Q&A

「QuickSecurePlusのバージョンチェックに失敗しました」とエラーが表示されるのですが?


ED-S2シリーズはSUGateのログイン時に、リムーバブルディスク内の
「QuickSecurePlus.exe」と「QS-Erase.exe」のバージョンチェックを行います。
これらのファイルが無い場合は、仮想CD-ROM領域からリムーバブルディスク内にコピーします。
何らかの要因でバージョンチェックに失敗した場合に、このメッセージが表示されます。
以下の項目をご確認いただき、改善されないかお試しください。

(1)
リムーバブルディスク内に「QuickSecurePlus.exe」と「QS-Erase.exe」がある場合は、一旦これらを削除してください。
ED-S2シリーズをパソコンから取り外し、再度パソコンに接続してSUGateのログインをお試しください。

(2)
製品に添付のサポートソフトCD-ROMから初期化プログラム(SUReset)を起動し、初期化を行って改善がみられないかをお試しください。
初期化を行いますとUSBメモリ内に保存したデータがすべて消去されますので、必要なデータはあらかじめバックアップを取ってから初期化を実行してください。

(3)
ED-S2シリーズの「リムーバブルディスク」ドライブのドライブレター(ドライブ文字)を、「Z」に割り当てている場合は、このエラーメッセージが表示されます。
(Windowsのログインアカウントが管理者権限ではなく制限ユーザー権限の場合のみ)
この場合は「Z」以外のドライブレターに割り当てを変更してご使用ください。

(4)
他の常駐プログラムの影響がないかの切り分けのため、以下の手順で他の常駐プログラムを停止して状況が変らないかお試しください。

 <Windows Vistaの場合>
 -方法- 
 Windows Defender 機能で設定します。
 1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[WindowsDefender]
  -[ツール]の順にクリックします。

 2.[ソフトウエアエクスプローラ]をクリックします。

 3.カテゴリ欄プルダウンメニューより[スタートアッププログラム]
  を選択します。

 4.MicrosoftCorporationに属するもの以外の分類を[無効にする]
  をクリックして無効にします。
  ([無効にする]が選択できない(グレーアウトしている)場合、
   [すべてのユーザーについて表示]をクリックして選択できる
   ようにします。)

 <Windows XPの場合>
 -方法- 
 1.[スタート]ボタンをクリックし[ファイル名を指定して実行]をク
  リックします。[名前]欄に[msconfig]と入力しOKボタンをクリッ
  クします。 

 2.[スタートアップ]タブをクリックし、以下の項目以外のチェック
  を外し、「適用」ボタンをクリックします。
 ※後で元に戻せるように現在のチェックの状態をメモ等に控えてく
  ださい。 

 ・IMJPMIG
 ・TINTSETP
 ・Ctfmon 

 3.「閉じる」ボタンをクリックし、「再起動しますか」と聞いてき
  ますので、画面に従い再起動してください。

 4.Windowsが再起動すると、システム構成ユーティリティが設定の変
  更を確認するウィンドウが表示されますので、チェックボックス
  を有効にして[OK]をクリックします。
 ※チェックボックスを有効にせずに[OK]をクリックすると、再び
  システム構成ユーティリティが起動します。

 上記作業で常駐ソフトウェアが停止された状態となります。
 この状態のままでは通常の使用に支障をきたす場合がありますので、
 動作確認後は上記と同様の手順でシステム構成(設定)ユーティリ
 ティを起動して必要に応じてチェックを有効にしてください。

 <Windows 2000の場合>
 -方法-
 Windowsのタスクトレイ右横、時計表示がされている部分あたりに小
 さなアイコンが並んでおります。
 各アイコンを右クリックし、「終了」や「常駐解除」「停止」など
 を選択してください。(終了方法はソフトにより異なります)

以上を確認していただいても改善がみられない場合は、製品の故障の可能性があります。製品は修理センターにて検査、修理を承ることが可能です。
製品に添付の取扱説明書をご確認いただき、修理センター宛にお送りください。
Q&A番号 15869
このQ&Aの対象製品 ED-S2/512 ED-S2/1G ED-S2/2G ED-S2/4G ED-S2/512A ED-S2/1GA ED-S2/4GA ED-S2/2GA

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】