検索結果

トップページ

ヘルプ

Sync Connect⁺

アプリ検出型バックアップアプリ

右上の[マニュアル内検索]もご利用ください

このガイド内の用語を指定して検索することができます。

バックアップとは

本製品に保存されたデータを守るために、別の記憶媒体(HDD・BD・DVDなど)にデータの複製を作成することです。(データを移動させることは「バックアップ」ではありません。同じデータが 2 か所にあることを「バックアップ」と言います。)
万一、故障や人為的なミスなどで、一方のデータが失われても、残った方のデータを使えますので安心です。不測の事態に備えるために、必ずバックアップをおこなってください。

本アプリについて

本アプリ「Sync Connect⁺」は、アプリ検出型バックアップアプリです。「シンクコネクトプラス」と読みます。
対応アプリやフォルダー単位でデータをバックアップ/復元できます。

動作環境や最新の対応アプリなどについて

こちらのWebページをご覧ください。

https://www.iodata.jp/ssp/soft/data/back/syncconnect-p.htm

対応アプリを検出!

対応アプリをお使いの場合、自分でフォルダーを設定する必要はありません。
アプリ名を選ぶだけで、アプリがデータ保存に使っているフォルダーを自動でバックアップ対象に設定できます。

対応アプリ

• 弥生会計

基本的なフォルダーは対象に設定済み!

デスクトップやドキュメントフォルダーなどの良く使われるフォルダーは「よく使う場所」として最初からバックアップ対象に設定してあります。

よく使う場所

• デスクトップ

• ドキュメント

• ピクチャ

• ビデオ

• ミュージック

• ダウンロード

外付けHDDをつなぐだけでバックアップ!

バックアップ先に指定した外付けHDD(SSD)をつなぐだけでバックアップが始まります。
アプリを起動してバックアップボタンを押す、そんな面倒な操作は不要です。

※ 当社製の外付けHDD(SSD)にだけ対応しています。

初回設定をする

本アプリを初回起動した際、初回設定の画面を表示します。

  1. ①「アプリ」のバックアップ対象のうち、バックアップしないもののチェックを外す

    ※「アプリ」には、対応アプリのうちインストールされているものを表示します。

    ②「よく使う場所」のバックアップ対象のうち、バックアップしないもののチェックを外す

    ③[次へ]をクリックする

    自分でバックアップするフォルダーを指定する方法

    ①[追加]をクリックする

    ② 表示された画面でバックアップするフォルダーを選ぶ

  2. ① バックアップデータを保存する外付けのHDD(SSD)を選ぶ

    ②[開始]をクリックする

    外付けのHDD(SSD)がリストにない場合

    外付けのHDD(SSD)が正しくつながっていないことが考えられます。
    外付けのHDD(SSD)をつなぎ直すなど、接続をご確認ください。

  3. 初回のバックアップを実行します。
    データ量に応じて時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

  4. 結果が表示されたら確認し、[閉じる]をクリックする

    失敗した項目があった場合

    [失敗の詳細]をクリックすると、詳しい情報を確認できます。
    問題を解決した後、ホーム画面で[バックアップ]をクリックしてください。

  5. ホーム画面が表示されれば、初回設定は完了です。
    今後は、バックアップ先に設定した外付けHDD(SSD)をつないだり1日経過したりするごとに、自動でデータをバックアップします。

バックアップするフォルダーを追加する

バックアップするフォルダーを追加するには、設定画面を開きます。

  1. ホーム画面の[設定]をクリックする

  2. ①[対象選択]をクリックする

    ②[追加]をクリックする

  3. ① バックアップの対象にするフォルダーを選ぶ

    ②[OK]をクリックする

  4. [OK]をクリックする

  5. ホーム画面の「選択したフォルダー」に選んだフォルダーが追加されています。

    ⇒ これでフォルダーをバックアップ対象へ登録できました。
    まだバックアップしていない状態ですので、バックアップすることをおすすめします。

    フォルダーを指定してバックアップする

HDDをつないでバックアップする

バックアップ先に指定したHDDをパソコンにつなぐだけでバックアップを開始します。

  1. バックアップ先に設定した外付けHDD(SSD)をパソコンにつなぐ

  2. バックアップ開始の通知が出るので、[開始]をクリックする

    ⇒ バックアップを実行します。
    データ量に応じて時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

