RAMディスクを使ってメモリーの全領域を有効活用RamPhantom3シリーズ 仕様

仕様書印刷
RamPhantom3シリーズ RamPhantom3はメモリーの一部を利用して仮想ディスクドライブ(RAMディスク)を作成するソフトです。RAMディスクは、通常のハードディスクに比べデータの転送速度が圧倒的に速く、動作音もありません。頻繁にハードディスクへデータを読み書きするソフトウェアやテンポラリとしてハードディスク上の領域を使用するソフトウェア(Adobe社Photoshop等)をお使いの場合にRamPhantom3を導入頂くことで、これらソフトウェアを快適にご利用いただけます。
また、従来機能に加え、32bitのWindowsがインストールされたパソコンに対し、OSが使っていないメモリー領域に仮想ディスクドライブを作成する新機能を搭載。メモリーの全領域を有効に利用することができます。

Ramディスク Phantom3

対応機種

対応機種 DOS/V マシン
動作環境 CPU Pentium III 600MHz以上
ハードディスク容量 ユーザーが設定するRAMディスクと同容量かつ、アプリケーションが動作する最低容量が必要。
メモリー 384MB以上
搭載メモリーにより、作成できるRAMディスク容量は増減します。このため、作成できるRAMディスクの容量は、お使いいただくパソコン環境によって異なります。
メモリー容量すべてをRAMディスクにできるわけではありませんのでご注意ください。
OSが認識していない部分のメモリー領域(OS管理外メモリー領域)を使用するには、パソコンのBIOSでメモリーリマップを有効にする必要があります。(項目がなく、自動的に有効になっている場合もあります)詳しくは、マザーボードのマニュアルをご覧ください。
384MB以上メモリーを搭載していないパソコンでは、本ソフトをインストールすることができません。
WindowsのページファイルをRAMディスク上で使用することは出来ません。
本ソフトウェアを使用中は、スタンバイ/休止/スリープなどの省電力モードにしないでください。本ソフトウェアは、省電力モードにおける動作保証をしておりません。
パソコン本体のBIOSにウイルスチェック機能がある場合は、この機能をOFF(DISABLE)にしてください。この機能が有効になっていると、本ソフトウェアが正常に動作しない場合があります。
その場合、本ソフトウェアをご使用になる時にこの機能をOFF(DISABLE)にし、本ソフトウェアご使用後にON(ENABLE)に戻してください。(ウィルスチェック機能に関する詳細については、パソコンの取扱説明書をご覧ください。)

対応OS

対応OS
(日本語版のみ)
Windows Vista® (32bit版)/Windows XP/Windows 2000 Professional
対応OS備考 RamPhantomのインストール、アンインストールには管理者(Administrator)権限が必要。RAMディスクの利用は、ユーザー権限で可能。

仕様

フォーマット形式 FAT32
ドライブレター設定 RAMディスクが割り当てられているドライブレターを変更できます。
[自動]を選択すると、空いているドライブレターのうち、一番最初のドライブレターに設定されます。
RAMディスク容量 最小
(標準設定)
最大
128MB LE版(合計2GBまで) 製品版(OS管理外+OS管理内の合計)
OS管理外 OS管理内 OS管理外 OS管理内
1GBまで 最大2GB パソコンが認識している最大メモリーからOSが認識しているメモリーを引いた容量 最大3.4GBまで
RAMディスクバックアップ機能 ハードディスク(システムドライブ)へのバックアップ機能
  • ログオフ時の自動バックアップ
  • パソコンのアイドル時間を利用してバックアップ(WriteBack)
  • RAMディスクの書き込みと同時に保存(WriteThrough)

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】