Q&A

WindowsNT4.0 で RSA-DVシリーズを 16550互換モードでセットアップする方
法について

<内容>

以下の手順で行なってください。

−方法−

※このモードは、付属サポートソフトのドライバは不要です。
  インストトールされたようならサポートソフトの「\NT\SETUP.EXE」を実
 行し、「ドライバの削除」を行なってください。

1.WindowsNT4.0を起動します。
  「コントロールパネル」-「シリアルポート」を開き、COM番号が何番まで
 あるかを確認します。
2.確認されましたら、[追加]ボタンを押し、RSA-DVシリーズボードに割当て
 るCOMポートを追加します。
 COM3以降にRSA-DVシリーズを割当てる場合、任意の空いているIRQに変更
 してください。
 ※一旦、追加したCOMポートのリソースを変更するには 追加したCOMポー
  トを選択、設定-詳細ボタンを押し、IRQを任意の空いているIRQに変更
  可能です。
 ※WindowsNT診断プログラムでは、使用されているすべてのデバイスが表
  示されず使用しているにも関わらず、表示されない場合があります。
  その際には、ご利用のパソコンの取扱説明書などで空いているIRQを予
  め確認する必要があります。

3.WindowsNT4.0を終了し、パソコンの電源をOFF、電源ケーブルをACコンセ
 ントから外します。   
4.RSA-DVII/Sボード上のスイッチを、非PnPモード(SW1-1のみOFF)に設定
 してパソコンに装着します。
5.MS-DOS環境にて、サポートソフトの「\DOS\RSASETUP」を実行し、追加し
 たCOMポートのIRQ,I/Oポートアドレスを設定します。

            I/Oポート  ,  IRQ
     COM1    03F0      ,   4
     COM2    02F0      ,   3
     COM3    03E0      ,   4 (もしくは任意で変更したIRQ)
     COM4    02E0      ,   3 (もしくは任意で変更したIRQ)
    ( RSA-DVII/S取扱説明書P34参照 )

   設定を終了した際は、必ずパソコンの電源を切ってください。

   ※MS-DOS環境とは、
     ・ ハードディスクにインストールされているMS-DOSを起動したところ
     ・ MS-DOS起動ディスクでパソコンを起動したところ
     ・ Windows95を終了し「MS-DOSモードで再起動」したところ
     ・ Windows95起動時に「F8」キーを押して表示されるメニューで
       「MS-DOSプロンプトのみ」を選択したところ
      等です。
     ( この操作は、別のISA搭載マシンでも実行可能です。 )
      Windows95/3.51/4.0上の「MS-DOSプロンプト」では実行できません。
    
6.パソコンの電源を入れ直し、WindowsNT4.0を起動します。
  
以上で、16550互換モードの設定でご利用可能となります。
(サポートソフトの\DOS\README.TXT参照)

上記にてご利用をお試しください。
Q&A番号 9857
このQ&Aの対象製品 RSA-DV/S RSA-DV2/S

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】