    ※ カウントダウンが終わった場合も、自動的にバックアップを開始します。
    バックアップしたくない場合は、[キャンセル]をクリックしてください。

  3. 結果が表示されたら確認し、[閉じる]をクリックする

    ⇒ これでバックアップは完了です。

    失敗した項目があった場合

    [失敗の詳細]をクリックすると、詳しい情報を確認できます。
    問題を解決した後、ホーム画面で[バックアップ]をクリックしてください。

一定時間おきにバックアップする

設定した時間おきにバックアップします。

初期値では1日(24時間)ごとにバックアップするようになっています。
特に何も設定する必要はありません。

バックアップのタイミングを設定する

設定画面の[スケジュール]で設定できます。

設定-スケジュール

意図せずにバックアップデータが更新されることがあります

スケジュールによるバックアップは自動で実施します。
また他のユーザーでパソコンを使っている際にも、スケジュールによるバックアップを実施します。

そのため、あなたが意図しないタイミングでバックアップデータが更新されていることがあります。

フォルダーを指定してバックアップする

登録済みの任意のフォルダーを指定してバックアップします。

  1. ① ホーム画面でバックアップする対象だけをチェックする

    ※[全て解除]ボタンは一括でチェックを外す時に便利です。

    ②[バックアップ]をクリックする

  2. 画面を確認し、[開始]をクリックする

    ⇒ バックアップを実行します。
    データ量に応じて時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

  3. 結果が表示されたら確認し、[閉じる]をクリックする

    ⇒ これでバックアップは完了です。

    失敗した項目があった場合

    [失敗の詳細]をクリックすると、詳しい情報を確認できます。
    問題を解決した後、ホーム画面で[バックアップ]をクリックしてください。

フォルダーを復元する

指定したフォルダー内のデータをすべて復元します。

フォルダー内の一部のファイルだけを復元したい場合

この手順で復元すると、対象フォルダー内のすべてのファイルやフォルダーがバックアップ時点のものに戻ります。
一部のファイルだけを復元したい場合は、バックアップデータを開いて必要なファイルをコピーすることをおすすめします。

バックアップの中からファイルを取り出す

  1. バックアップ先の外付けHDD(SSD)がつながっていない場合、外付けHDD(SSD)をつなぐ

    バックアップの確認画面が表示されたら、[キャンセル]してください!

    外付けHDD(SSD)をつなぐとバックアップの確認画面が表示されます。
    表示されたら、確実に[キャンセル]をクリックしてください。
    そのまま放置してしまうとバックアップを開始し、バックアップデータが今のパソコンの状態に更新されてしまいます。

  2. ホーム画面で[復元]をクリックする

  3. ① 復元する対象にだけチェックする

    ②[開始]をクリックする

  4. 画面を確認し、[開始]をクリックする

    ⇒ 復元を実行します。
    データ量に応じて時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

    すでに削除されたデータがあった場合

    確認画面を表示します。
    (この選択は、同じバックアップ対象内の削除されたデータ全てに適用されます)

    [はい]:すでに削除されたデータも復元します。

    [キャンセル]:すでに削除されたデータは復元しません。

  5. 結果が表示されたら確認し、[閉じる]をクリックする

    ⇒ これでバックアップは完了です。

    失敗した項目があった場合

    [失敗の詳細]をクリックすると、詳しい情報を確認できます。
    問題を解決した後、ホーム画面で[バックアップ]をクリックしてください。

    ※ すでに削除されたデータを復元しないことにした場合、それに該当する項目は失敗として扱われます。

バックアップの中からファイルを取り出す

バックアップデータを開き、目的のファイルを見つけて元の場所にコピーします。

  1. バックアップ先の外付けHDD(SSD)がつながっていない場合、外付けHDD(SSD)をつなぐ

    バックアップの確認画面が表示されたら、[キャンセル]してください!

