データ消去ソフト「DiskRefresher Deluxe」DiskRefresher Deluxeシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

DiskRefresher Deluxeシリーズ

DiskRefresher DeluxeはハードディスクやMO、その他リムーバブルメディアのデータを完全に抹消し、復旧できないようにするソフトです。
パソコンのデータは、単に削除しても専用のソフトを利用すれば復旧できてしまう場合があります(当社製「D-SAL2」など)
情報セキュリティが推進される中で、パソコンリサイクルやリムーバブルメディア廃棄時のデータ消去は必須条件です。
本ソフトを使えば、専用ソフトでもデータ復旧ができないため、データの流出を防ぎます。
※ ライセンス版は無地パッケージです。


Disk - Refresher Deluxe (License 10,50)
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
パッケージ版
D-REFDX 4957180043319 ¥9,000   詳細  2008/11/5生産終了  後継品D-REF3
ライセンス版
D-REFDX(LC10) 4957180076652 オープン価格   詳細  2008/11/5生産終了  後継品D-REF3(LC10)
D-REFDX(LC50) 4957180076669 オープン価格   詳細  2008/11/5生産終了  後継品D-REF3(LC50)
ダウンロード版(税込)
DiskRefresherDeluxe ¥2,480   詳細 価格は税込みです。
表記の価格は生産終了日時点の情報です。  2009/3/27生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

あらゆる場面でのデータ消去に大活躍!

CASE1 オークション出品に・・・

古くなったパソコンをオークションで販売!
発送前に完全消去することで、情報漏洩の心配も無く 安心して出品できます!

CASE2 リムーバブルメディアの受け渡し前に・・・・

様々なデータを記録するDVD-RAMなどのリムーバブルメディア。
受け渡し前に本製品でメディアを消去しておけば、以前に記録されていた情報が復元ソフトによって流出する事もありません!

CASE3 パソコンの廃棄前に・・・

廃棄したパソコンはデータの宝庫。完全消去しておかなければリサイクルされた際に情報が流出してしまいます。
(社)電子情報技術産業協会(JEITA)において「パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するガイドライン」が公表されました。
詳しくはコチラ

多くのインターフェイスや周辺機器に対応!

インターフェイスはIDE、USBはもちろんIEEE 1394、SCSI機器にも対応。また、デバイスとしてはハードディスクはもちろん、MOやDVD-RAM、USBメモリーなどのリムーバブルメディアにも対応しています!

3種類の起動方法で様々な状況での完全消去に対応!

パソコンに接続された機器はもちろん、パソコン本体のデータ抹消にも対応! お使いの環境、目的に応じてお使いいただけます。
インストール起動
パソコンに「D-REFDX」をインストールして利用。
パソコンに接続された機器やメディアのデータを消去する場合にオススメです。
CDブート起動 (起動HDD対応)
「DiskRefresher Deluxe」はブータブルCDとなっていますので、CD-ROMからの起動消去に対応し、OSの入ったHDDの消去にも対応します。
※ダウンロード版はCD-R等に書き込みを行っても、CDブート起動はできません。あらかじめご了承ください。
フロッピーディスク起動 (起動HDD対応)
どんなOSがインストールされた内蔵IDEハードディスクについても、ユーティリティで作成した起動用フロッピーディスクを使って完全消去が可能です。

簡単操作で確実消去!誤消去防止設計で安心!

DiskRefresherは高機能ながら、簡単操作で完全消去を実現!初級者から上級者まで幅広いユーザーにご活用いただけます!
データの完全消去を実現!7段階の消去方式を選択可能!
高速抹消の「ゼロライト」や米国国防総省(ペンタゴン)方式など7種類の消去方法を選択可能!
用途や目的に応じて組み合わせての消去も可能です!
うっかり抹消を防止する2段階確認&キー入力消去
キーボードやマウスのご操作による完全抹消を防止するために、2段階での確認を実施。
2回目の確認時にはキーボード入力を必要とするため、うっかり完全消去を防止できます。

確実な消去を便利に実現

作業モレを防止する消去履歴保存機能を搭載
消去結果を確認(ベリファイ機能、セクタダンプ機能)
ディスクの内容のイメージ保存、書き戻しに対応
再利用に便利な物理フォーマットが可能
(SCSI ハードディスク、MOディスク、DVD-RAM)
インストールして使って、複数機器を一度に消去可能

起動方法別対応インターフェイス/ドライブ

 
    【起動方法別対応インターフェイス】
      インストール起動 CDブート起動※1,3 FD起動※1,3
    ATA ※4 ※5 ※5
    SATA ※4 ※8 ※8
    SCSI ※6 ※6 
    USB ×  × 
    IEEE 1394 × ×
    【起動方法別対応ドライブ】
      インストール起動※2 CDブート起動※1,3 FD起動※1,3
    内蔵ハードディスク(起動ドライブ) ×
    内蔵ハードディスク
    外付ハードディスク
    MO × ×
    DVD-RAM × ×
    USBメモリー ※7 × ×
    USB接続フロッピーディスク ※7 × ×
    USB接続リーダー・ライター ※7 × ×
    ZIP × ×
    スーパーディスク × ×
    ATA、SCSI接続のドライブのみ
フロッピーディスク/CD-ROMで起動した場合は英語表示となります。
※1 物理的なドライブ全体のデータ消去となります。分割したパーティション単位での消去は行えません。
※2 Windowsのシステムドライブは消去できません。
※3 パソコン本体がCD-ROMやFDからの起動に対応している必要があります。
※4 Windows XP/2000のみ対応。
※5 BIOSを搭載したインターフェイスボード(弊社製UIDE等)に接続されたドライブを含む。
※6 BIOSを搭載したインターフェイスに接続されたドライブのみ対応。
※7 USB接続フロッピーディスクドライブ(弊社製USB-FDXシリーズ含む)及びUSB接続メモリー(弊社製EasyDisk等)、USB接続リーダー・ライター(弊社製USB2-W12RWKシリーズ、USB2-W33RWシリーズ)は、正常に動作しない場合があります。 (OS標準ドライバ以外で認識されたドライブは正常に動作しないことがあります)
※8 BIOS上で認識されているドライブのみ対応。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】