超高速仮想ハードディスクドライブ(RAMディスク)作成ソフトRamPhantomEX

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

RamPhantomEX

RamPhantomEXは、メモリーの一部を利用して仮想ディスクドライブ(RAMディスク)を作成するソフトウェアです。
ハードディスクへ頻繁にデータを読み書きするソフトウェアや、ハードディスク上の領域を一時的に使用するソフトウェア(Adobe社Photoshop等など)をお使いの場合に本製品をご利用いただくことで、これらのソフトウェアを快適にご利用いただけます。

RPEX:RamPhantom Experience版
直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ダウンロード版(税込)
RPEX(ESD) 4957180089621 通常版   ¥3,065   詳細 直販サイト「アイオープラザ」で販売中
RPEX(UP) 4957180089638 アップグレード版   ¥1,522   詳細 「RamPhantom7(32・64ビット)」ユーザー様向けです。
直販サイト「アイオープラザ」で販売中
CD収録版
RPEX(LCCD) 4957180089645 1CD+1ライセンス   オープン価格   詳細 受注生産
RPEX(LC50) 4957180089652 1CD+50ライセンス   オープン価格   詳細 受注生産
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

メモリー領域をフル活用!

昨今のパソコンでは8GBや16GBなど大容量のメモリーを搭載できるにもかかわらず、32ビットのWindowsでは約3GBのメモリーしか利用できず、残りのメモリー領域は使用できませんでした(※1)。

しかしRamPhantomEXを使用することで、今まで使用できなかったメモリー領域が利用できるようになります!つまり、Windows(32ビット)が扱えないメモリー領域を「超高速仮想ディスクドライブ(RAMディスク)」として活用することで、全領域を有効に利用できます。

※1 メモリー容量は、Windows 7/Windows Vista SP1では搭載容量が表示されますが、実際には最大3.5GBまでしか利用されておりません。
従来、増設されていても実際使用できなかった領域をRAMディスクとして利用可能に!
マウス操作でRAMディスク領域を簡単に調節できる!
また、Windows(32ビット)が扱えるメモリー領域を少なくして、より多くのメモリー領域をRAMディスクに割り当てることもできます。

RAMディスクでスピードUP

RamPhantomEXをインストールすれば、「超高速仮想ディスクドライブ(RAMディスク)」を作成できます。
RAMディスクを使えば、ハードディスクに比べてデータ転送が圧倒的に高速だから快適!しかも使い方は、通常のハードディスクと同じだから簡単!ドラッグ&ドロップで簡単に読み書きを行えます。
メモリーにハードディスクの役割を持たせるから速い!
※RAMディスクがEドライブに割り当てられている、Windows 7®での画面例です。RAMディスクのドライブレターは、任意に変更できます。
●「RAMディスク」って?
パソコンに搭載したメモリーの一部を、ソフトウェアで仮想的にハードディスクとして扱えるようにしたものです。
メモリーは通常のハードディスクに比べ、約10倍~1,000倍も高速。また回転モーターや読み書きヘッドなどの動作部が全くないため、静音かつタイムラグのない動作を実現します。

RAMディスクは、通常のハードディスクに比べデータの転送速度が圧倒的に速く、動作音もありません。頻繁にハードディスクへデータを読み書きするソフトウェアやテンポラリとしてハードディスク上の領域を使用するソフトウェア(Adobe社Photoshop等)をお使いの場合にRamPhantomEXを導入いただくことで、これらソフトウェアを快適にご利用いただけます。

動画でわかる脅威のスピード RamPhantomEX vs HDD

RamPhantomEXのスピードを実感いただくため、ハードディスクと比較しました。その差は歴然!!
<測定環境>
CPU: Intel Core 2 Extreme QX6700 2666MHz、HDD: ST3250410AS (250GB、7200RPM、SATA-II)、Memory: DX667-1Gx2 (PC2-5300 2GB)、環境: RAMディスク1.5GB作成

さらに、RamPhantomEXは従来モデルRamPhantom7よりもさらに高速に!
下記測定環境において、ランダム4kリードで約235%、ランダム4kライトで約210%も高速になりました。
そしてさらに、バッファロー社製のRAMディスクと比較した場合は、こんなに高速!
比較表
※グラフの測定値は、下記測定環境にて測定した結果であり、すべての環境においてその結果を保証するものではありません。

