アクセスログ監視システム「VISUACT」組込み済みモデル「VISUACT BOX」WEC-VISUACTLシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

WEC-VISUACTLシリーズ

「VISUACT BOX(WEC-VISUACTLシリーズ)」は、既存のシステムを変えることなく容易に設置・運用できるセキュリティシステムです。特定用途向けサーバーのHDL-Z2WECシリーズに、700社以上に導入実績のあるアズビル セキュリティフライデー株式会社のアクセス監視システム「VISUACT」を組み合わせました。

ハードディスクには低振動で省電力なWestern Digital社の高信頼NAS用ハードディスク「WD Red」を搭載し、ハードディスクドライブも含めた3年保証を実現。また、NASのクラウド管理サービス「NarSuS」や、設定変更などを容易に行える専用管理者ソフト添付し充実の管理者向け機能で管理工数を大幅削減いたします。

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ハードウェア保証3年/VISUACT-Lライセンス期間1年
WE2C-VISUACTL 4957180116815 2TB   オープン価格   詳細 受注生産
WE4C-VISUACTL 4957180116822 4TB   グリーン購入法 オープン価格   詳細 受注生産
WE6C-VISUACTL 4957180116839 6TB   グリーン購入法 オープン価格   詳細 受注生産
WE8C-VISUACTL 4957180116846 8TB   グリーン購入法 オープン価格   詳細 受注生産
VISUACT-L 追加更新ライセンス(HDL-Z2WECシリーズ用)
LSP-VISUACTL 4957180116808 ライセンス期間1年   ¥111,800   詳細 受注生産
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ネットワークを常時監視するセキュリティシステムを実現

ウイルス対策や情報漏えい対策もできるアクセスログ監視システム「VISUACT-L」組込み済みモデル

「VISUACT BOX」は、特定用途向けプラットフォームのHDL-Z2WECシリーズに、700社以上に導入実績のあるアズビル セキュリティフライデー株式会社のアクセス監視システム「VISUACT-L」を組み合わせることにより、既存のシステムに変更を加えることなく容易に設置・運用できるセキュリティシステムをご利用いただけるようにしたアプライアンスサーバーです。

「VISUACT BOX」がサーバーの通信状態を常時監視し、異常な通信も確実に記録します。アンチウイルスソフトでは対応しきれない新種ウイルスにも対応可能なセキュリティシステムです。


1台でアクセス監視!VISUACTアプライアンス

アズビル セキュリティフライデー株式会社 VISUACT-L

情報漏えいリスクに対応

不正アクセスを監視して情報漏えいを抑止

ファイルサーバー内に保存されているデータは、顧客情報、取引先からの発注情報、外注先への委託情報、入出金記録など、情報漏洩により会社経営に与える影響は甚大です。
「VISUACT BOX」によるアクセス監視システムを導入することで、社内の内部犯行抑止につながります。

万一の時もログ検索により早期の原因究明

「VISUACT BOX」によりファイルサーバのアクセスログ取得をしていれば、不正アクセスによる情報漏えいや作業ミスによるデータの紛失など、万一の場合も迅速かつ的確に原因を究明することができます。
トラブルが発生したファイルの特定が出来る場合、そのファイルに 『いつ』・『誰が』 アクセスしたのかが確認できれば持ち出した人物を特定することが可能です。

万一の時も早期の原因究明

<「VISUACT BOX」によるログ管理のメリット>
●導入するだけで即座に記録を始められます。
●サーバーとは独立して記録を行うためサーバー設定が不要。
また、独立して記録できるため、サーバー管理者でもアクセスできないよう設定できます。
●WindowsサーバーやLinux系NASなどが混在している環境下でもログ収集が可能です。

新種ウイルスへの対策が可能

アンチウイルスソフトを導入しているからウイルス対策は万全!とお思いではありませんか?
一般のアンチウイルスソフトは、既知のウイルスについてのパターンを生成し、それと合致するもののみ検出しているため、亜種まで含めると検出率は全体の15%以下とも言われています。

アンチウイルスソフトでは検出できない新種ウイルスに感染したPCを特定

「VISUACT BOX」では、アンチウイルスソフトにパターンが登録されていない新種のウイルスに対しても、ファイルサーバーのアクセスログ取得により異常なアクセスを絞り込み、ウイルスに感染したPCの特定を行うことができます。


通常のアクセス・・・クライアントPCからサーバーへのアクセス(下記図緑色の矢印)
異常なアクセス・・・クライアントPC同士やサーバーからクライアントPCへのアクセス※(下記図赤色の矢印)


新種のウイルスにも対応


(※)内部に侵入したウイルスが拡散活動の一つとしてネットワーク探索(ネットワーク内にどんなサーバーやPC が存在しているかを調査)を行うため、赤矢印のように異常なアクセスが発生します。


既存のシステムを変更せずに導入可能!