    外付けHDD(SSD)をつなぐとバックアップの確認画面が表示されます。
    表示されたら、確実に[キャンセル]をクリックしてください。
    そのまま放置してしまうとバックアップを開始し、バックアップデータが今のパソコンの状態に更新されてしまいます。

  2. Windowsのエクスプローラーで、バックアップ先の外付けHDD(SSD)を開く

  3. [Sync_Connect_Plus]を開く

  4. 中のフォルダーを開く

    ※ 複数のフォルダーがある場合は、順番にフォルダーを開き、自分のWindowsのユーザー名のフォルダーがあることを確認してください。

  5. ユーザー名のフォルダーを開く

    ※ 下の画面上では[IODATA]

    「このフォルダーにアクセスする許可がありません」と表示された場合

    別のユーザーのフォルダーにアクセスしようとしています。自分のフォルダーにアクセスしてください。

    パソコンの故障などで自分のフォルダーにアクセスできなくなった場合、Windowsの管理者ユーザーでログオンして[続行]をクリックしてください。
    フォルダーにアクセスできるようになります。

    ※ Windowsの標準ユーザーでログオンしている場合、管理者のパスワード入力が必要になります。
    またそのパスワード入力は、その後もフォルダーを開くたびに要求されます。

  6. バックアップデータが表示されるので、必要なファイルを見つけてコピーする

    ※ パソコン側の同名ファイルを上書きする前に、念のため別の場所にコピーしておくことをおすすめします。

設定-バックアップ

バックアップ先ボリューム
バックアップ先の外付けHDD(SSD)を指定します。
接続時、自動的にバックアップを開始する

チェックを外すと、バックアップ先の外付けHDD(SSD)をつないだ時に自動的にバックアップしなくなります。

HDDをつないでバックアップする

バックアップ容量の利用
バックアップに利用する容量を設定します。設定した容量を上回るとバックアップを中止します。

「バックアップデータの容量がバックアップ先ボリュームの空き容量を超えています。」と表示された

異常時の処理

バックアップできない場合の動作を設定します。

スキップ:失敗したデータはそのままに次のデータのバックアップを開始します。

バックアップ中止:バックアップに失敗した時点で、バックアップを中止します。

PCがバッテリーで動作時にもバックアップを行う
チェックすると、PCがコンセントにつながっていない場合でもバックアップします。
バックアップ完了時に結果を表示する
チェックを外すと、バックアップ完了時の結果が表示されなくなります。
アプリ終了時にバックアップを行う
チェックを外すと、バックアップ対象のアプリを終了した際にバックアップしなくなります。

設定-スケジュール

定期的にバックアップする
チェックを外すと、スケジュールバックアップが無効になります。
バックアップスケジュール
前回バックアップからどれくらい時間が経った時にバックアップを実行するかを設定します。

設定-復元

異常時の処理

復元できない場合の動作を設定します。

スキップ:失敗したデータはそのままに次のデータの復元を開始します。

復元中止:復元に失敗した時点で、復元を中止します。

復元完了時に結果を表示する
チェックを外すと、復元完了時の結果が表示されなくなります。

設定-アップデート

インターネットにアクセスし、新しいバージョンがあれば[アップデート]をクリックして本アプリをアップデートできます。

困ったときには

困ったときには >

[復元]をクリックできない

前回のバックアップに失敗した

失敗の原因を解決してください。
その後すべての対象にチェックが付いた状態で[バックアップ]をクリックし、再度バックアップしてください。

データを復元したい場合

[バックアップ]をクリックしないでください。バックアップデータが今のパソコンの状態に更新されてしまいます。

バックアップデータからファイル単位で復元してください。

バックアップの中からファイルを取り出す

困ったときには >

スケジュールバックアップが実行されない

バックアップに設定されたタイミングにパソコンの電源が切れている

初期値では、前回バックアップから1日(24時間)後にスケジュールバックアップする設定になっています。
前回のバックアップが普段パソコンを起動していない時間の場合、スケジュールバックアップが実行されないことがあります。

普段パソコンを起動している時間に、一度バックアップを実行してください。
その後はそれから1日ごとにバックアップするようになります。

次にバックアップするまでの時間を変更する方法

設定画面の[スケジュール]で変更できます。

設定-スケジュール

困ったときには >

デスクトップやドキュメント、ピクチャーなどをバックアップできなくなった

フォルダーを通常と異なる場所に移動した

例えばOneDriveのオンラインバックアップ対象に「デスクトップ」や「ドキュメント」を指定した場合、それらのフォルダーは「OneDrive」フォルダーの中に移動してしまいます。
このようにフォルダーを通常と異なる場所に移動した場合、対象のフォルダーが見つからずにバックアップに失敗します。