<測定環境>
CPU:Core i7 920、M/B:ASUS P6T、MEM:DDR3-1333 2GB×3、SSD:Intel X25-M 80G、OS:Windows7 Professional、RamDisk:(1)アイ・オー・データ機器製「RamPhantomEX Ver.1.00」2GB確保、(2)アイ・オー・データ機器製「RamPhantom7(32bit) Ver.1.0.2」2GB確保、(3)バッファロー社製「BUFFALO RAMDISK ユーティリティー Ver.3.0.0.0」 2GB確保、Bench:CrystalDiskMark3.0 1000MB 5回(ランダム4k リードライト)

複数のRAMディスクを作成可能

RamPhantomEXでは、複数のRAMディスクを作成可能!
常時使用するRAMディスクと、使いたい時だけ使うRAMディスク、といったように使い分けができるようになり、とても便利です。
複数のRAMディスクを作成可能

RAMディスクはこんなときにも効果を発揮

RAMディスクはこんなときにも効果を発揮
●一度見たWEBページの再表示が速い!
WEBブラウザのキャッシュをRAMディスクに設定することで、一度見たWEBページを再度開く際にメモリーから高速に読み出し、表示できます。
設定も、RamPhantomEXの設定画面で、「Internet Explorer」「Mozilla Firefox」「Google Chrome」のうち、ご利用のブラウザにチェックを入れるだけと、とても簡単に設定を変更できます。
※IE10をお使いの場合は、履歴機能はご利用いただけません。

●解像度の高い画像の処理が高速化!
Photoshopなどの仮想ディスクの設置場所としてRAMディスクを設定することも可能。大容量メモリーを搭載した環境なら、メインメモリー+RAMディスクで、遅いHDDから解放されます。

●ゲームの様々なデータを超高速読み込み!
RAMディスクをパソコンゲームのインストール先にすると、様々なデータを高速に読み込めるから、ストレスフリーで快適。

●動画エンコーダー・デコーダーに
ファイル圧縮する時の一時ファイル領域に設定することができます。

●オーディオ編集、ビデオ編集に
複数のクリップをミキシングする際のタイムラグを軽減します。

インストール済みのアプリも高速化

「仮想リンク機能」を搭載 【特許申請中!】

インストール済みのアプリケーションでもRamPhantomEXがあれば簡単に高速化が可能に!RamPhantomEXでは、ファイルパスを変更せずにRAMディスクにデータを置き換える「仮想リンク機能」を搭載しました。
この「仮想リンク機能」と「バックアップ機能」により、例えばCドライブにインストール済みのアプリケーションを、RAMディスクと仮想的にリンクさせることで高速化できます。
また、ゲームであればゲームデータフォルダだけをRAMディスクに置きかえることで、ローディングを早くするといった応用も可能です。
※アプリケーションの動作によっては、仮想リンクを設定できない場合があります。
インストール済みのアプリケーションも高速化

RAMディスク使用のデメリットを解消

Windowsの起動が遅くなるのを防ぐ「RAMディスク高速作成機能」を搭載 【特許申請中!】

RAMディスクは高速化に非常に役立ちますが、大容量のRAMディスクを設定した場合は、Windowsの起動時にRAMディスクを作成するためWindowsの起動自体が遅くなってしまうのが難点です。
「RAMディスク高速作成機能」を搭載
ですがRamPhantomEXでは、RAMディスクを高速作成できるモードを搭載!大容量のRAMディスクを設定しても快適にWindowsを起動できます。

Windowsの仮想メモリーの保存先に

Windowsの仮想メモリの保存先に
クリックすると大きな画像が見られます
通常ハードディスクに保存されるWindowsの仮想メモリーを、RamPhantomEXで作成したRAMディスクに設定できるようになりました。
これにより、Windows(32ビット)で使用されていないメモリー領域まで最大限に活用しつつ、データの読み書きを高速化できるようになります。

バックアップ機能で安心

RAMディスクのプロパティ
クリックすると大きな画像が見られます
RAMディスクはメモリーを一時的にハードディスクとして使用しているため、通常はパソコンの電源OFFや再起動などを行うとデータが消えてしまいます。
RamPhantomEXではハードディスクへのバックアップ機能を3種類搭載!使い方に合わせて自由に選んでお使いいただけます。バックアップした内容は、パソコン起動時にハードディスクからRAMディスクへ自動的に読み込むことができます。
●バックアップをしない
(1)バックアップを行わない(データは保存されません)
データは保存されず、都度消去されます。残す必要のない一時ファイルや、残したくない機密・個人データを扱う場合に最適です。こちらを選択した場合、バックアップ領域を確保しません。

