Q&A

スイッチングハブを長いケーブルでカスケードすると、LEDが激しく点滅、
またはゆっくり点滅してデータの送受信ができないのですが?

<原因>

ケーブル自体がカテゴリ5を満たしていても、RJ-45コネクタ部分での配線を
間違っていると、短いときは問題ないのですが、ケーブルが長くなったとき
に不具合が起こりやすくなります。
正しいストレートケーブルの配線は、RJ-45コネクタのストッパー部分を上
にしてみた場合、左から次の順番で結線します。

 1 --- 白橙
 2 --- 橙
 3 --- 白緑
 4 --- 青
 5 --- 白青
 6 --- 緑
 7 --- 白茶
 8 --- 茶

誤った順番に配線するとクロストークが増え、正常に送受信できません。

<対処>

使用しているケーブルが、カテゴリ5の規格を満たしていない可能性があり
ます。自作ケーブルの場合は、配線,ケーブルの質を確認してください。

1000BASE-Tの接続には100BASE-Tよりも更に厳密な通信品質が要求されます。
LANケーブルのカテゴリがカテゴリ5e以上(推奨カテゴリ6以上)を満たしているこ
と、また不必要にLANケーブルが長くなっていないこと、他のケーブル(電源ケー
ブル等)と一緒に配線されていないこと等を確認してください。

<参考>

ケーブルがどの属性に属するかを決定する主な特性は、近端クロストーク
(NEXT)と減衰となり、様々な転送周波数で測定した時の値のレベルです。

クロストークは、より対線ケーブルの隣接するペアの間で伝送される望ま
しくない干渉のことをいいます。
LANケーブルのガイドラインであるEIA/TIA-568は、このパラメータを近端クロス
トーク(NEXT)として指定しています。

近端クロストーク(NEXT)は、データ通信回路の近端または「ローカル」
サイドで、このようなペアからの干渉を拒絶するケーブルの能力を表して
います。
減衰レベルとは逆に、NEXTの値が大きいほど、そのケーブルのクロストーク
干渉に対する許容度が大きいことになります。
減衰は、データがケーブルを伝搬する時に起こるデータ信号の強度の減少を
いいます。

これは1000フィート当たりのデシベル(dB/1000ft.)で表されます。
このdBの値が小さいほど、良いケーブルといえます。

これらの特性について大事なのは、ケーブルがある規格で規定されている
最低のガイドラインに適合しているだけで、そのケーブル製造者はその規格
に適合していると宣言できるという点です。

したがって、あるケーブルが特定のカテゴリに規定されている要求事項を
すべて満たしている場合でも、そのケーブルが求めているバンド幅を提供
できるとは限りません。

・クロストーク効果
  近端クロストーク(NEXT)は、一般的にはワイヤが正しくシールディング
 できていないことから発生するもので、これがデータ転送に及ぼす負の
 効果を蓄積していきます。
  クロストークは、前述したように隣接したペア間で発生する(Pear to
 Pear NEXT)だけではなく、UTPケーブル内のすべてのペアも独自のレベ
 ルの遠端クロストーク(FEXT)を発生させ転送ペアや受信ペアへのこの
 負の干渉効果を増幅させます。

  ツイストペアケーブル(中はより対線が4組入っている)
  12=xxxxxxxxx=
  34=xxxxxxxxx=
  56=xxxxxxxxx=(例えばここの2本間で干渉しあうのがNEXT)
  78=xxxxxxxxx=

・減衰量
  減衰量とは、ケーブルの長さに渡って発生する信号損失の量のことです。
 減衰量にはいくつかの要素が影響します。
  それは、線のサイズと構成、ケーブルの全長、シールディングNVP
 (通常伝搬速度)、及び信号周波数です。
  UTPケーブルの場合、減衰量は信号周波数につれて増加します。
  これはカテゴリ3とカテゴリ5のテストにおける重要な相違になります。
  カテゴリ3ケーブルは1?16MHzの範囲でテストを行いますが、カテゴリ5
 ケーブルは1?100MHzの範囲の帯域幅で1MHz毎にテストをおこないます。
  100MHzカテゴリ5ケーブルで減衰量が高くなりすぎると、ネットワーク
 インターフェイスカードによって作られた信号がハブに届かなくなって
 しまうかもしれません。
  一般的な基準として100メートルの100MHzケーブルの平均減衰量レベル
 は21.89dBです。

・遅延スキュー
  すべてのデータ転送シナリオにおいて、共通の回路を経由して情報が送信
 装置か受信装置にトラベルするのに要する時間を、伝搬速度と呼びます。
  しかし、データ・フレームが8ビット・バイトに分解されて4ペアのより
 対線を経由して転送される時には、これらのビットが回路のリモート・
 エンドに到達する時間が異なります。
  このデータバイトの最初のビットと最後のビットを受信する間の時間差
 が遅延スキューです。
  遅延スキューは、4線、半二重のネットワーキング・スキーマのパフォー
 マンスには、全く影響を及ぼしません。
  しかし、全二重、8線、パラレルペアのネットワーキング・スキーマの
 発展に伴って、遅延スキューは、ネットワークのパフォーマンスに大きく
 影響を及ぼす非常に重要なファクターとなってきました。
  高速ネットワーク環境で、スキュー・レベルがそれらのパラメータを
 超えた時には、効果的な転送は保証されません。

  送信側                                          受信側
               伝送速度により、遅延が生じます。
  (1)------------------------------------------------(1)
  (2)-------------------------------------(2)---------->
  (3)-------------------------------(3)---------------->
  (4)------------------------(4)----------------------->
            (1)が到達して(4)が到達するまでの時間が
            「遅延スキュー」です。
Q&A番号 628
このQ&Aの対象製品 ET-FSWH12 ET-FSWH16 ET-FSWH4 ET-FSWH8 ET-FSWH8E ET-FSWH8-TP ET-FSWH8-R ET-FSWH8-S ET-FSWH5 WNA-FSWH4 ET-FSWH8-TP2 ET-FSWH5L ET-FSWH16L ET-FSWH5L2 ET-FSWH8S2 ETG-SH8 ET-FSWH8-TP3 ET-FSWH16L2 ET-FSWH8P ETX-SH5 ETX-SH8N ETG-SH5 ETX-SH24N ETX-SH5SPW ETX-SH5SBK ETX-SH5SR ETX-SH8 ETX-SH8NTP ETX-SH16N ETG-SH16N ETG-SHV16N ETX3-SH24N ETX2-SH5SBK ETX2-SH5SPW ETX2-SH5SR ETG2-SH16N ETG2-SHV16N ETX-ESH5K ETX-ESH5W ETX-ESH8K ETX-ESH8W ETG-ESH8 ETG-ESH5 ETG-ESH5N ETG-ESH8N

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】