フォルダーを移動した先をバックアップ対象として登録することで、本アプリでバックアップすることができます。

バックアップするフォルダーを追加する

また、失敗するようになったフォルダーは設定画面の対象選択でチェックを外してバックアップ対象から外してください。

設定-対象選択

困ったときには >

「バックアップデータの容量がバックアップ先ボリュームの空き容量を超えています。」と表示された

バックアップ先となる外付けHDD(SSD)がいっぱいになっています。
不要なファイルを削除するか、別の外付けHDD(SSD)に交換する必要があります。
ここでは外付けHDD(SSD)を交換する方法をご説明します。

  1. [OK]をクリックし、画面を閉じる

  2. バックアップ先の外付けHDD(SSD)をパソコンから取り外す

    ※ この外付けHDD(SSD)はしばらく保管してください。取り外したタイミングへの復旧が不要になったら、外付けHDD(SSD)をフォーマットして別の用途に使ってください。

  3. 新しい当社製の外付けHDD(SSD)を用意し、パソコンにつなぐ

  4. ホーム画面の[設定]をクリックする

  5. ①[バックアップ]をクリックする

    ②「バックアップ先ボリューム」を新しくつないだ外付けHDD(SSD)に設定する

  6. [OK]をクリックする

  7. 「バックアップを開始しますか?」と表示されるので、[はい]をクリックする

    ⇒ バックアップを実行します。
    データ量に応じて時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

  8. 結果が表示されたら確認し、[閉じる]をクリックする

    失敗した項目があった場合

    [失敗の詳細]をクリックすると、詳しい情報を確認できます。
    問題を解決した後、ホーム画面で[バックアップ]をクリックしてください。

困ったときには >

Windowsをシャットダウンしようとしたら、本アプリがシャットダウンを妨げていると表示された

本アプリが動作しています。以下の手順に沿ってご確認ください。

  1. Windowsのシャットダウンを中止する

  2. タスクバーに本アプリがあることを確認し、開く

    ※ 外付けHDD(SSD)をつないだり、スケジュールの時間が来たりしたことでバックアップが動作した場合、本アプリは最小化の状態で動作します。
    Windowsを終了する前に本アプリがタスクバーにないか確認することをおすすめします。

  3. バックアップが動作している場合は、しばらく待つ

  4. バックアップ結果が表示されていた場合は、結果を確認する

  5. ☓ボタンを押し、本アプリを終了する

  6. Windowsのシャットダウンをする

    ⇒ これでWindowsを正しくシャットダウンできます。

困ったときには >

「前回のバックアップ処理が異常終了しました。」と表示された

前回のバックアップに失敗した

すべての対象にチェックが付いた状態で[バックアップ]をクリックし、再度バックアップしてください。

フォルダーを指定してバックアップする

データを復元したい場合

[バックアップ]をクリックしないでください。バックアップデータが今のパソコンの状態に更新されてしまいます。

バックアップに失敗しているため、[復元]ボタンによる復元はできません。
バックアップデータからファイル単位で復元してください。

バックアップの中からファイルを取り出す

本マニュアルを印刷する

本マニュアルをお手元でご覧になるための方法をご案内します。

全ページをプリント全ページプリント(PCのみ)

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をWebブラウザーのプリント機能で印刷できます。
ただし項目が多いマニュアルはページ数が多くなり、全体の印刷には向きません。
プリントしたいページを開き、そのページだけをWebブラウザーのプリント機能で印刷することをおすすめします。

※ マニュアルの内容量によっては、印刷が始まるまで数分掛かることがあります。

※[全ページプリント]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

本マニュアルのご利用について

本マニュアルで使用しているソフトウェアライセンス情報やGoogle アナリティクス4の利用については、こちらをご覧ください。

HTMLマニュアルのご利用について

このページはお役に立ちましたか?

03版 © I-O DATA DEVICE, INC.
ページトップ
戻る
ホーム
p80_1_02 p80_1_03 p80_1_04 p80_1_05 p80_1_06 p80_1_07 p80_1