Q&A

WindowsXP対応ドライバの入手方法とインストール方法について

<内容>

WindowsXPには、CBSCIIサポートソフトのVer1.08より対応しています。
CBSCIIサポートソフトのWindowsXP対応ドライバの入手方法とインストール方
法を以下にご案内します。

◆CBSCIIサポートソフトの最新版の入手方法

1.ハードディスク上にに新規でフォルダを作成します。
 (容量が空いているところであれば任意のところで構いません。)

 <例>
 1)マイコンピュータをダブルクリックで開きます。
 2)ハードディスクのアイコン(例えばCドライブ)をダブルクリックします。
 3)ハードディスクの内容が表示されたウィンドウが開きましたら、右上の
  メニューから[ファイル]→[新規作成]→[フォルダ]をクリックします。
 4)「新しいフォルダ」という名前のフォルダが作成されますので、名前を
  「CBSC」(名前は任意で構いません)に変更してください。

2.以下のアドレスを開き、CBSCIIサポートソフトの最新バージョンを
 「▼ダウンロード」をクリックし、1.で作成したフォルダ(CBSC)の中に
 「cbs2108.exe」ファイルを保存しておいてください。
 
 アドレス: http://www.iodata.co.jp/lib/product/c/20_winxp.htm

3.Windows上のエクスプローラを起動します。
 メニューバーより、[スタート]-[プログラム]-[エクスプローラ]の順に
 クリックし、2.でダウンロードしたファイルが保存されているところを
 開いてください。
4. 「cbs2108.exe」ファイルをマウスでダブルクリックします。
 すると、「解凍しますか」ときいてきますので、「Yキー」を押します。
5.1.で作成したフォルダ内に「DISK.EXE」ファイルが作成されますので、
 「DISK.EXE」ファイルをダブルクリックしてください。

 CBSCIIの最新ドライバが解凍されフォルダ内に展開されます。

ドライバファイルの解凍ができましたら、以下の手順でドライバの
インストールを行ってください。

◆インストール方法

1.Windowsを起動します。
2.CBSCIIをパソコンのPCカードスロットにいれます。

 インストールのウィザード画面が自動的に起動してきます。

 ※ここでインストール用のウィザード画面が起動してこない場合は、
  デバイスマネージャを開き、「SCSI/RAIDコントローラ」もしくは
 「その他のデバイス」に「CBSCII?」もしくは「SCSI?」もしくは
  「WBT?」というデバイスドライバが組み込まれていない確認します。
  組み込まれているときは、そのデバイス名を右クリックして削除します。
  CBSCIIカードを一度抜いてもう一度装着しなおしてください。

3.「新しいハードウエアの検出ウィザード」で「一覧または特定の場所から
 インストールする」を選んで[次へ]ボタンをクリックします。
4.「次の場所を含める」にチェックをつけ、[参照]ボタンをクリックします。
5.フォルダの参照画面でCBSCIIのドライバが保存されているドライブ名→
 フォルダ名(CBSC)→「WIN2000フォルダ」を選び、[OK]ボタンをクリック
 します。
6.「このハードウェア?を使用するためにインストール使用としているソフト
 ウェアは、Windows XP との互換性を検証するWindowsロゴテストに合格
 していません?」 と表示されましたら、そのまま[続行]を選びます。
7.「新しいハードウェアの検索ウィザードの完了」が表示されましたら、
 [完了]をクリックします。

 以上でインストールは終了です。
Q&A番号 10315
このQ&Aの対象製品 CBSC2 CBSC2A CBSC2F CBSCII

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】