Q&A

接続する機器の制限 について

<内容>

以下のような機器であれば使用することができます。

1. シリアル(RS-232C)機器であること
2. 同期方式が調歩同期(非同期)タイプであること
3. DTE速度(パソコン、シリアル機器間の端末速度)が固定のもの
4. 機器の対応DTE速度が、以下いずれかに対応しており、かついずれかの速
  度に固定して動作するもの
   ( 通信途中にDTE速度が変わる機器は使用できません)
     
   2400bps、4800bps、9600bps、19200bps、38400bps、57600bps、115200bps
   
5. 電波状態が悪い状況下において、通信途中にデータが途切れた場合、 
   シリアル機器を使用するソフトウェアのほうで、データ通信の再送を
   行うように考慮されていること

6. データビットの形式が、以下のいずれかであること
     ・ 8ビット、パリティなし
     ・ 7ビット+偶数パリティ
     ・ 7ビット+奇数パリティ
   
   (「8ビット+偶数(奇数)パリティ」、「7ビット、パリティ無し」
       では使用できません。)

7. ストップビットが 1 で動作するもの
   ( ストップビット1.5、ストップビット2 では利用不可 )
 
以上、使用するシリアル機器及び制御するソフトウェアが満たされてあれば、
使用可能です。


※フロー制御については、「フローなし」か「フローあり」の設定が可能で
  す。
※フローあり にした場合、[CS/RSフロー]としてのみ働きます。
   ( XON/XOFFフローは利用不可 ) 
※一般にデジタルカメラは通信途中にシリアルポートの速度が可変してしま
  うものが多く、DTE速度が固定ではないため、デジタルカメラは未対応で
 す。
  
ご使用したいシリアル機器がありましたら、シリアル機器のメ−カーに満た
されているかをご確認の上、ご使用ください。
一般的な市販の モデム(非同期タイプ) 及びターミナルアダプタ(同期64kbps
まで)は、メーカー仕様について確認することなく通常問題なくご使用できま
す。
Q&A番号 9027
このQ&Aの対象製品 WNA-RS(x2)

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】