いつでも、どこでも、スマホやタブレットで「DVDミレル」

9月に発売されたDVDミレル。使いはじめてから、2週間が経とうとしています。実際に利用して感じたことを率直に書きたいと思います。

※DVDミレルは、市販のDVDソフトやホームビデオの記録画像をパソコンのDVD編集ソフトで編集したメディア(いずれもDVD-VIDEO方式)のみ、視聴可能です。自宅でテレビ番組をDVDレコーダーで録画した番組など(DVD-VR形式)の視聴には対応していませんのでご了承ください。

DVDミレルを使うまでの話。

今までは、DVDをレンタルし、リビングのテレビ+DVD再生プレイヤーで観ていました。ただ、リビングでDVDを観ようと思っても、家族が他番組を観ているなど、自分が観たいタイミングに合わないこともしばしば。パソコンも近頃では子どもが使っているし、自分の部屋に、テレビやプレイヤーを購入しようと考えたこともありましたが、そこまで思いも強くなく、次第に映画を観る機会も少なくなっていました。

DVDミレルを知ったときに考えたこと。

「スマホやタブレットでDVDが観れる」。そう耳にした時「これだ!」と思いました。スマホやタブレットで、以前から、テレビ番組や動画配信を観ていましたが、DVD映画は観ることがありませんでした。それもそのはずです。DVDミレルのような商品がなかったのですから。言ってみれば、普段持ち歩いているスマホやタブレットでDVDが観れること、それ自体が新しい発想なのです。そして、これからはこの視聴の仕方がスタンダードになると感じました。

※パッケージ写真

DVDミレルはDVDを楽しむだけでなく、CDをPC不要でスマホに取り込むこともできる。

DVDミレルを使って感じたこと。

普段使っている、スマホやタブレットでDVDが観れるということは、いつでも、どこでも、好きな映画やドラマのDVDを観れるということです。「そんなの当たり前じゃないか!」と怒られるかもしれませんが、その当たり前が嬉しいのです。なぜならDVDミレルがあれば、ちょっとした空いた時間でもDVDを観ることができるからです。この空いた時間を活かせることが、映画好きの私にとっては、ありがたいのです。

自分の部屋でもお風呂でも、家じゅうどこでも、映画が観れますし、外出時も電車で移動中、特に新幹線での出張には欠かせなくなりました。待ち合わせのカフェで相手が少し遅れるようなことがあってもDVDミレルがあれば、時間を持て余すこともありません。

カフェで休息中に、DVDミレル+タブレット+モバイルバッテリーで映画を鑑賞

寝室で観れるのも嬉しい!寝る瞬間まで、好きな映画が観れるのは、幸せな感じがします。このように、DVDミレルがあることで、今までなら視聴できなかった時間も、有効に使えることで、今まで以上に多くのDVD映画やドラマを観ることができています。

寝室にて親子でDVDや映画を楽しむこともできます(イメージ)

定額動画配信では観れない映画も、DVDなら観れる。

9月2日にNetflixの日本でのサービス開始で、定額制映像配信サービスが注目の的ですが、まだまだレンタルDVDに比べて観たい映画やドラマがなかったりしますね。例えば私は、『ショーシャンクの空に』や名作『風と共に去りぬ』が大好きですが、Netflixにもhuluでも配信されていません。以前、映画館で観た「スクール・オブ・ロック」も同様です(2015.9.21現在)。今後、視聴できる作品は増えていくと思いますが、現状では、まだまだレンタルDVDの方が作品は多いのです。

また、私は音楽が好きで数多くのLIVEのDVDを持っていますが、お気に入りのミュージシャンの作品も、huluやNetflixにはありませんでした。DVDミレルなら、手持ちのDVDソフトも観ることができるので嬉しいです。

インターネット環境がなくても、映画やドラマが観れる。

DVDミレルは、スマホやタブレットと無線でダイレクトに接続されます。つまり、インターネット環境がなくても映画やドラマを観ることができます。これも、定額制の映像配信サービスとは違うところです。

スマホやタブレットで映画を観るスタイルがカッコいい!

これはあくまでも主観ですが、とにかくスマホやタブレットで映画を観ているのがカッコいい。クールです。実際、カフェで観ていた時は、周りから注目されていることを感じました。

途中で止めて移動しても、続きから観れる。

DVDミレルにはレジューム機能(※)がついているので、移動で視聴をやめないといけなくても、移動先では、先ほどの続きから観ることができるのも嬉しいところです。

(※)レジューム機能
再生を停止した位置を記憶し、次の再生の際にその停止した所から再生をはじめる機能。

外での視聴は、モバイルバッテリーを持参して。

私は、外出時に必ずモバイルバッテリーを持参しています。カフェなどで観る時は、必須です。また新幹線移動も、北陸新幹線は全席に電源がありますが、東海道新幹線はA席にしかありません(普通席)。モバイルバッテリーがあることで、外出時も映画やドラマを観ることができています。

※DVDミレルは、ドライブ本体に電源となるバッテリーを内蔵せず、ACアダプターが付属。視聴には、電源が必要です。外出時はモバイルバッテリー(別売)を持参してください。その際に必要なUSB-DC変換ケーブルはDVDミレルに同梱されています。対応バッテリーはこちら
※モバイルバッテリーは、出力電流2.1A以上のUSBポートをご使用ください。出力アンペアが2.1A未満の場合、ドライブが回らず、再生できない場合があります。

最小キットのどこでもシアターを手に入れたということ。

かばんの中。スマホとDVDミレルとモバイルバッテリー。

DVDミレルのおかげで、以前より格段と映画やドラマを観る機会が増えました。そうです。DVDミレルによって、まさに、いつでも、どこでも自分専用のシアターを手に入れたことになります。

繰り返しになりますが、DVDを観るために新たなデバイスが必要なのではなく、普段使いしているスマホやタブレットで観れることが良い。最小キットの映画シアターをDVDミレルは実現してくれました。さらにいろんな映画やドラマを観たいと思っています。

(番外編)DVDミレル アプリについて

「DVDミレル」アプリは、「DVDミレル(無償版)」と「DVDミレル for CDレコ(有償版3000円 期間限定2000円)」の2つがあります。DVDミレルを購入した方は、無償版を。既にCDレコWi-Fiをお持ちの方は、有償版をダウンロードし、お楽しみください。

間違わないで!!


  • 「DVDミレル(無償版)」

  • 「DVDミレル for CDレコ(有償版)」

◎関連リンク
◎「DVDミレル」(商品説明ページ)
◎「DVDミレル」(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】