」は、同容量・同仕様のメモリー2枚組セット品です。メモリー同士の組み合わせによる相性の心配がなく、Intel 865シリーズチップセットなどのデュアル・チャネル対応パソコンでその性能を十分に活用いただけます。

※:PC2700(DDR333MHz)PC2100(DR266MHz)としてもご利用いただけます。


DDR 400MHz SDRAM採用 Memory Module - xxxM/xGB x2枚組

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート 備考
DR400-256M 4957180044774 256MB   ¥3,400    2010/10/27生産終了2008/6/1価格改定 後継品DR400-512M
DR400-512M 4957180044767 512MB   ¥6,000    2008/6/1価格改定
DR400-1G 4957180047263 1GB   ¥11,900    2015/7/8生産終了2008/6/1価格改定
2枚組
DR400-256Mx2 4957180044743 256MB×2枚   オープン価格    2007/10/24生産終了2007/6/1価格改定 後継品DR400-512MX2
DR400-512MX2 4957180044736 512MB×2枚   ¥11,900    在庫限り2008/6/1価格改定
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の をクリックしてご覧ください。
  •                         

ご購入特典!ソフト無料ダウンロード

超高速仮想ハードディスク(RAMディスク)作成ソフト「RamPhantomEX LE」

RamPhantomEX LE
「RamPhantomEX LE」はメモリーの一部を利用して仮想ハードディスクドライブ(RAMディスク)を作成するソフトです。RAMディスクは、通常のハードディスクに比べデータの転送速度が圧倒的に高速。例えばWebブラウザのキャッシュや、ソフトウェアの一時ファイルの作成ドライブなどに割り当てることで、大容量のメモリーを活かし、快適にご利用いただけます。

「RamPhantomEX LE」の詳細・ダウンロード
製品版「RamPhantomEX」の紹介
メモリーで処理するので高速

【特長】Windows(32bit版)が扱えないメモリー領域も有効活用できる!

32bitOSが扱えないメモリー領域も活用できる
簡単設定

【特長】インターネットが速く、快適に
WebブラウザのキャッシュをハードディスクからRAMディスクに変更することで、一度見たページを再訪問した場合など、高速に処理することができます。インターネット閲覧の際にハードディスクへアクセスしないので、カリカリというようなアクセス音も発生しません。
また、InternetExplorer、FireFox、Google Chromeの場合はチェックを入れるだけで、簡単に設定できます。

ディスクアクセス高速化ソフトウェア「マッハドライブLE」

マッハドライブLE
「マッハドライブ LE」はメモリーの一部を利用してディスクアクセスを高速化するソフトウェアです。インストールするだけで自動設定し、難しい操作は不要で簡単にパソコンを高速化できます。「マッハドライブ LE」は製品版の3ヶ月期間限定版となります。

「マッハドライブLE」の詳細・ダウンロード
製品版「マッハドライブ」の紹介

パソコン健康診断ソフト「W.S.T. LE I-O DATA Version 」

パソコン健康診断ソフト
日々安定してパソコンを使うためには、人間と同じようにパソコンにも健康診断が必要です。 「W.S.T. LE I-O DATA Version 」はパソコンに高い負荷をかけて検査を行い、パソコンの安定性を確認することができるソフトウェアです。 また、簡単操作でエラーを発見することができます。

「W.S.T. LE I-O DATA Version 」の詳細・ダウンロード

Intel 865シリーズのデュアル・チャネルに最適。

ベンチマーク
デュアル・チャネルは、チップセット内部のメモリーコントローラーと同容量・同仕様2枚1組のメモリーを使い、シングルチャネルの2倍のメモリーバンド幅を実現する技術です。
2枚組セット品は、同じ仕様のメモリーが2枚セットになっているので、 安心してご利用いただけます。

JEDEC準拠、データ転送速度も高速なメモリー

データ転送レートが3.2GB/秒のPC3200(DDR400)対応DDRモジュール。
PC2100(DDR266)、PC2700(DDR333) 対応メモリーとしても利用可能。

確実な検証に基づき対応案内

対応機種 最新の対応機種は下記でご確認ください。
  対応製品検索エンジン「PIO」 http://www.iodata.jp/pio/

動画でわかる!メモリー増設って実はカンタン!

メモリー増設の流れを動画でチェック!
「メモリー増設ってなんだか難しそう。」と思っている方にピッタリ!メモリー取付け方法を動画でわかりやすく解説します。
メモリー増設動画

高信頼性の証!安心の無期限保証

無期限保証
初回導入機器において保証期間を無期限といたします。
無期限保証について詳しくは、こちらをご覧ください。

SPD対応で安心

SPDとは、メモリーの構成やDRAMのスペックなどが書かれているデータのことです。パソコンがSPDを読み出し、最適設定を行うことによって、安定動作が可能となります。

豆知識

一般的にDD266/333/400は搭載されているDRAM 単体のスピードを表します。
メモリーモジュールとしてはデータ転送速度が、それぞれ2.1GB/s、2.7GB/s、3.2GB/sであるため、PC2100/PC2700/PC3200と表記します。

Double Data Rate SDRAM

ダブルデータレート(DDR)モードという高速なデータ転送機能を持ったSDRAM 。コンピュータ内で各回路間の同期を取るためのクロック信号の立ち上がり時と立ち下がり時の両方でデータの読み書きが行なえるようにしたもの。通常のSDRAMの2倍の転送速度が実現される。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】