既存サーバーに修正を加えず、導入するだけで即座にログ記録が可能になります。

システム構成例

(1)サーバーが接続されている スイッチングハブ にモニターポートがある場合
  スイッチングハブに「VISUACT BOX」を直接接続。

システム構成例①ハブにモニターボートがある場合

(2)サーバーが接続されている スイッチングハブ にモニターポートがない場合
スイッチングハブとサーバーの間にミラーリングボックスBX-MR1を接続し、
そこから「VISUACT BOX」を接続。

システム構成例②ハブにモニターポートが無い場合

追加ライセンスをラインアップ

通常は1年間の「VISUACT-L」ライセンス期間を延長可能なライセンスをラインアップしております。
本ライセンスを「VISUACT BOX」にインストールすることにより、ライセンス期間の延長が可能です。

また、特定用途向け(アプライアンス)組込み用サーバーHDL-Z2WECシリーズに本ライセンスをインストールすることにより、「VISUACT BOX」同等のアクセス監視機能を実現可能です。

型番 ライセンス期間 価格
LSP-VISUACTL 1年間 ¥111,800

管理者向けの機能も充実

ユーザーに代わりNASを見守るサービス「NarSuS」

お客様に代わってNASの状態をネットワーク経由で監視するクラウド管理サービス「NarSuS」を無償提供。
管理画面上でNASの温度、FANの回転数、利用容量、CPU負荷などを確認できる他、定期レポートや各種イベント通知をメールで受け取ることができます。

NarSuSについて詳しくはこちらをご覧ください

※ 「NarSuS」の状態管理はNAS本体のハードウェア部分を対象としております。

専用管理ソフトで簡単に設定を変更可能

専用管理ソフトで一括して設定を変更可能

添付の管理ソフト「ZWSマネージャー」で各種の設定を変更することが可能です。

<「ZWSマネージャー」で設定可能な項目>

設定可能項目 備考
RAIDモードの変更 データボリュームのRAIDモードを変更できます。
本体ファン回転数と内部温度 本体ファン回転数と内部温度が確認できます。
メール設定 本体の情報を発信するメール通知の設定が行えます。
温度異常の通知
※ メール通知はNAS本体のハードウェア部分を対象としております。
Func.ボタン設定 本体前面のFunc.ボタンにアプリケーションを割り当てられます。
<Func.ボタン>
Func.ボタン
HDDアンプラグ設定 HDDの故障時に、故障HDDの取り外し処理を行うことができます。

その他

ハードウェア性能

ハイパフォーマンスNASとして定評のある当社のビジネスNAS LAN DISK Zシリーズをベースにしています。ネットワークアプライアンスとしても運用や使い勝手に配慮した設計を行っています。

性能一覧

WD社の高信頼NAS用ハードディスク「WD Red」を採用

NAS用ハードディスク「Red」

「Red」ロゴ

Western Digital社のNAS用ハードディスク「WD Red」を搭載しています。
24時間、常時稼働が前提のNAS運用において課題になりやすい熱・振動への対策、電力消費が改善がされ、さらに長期3年保証を実現した高信頼ハードディスクです。

<WD Redのポイント>

・長期3年保証を実現
従来モデルは1年だったHDDの保証期間を延長しました。

・37%省電力
常時稼働時のNASの運用コストを削減します。

・熱、振動に強い
動作温度範囲を0℃~40℃まで拡張。NAS本体内の温度上昇や振動による故障のリスクを低減します。

「WD Red」について詳しくはWestern Digital社ホームページをご確認ください。

対応製品

サーバー

OMRON 社(相互検証済)

対応機種(USB接続)
BY35S/BY50S/BY80S/BY120S

制御アプリケーション一覧

・本アプライアンス製品での他のアプリケーションの併用はウィルス対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス V8.0」のみ可能です。
ただし、業務中のリアルタイム検索は止め、業務時間外のスケジュール検索のみ併用可となります。
・外付けHDDは以下のリンクからHDL-Z2WECを読み替えてご確認下さい。
LAN DISK バックアップ・増設用ハードディスク対応一覧

Q&A

Q.1 VISUACT-Lライセンスが失効したらどのような動きになりますか?

A.1 ログ記録サービスが停止し、一切のログが取得できなくなります。ライセンス失効前に延長されることをお勧めします。ライセンス失効後も、記録済みデータの閲覧や分析には影響ありません。

Q.2 VISUACT-Lライセンス期間の延長はどうしたら良いですか?

A.2 LSP-VISUACTL を追加購入いただき、会員情報サービス「IO Portal」からライセンスコードを取得してください。取得したライセンスコードを稼働中の「VISUACT-L」に適用することで期間延長可能です。残存期間がある場合はそこに追加分が加算される形となります。
⇒追加ライセンスは直販サイト「ioPLAZA」からもご購入いただけます。

Q.4 ディスクが一杯になったら?
A.4 空き容量が不足するとログ出力を停止します。その場合は一旦アプリケーションを終了し、ログファイルを別のストレージへ待避させたうえで再起動してください。

Q.5 どの位の帯域が監視できるのですか?
A.5 検証結果では、平均ネットワーク帯域 400Mbps で欠落せずに取得・解析できていることが確認されています。(お客様のご利用状況によっても変動します。)

Q.6 本商品について、モニターやキーボード・マウスを常時接続して運用することは可能ですか?
A.6 はい、OS ライセンス上も問題ありません。常設できる場合は、IPアドレス設定を無効化した『ステルスモード』での運用も可能となります。ステルスモード時は本装置がネットワーク上から見えなくなり、より安全な運用が行えます。

Q.7 本商品をリカバリーした場合、どこまで戻りますか?
A.7 添付の DVD でリカバリーを実施すると、HDL-Z2WECシリーズ相当まで戻ります。「VISUACT-L」は別途 IO Portal からダウンロードいただき、インストールを行ってください。
「VISUACT-L」は『ソフト電池』という機能を用いてライセンス期間管理を行っています。リカバリー前に『ソフト電池お預かりサービス』(http://www.soft-denchi.jp/comdocs/)をご利用いただき、残っているライセンス期間を一度インターネット上に待避させてください。リカバリー完了後に預けておいたソフト電池を取り出し、再利用可能になります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】