●バックアップをする
(2)ログオフ時に自動で保存 ※標準設定
パソコンをログオフするときに、自動でRAMディスク内のデータをまとめてハードディスクへ一時保存します。初期設定ではこちらに設定されています。
(3)コンピュータのアイドル時間を利用して保存
CPUの余剰パワーを利用して、CPU利用率が10%を下回ったときに、RAMディスク内のデータをハードディスクへ一時保存します。
(4)RAMディスクの書き込みと同時に保存
RAMディスクへの書き込みと同時に、ハードディスクへの書き込みを行います。書き込み自体は高速化しませんが、次にRAMディスクからデータを読み出すときは高速!不意のハングアップにも安心です。バックアップ先は、任意の場所に設定できます。

SSDの延命対策にも効果あり

WEBページの一時ファイル(キャッシュ)をRAMディスクに設定するなど、頻繁なデータの書き換えをRAMディスクにおまかせ。
SSDの書き込みはログオフ時にまとめて1回で済むので、SSDを長く使いたい方にも最適です。

無料でお試しできる!

誰でもOK!無料体験版をダウンロード

当社直販サイト「アイオープラザ」のサイトから、無料体験版「RamPhantomEX FREE」をダウンロードして使っていただけます。「本当に速いの?」 「自分のパソコンで動くか確かめたい」そんな時は、製品版をご購入いただく前に、お使いのPCで動作可能かどうかお試しいただけます。これで、購入前の不安は解消!
※無料体験版につき、お問い合わせなどのサポート対応はいたしかねます。
※無料体験版が正常に動作しないパソコンでは、製品版およびLE版でも同様に正常動作いたしません。
※ダウンロードには直販サイト「アイオープラザ」の会員登録(無料)が必要です。

無料体験版「RamPhantomEX FREE」のダウンロード(直販サイト「アイオープラザ」)

対象メモリー製品者様限定!機能限定版を無料ダウンロード

対象メモリー製品の購入で、「RamPhantomEX LE」を無料でダウンロードできます。
※既にご購入いただいた方も対象となります。
※ダウンロードの際は、当社メモリー製品のシリアル番号が必要です。
お買い上げのメモリー製品のシリアル番号をパソコンへの取付け前に控えておいてください。

RamPhantomダウンロード対象メモリー製品一覧
「RamPhantomEX LE」のダウンロード(サポートライブラリ)

製品版「RamPhantomEX」との違い

RamPhantomEX
(本製品)
RamPhantomEX LE
(対象メモリー製品ご購入特典)
RamPhantomEX FREE
(無料体験版)
RAMディスク 最大容量 制限なし(※1) 2GB(※2) 256MB
最小容量 1MB
複数ドライブ作成 2つまで -
仮想リンク機能 2つまで -
バックアップ機能 -
ブラウザキャッシュ設定

※1 パソコンが認識している最大メモリーから、OSが使用しているメモリーを引いた容量
※2 OS管理外メモリで作成できるRAMディスクの最大容量は1GBまでになります。

RamPhantom7に比べてここがパワーアップ!

・これひとつで、32ビットOSでも64ビットOSでも使える
・アルゴリズムの見直しにより、さらに高速化!
・複数のRAMディスクを作成可能
・「仮想リンク機能」を搭載
・「RAMディスク高速作成機能」を搭載
・Windowsの仮想メモリーの保存先に指定可能

「RamPhantomEX FREE(無料体験版)」を無料でお試し可能!

直販サイト「アイオープラザ」で無料体験版をダウンロード

直販サイト「アイオープラザ」のサイトから、無料体験版「RamPhantomEX FREE」をダウンロードいただけます。製品版をご購入いただく前に、お使いのPCで動作可能かどうかお試しいただけます。
無料体験版「RamPhantomEX FREE」のダウンロード(直販サイト「アイオープラザ」) 
※無料体験版につき、お問い合わせなどのサポート対応はいたしかねます。
※無料体験版が正常に動作しないパソコンでは、製品版およびLE版でも同様に正常動作いたしません。
※ダウンロードには直販サイト「アイオープラザ」の会員登録(無料)が必要です。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】