Q&A

WindowsXPで暗号化する場合の「キーのインデックス」の設定について


<内容>
WindowsXPの「ワイヤレスネットワークのプロパティ」画面で暗号化の
設定を行う場合、「キーのインデックス」の設定も確認してください。


●使用するアクセスポイントの暗号化設定画面で、「キー1」?「キー4」など、
 暗号キー入力欄がいくつかある場合。

【WindowsXP ServicePack1がインストールされている場合】
 
 1)[ワイヤレスネットワークのプロパティ]画面で、ネットワークキーなどの
  必要な設定を行います。
  以下のホームページもご参考にご覧ください。
  http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s10791.htm

 2)「キーのインデックス」を「1」から「4」のいずれかに設定します。
  ※アクセスポイントに4ヶ所暗号キーを入力する項目がある場合、
   キーのインデックスを「2」にした場合には、アクセスポイントの
   「キー2」欄に入力した暗号キーをネットワークキー欄に入力します。

 3)アクセスポイントに「デフォルト送信キー」という設定項目がある
  場合には、ワイヤレスネットワークのプロパティ画面の「キーの
  インデックス」の数字と合わせてください。


【WindowsXP ServicePack1がインストールされていない場合】

 1)「ワイヤレスネットワークのプロパティ」画面で暗号化の設定を
  行います。
  以下のホームページも参考にご覧ください。
  http://www.iodata.co.jp/support/advice/wnb11axp/xpsetting.htm

 2)「キーのインデックス」は「0」から「3」を設定します。
  ※アクセスポイントの暗号キー欄と、キーのインデックスの数字が少し
   ずれまのでご注意ください。
   キーのインデックスが「0」の場合には、アクセスポイントの「キー1」
   を使用します。
   キーのインデックスが「3」の場合には、アクセスポイントの「キー4」
   を使用します。

 3)アクセスポイントに「デフォルト送信キー」という設定項目がある
  場合には、ワイヤレスネットワークのプロパティ画面の「キーの
  インデックス」の数字と合わせてください。
  ただし、「2)」のように設定方法をご注意ください。



●アクセスポイントに暗号キー入力欄が一ヶ所しかない場合

 WindowsXP ServicePack1の環境では「1」を選択します。
 ServicePack1をインストールしていなければ「0」を選択します。


【参考:ServicePack1がインストールされているかどうかの確認方法】

 1.[マイコンピュータ]を右クリックし、[プロパティ]を選択します。
 2.「システムのプロパティ」画面の「全般」タブを開きます。
 3.一番上の「システム」の項目にWindowsXP ServicePack1と記載されて
  いたら、インストール済みです。


 
 


Q&A番号 11313
このQ&Aの対象製品 WN-B11/USB WN-B11/PCM WN-B11/AXP WN-B11/PCI WN-B11/INS WN-B11/INS-S WN-B11/PRS WN-B11/BBR WN-B11/BBRH WN-B11/BBRH-S WN-B11/PCMH WN-B11/USBH WN-B11/CF WN-B11/BBRH-S2 WN-B11/PCIH WN-B11/USBS WN-B11/AXPH WN-B11/AXPH-S WN-B11/CBU2 WN-B22-S WN-AB/CB WN-G54/BBR WN-G54/AXP WN-G54/BBR-S WN-G54/AXP-S WN-AG/BBR-S WN-AG/BBR WN-G54/BBR-S2 WN-G54/A

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】