Q&A

「net.USBクライアント」を起動すると「×ネットーワーク上にnet.USB機器が見
つかりません。」のメッセージが表示されるのですが?


<現象>

「net.USBクライアント」を起動すると以下のようなメッセージが表示される。

/support/qanda/images/16502/netusb1.gif


<対処>

1.「net.USBクライアント」を起動しているパソコンと本製品のIPアドレスの
  セグメントが一致しているかご確認ください。
  一致していない場合は、本製品(または、パソコン)のIPアドレスを
  変更して、セグメントを合わせてください。


 例:パソコンのIPアドレスが「192.168.0.3」で、本製品のIPアドレスが
   「192.168.1.10」の場合は、セグメントが異なるIPアドレスのため
    上記エラーになります。

   本製品のIPアドレスを「192.168.0.10」に変更してください。

  ※「ETG-DS/US(-HS)」をご利用で、ネットワーク環境にDHCPサーバーが
  ない場合のIPアドレス変更手順については、こちらをクリック


 ※「WN-G300DR」をご利用でスイッチを「AP」にしてご利用時の確認事項

  「WN-G300DR」の底面にあるスイッチを「AP」でご利用の場合「WN-G300DR」
   のIPアドレスが、192.168.0.201に固定されます。
   
  そのため、上流のルーターモデムが「192.168.0.xxx」とは別のセグメント
  のIPアドレスを割り振りする場合は、パソコン側は別セグメントの
  IPアドレスを取得している状態になります。
   (この状態でも、「WN-G300DR」はアクセスポイントとして動作
     しているだけなので、インターネット接続はできます。)

  その結果、net.USB機器である「WN-G300DR」と、パソコン側のIPアドレス
  のセグメントが異なるため、「net.USBクライアント」を起動した際に、
  「×ネットーワーク上にnet.USB機器が見つかりません。」の
  メッセージが表示されます。

  【対処】
  
   該当する場合は、スイッチを「自動」に変更してください。
   上流にルーターモデムがあれば、自動でアクセスポイントモードになり
   ます。
   その際、「WN-G300DR」のIPアドレスは上流のモデムから取得した
   IPアドレスになり、パソコンと同一セグメントになります。

   そのため、今回の問題がパソコンと「WN-G300DR」のIPアドレスの
   セグメントが違う点にあれば、問題が回避されます。

      ※もしくは、固定AP時に192.168.0.201のWN-G300DRのIPを
    上流から配られてくるIPに設定すればOKです。
        手順はこちらを確認してください。

2.「net.USBクライアント」を起動しているパソコンでセキュリティソフトが
 インストールされている場合は、ファイアウォール機能で「net.USBクライ
 アント」が遮断されている可能性があります。
 一時的にファイアウォール機能を無効にして回避できるかお試しください。

 無効にすると回避できる場合は、ファイアウォール機能の詳細設定等で
 「net.USBクライアント」を例外に登録してください。

 詳細な設定方法は、セキュリティソフトのヘルプをご参照いただくか、
 メーカー様にお問合せください。
Q&A番号 16502
このQ&Aの対象製品 HDLP-G500 HDLP-G320 HDLP-G250 HDL-S1.0 HDLP-S500 HDL-S1.5 HDL-S500 ETG-DS/US HDL2-S2.0 HDL2-S3.0 HDL2-S4.0 WN-G300DR WN-G300DR-U HDL-S2.0 WN-G300DGR WN-G300DGR-U HDLP-S1.0 ETG-DS/US-HS HDL-CE2.0 HDL-CE1.0 HDL-CE3.0 HDL2-A4.0 HDL2-A2.0 HDL2-A6.0 HDL2-AH2.0 HDL2-AH4.0 HDL2-AH6.0 WN-DS/US HDL-A1.0 HDL-A2.0 HDL-AH1.0 HDL-AH2.0 HDL-AH3.0 HDL-A3.0 HDL-CE2.0S HDL-CE3.0S HDL-CE1.0S HDL-A2.0S HDL-A3.0S

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】