Q&A

・既存のネットワーク環境へ導入する場合について
・ET-FPS1Lの設定を行うと、インターネットができなくなったのですが?

<内容>

ET-FPS1Lを既存のネットワーク環境で実用する際、
パソコンはIPアドレスをルータ(インターネットのためのモデム機器など)
から自動取得するようになっている場合は、ET-FPS1LのIPアドレスやサブ
ネットマスクをパソコンがルータなどから自動取得される値ど同等のセグ
メントの値にしていただく必要があります。

  たとえば、ルーターのIPアドレスが 192.168.0.1、ルーターがパソコンに
自動割り振りするIPアドレスの範囲が 192.168.0.2?192.168.0.50 で、
サブネットマスクが、ルータ、パソコンいずれも 255.255.255.0 の場合 、
ET-FPS1L には 192.168.0.60 や 192.168.0.244 というような値を設定します。
( 254 より大きい値は設定できません。)

 また、ルーターやパソコンが 192.168.1.xxx という値を割り振られている
環境で、ET-FPS1L を 192.168.0.123 など 異なるセグメントとなる値に設定
しますと、SMB印刷(Windows95/98/Me)ではET-FPS1Lを参照することができません。


インターネット利用のために、通常はパソコンのIPアドレスは自動取得の状態で
ご利用になる場合は、まずパソコンが自動取得するIPアドレス、サブネット
マスクがどのような値か確認し、ET-FPS1LのIPアドレス、サブネットマスクを
その値と同一のセグメントとなる値に変更してください。

※ ET-FPS1LのIPアドレスを変更する際は、ET-FPS1Lと同等のセグメントの
  IPアドレス、サブネットマスクとなっているパソコンからInternetExplorer
   で設定画面を開く必要があるため、設定変更操作のために、パソコンは一時的
   にIPアドレスを自動的に取得から IPアドレスを指定にしていただくことと
   なります。
   ET-FPS1LのIPアドレスの変更操作が終了しましたら、InternetExplorerを閉じ、
   変更操作をしていたパソコンのIPアドレスを自動取得に戻してください。
Q&A番号 10967
このQ&Aの対象製品 ET-FPS1L

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】