Wi-Fiが届く!広がる!中継機とメッシュWi-Fi、PLC(コンセントLAN)

Wi-Fi電波の中継機 Wi-Fi電波の中継機

ネットワーク環境でこんなことに困っていませんか?

お風呂だとWi-Fi電波が届かない。子供部屋でオンライン授業が途切れる。繋がりにくい部屋がある。 お風呂だとWi-Fi電波が届かない。子供部屋でオンライン授業が途切れる。繋がりにくい部屋がある。

カンタンに
Wi-Fiが広がる中継機

カンタンにWi-Fiの電波をさらに遠くまで届けられるのがWi-Fi中継機です。ルーターで電波が届かない部屋にも中継することにより、リビングだけでなく、家族それぞれの部屋でも快適にネットを利用できます。

  • メリット

    • コンセントにさして、ボタンを押すだけ。※
    • 今お使いのWi-Fiルーターをそのまま使えます。
      (他社Wi-FiルーターでもOK)
    ※コンセントにささないタイプもあります。
  • デメリット

    • Wi-Fiが弱くてもつながり続けるので、移動した先で接続しなおさないといけない場合もあります。

「Wi-Fiミレル」でWi-Fi電波の
強さを測定して、
最適な設置場所を探せる!

Check!アプリ「Wi-Fiミレル」でWi-Fi電波の強さを測定

中継機の商品一覧はこちら

自動で切り替わるから、
Wi-Fiが途切れないメッシュWi-Fi

Wi-Fi中継機の場合、Wi-Fiルーターと接続後に、つながったまま家の中を移動すると電波が弱くなる場合があります。そんなときはメッシュ機能搭載のメッシュ親機(Wi-Fiルーター)とメッシュ子機でメッシュネットワークを構築しましょう。

メッシュネットワークなら「移動した先で最も状態の良い電波を出しているメッシュ機器に自動的に切り換えて接続を継続」するため、「つながっているのに遅い」といったことがなくなります。

  • メリット

    • 安定した経路に自動的につなぎ変わるので、Wi-Fiが途切れず常に速くなります。
  • デメリット

    • 同じメーカーのメッシュ親機と子機間でしか接続できないため、親機(Wi-Fiルーター)も購入する必要があります。
    ※今後はEasyMesh対応していれば、異なるメーカーの機器とも接続できるようになりますが、EasyMesh対応でもつながらない場合もあります。

お持ちのWi-Fiルーターの
設定はそのままで
Wi-Fiエリアを拡大し、感度UP!

ご利用中のWi-FiルーターにメッシュWi-FiセットをLANケーブルで接続するだけでメッシュネットワークが構築され、Wi-Fiエリアを拡大できます。

メッシュWi-Fiの商品一覧はこちら

Wi-Fiが届かない場所へ
コンセント経由で
届けるPLC(コンセントLAN)

Wi-Fi電波は、鉄筋コンクリート住宅や地下室などは電波が届きにくくなる場合があります。これを解決できるのがPLCです。

「PLC(Power Line Communicationsの略)」は、家じゅうに張り巡らされている電力線(屋内電気配線)をネットワークの通信回線として利用する技術です。コンセントにPLCアダプターを挿すだけで、かんたんにネットワークを構築できます。

  • メリット

    • コンセント経由でカンタンにネットにつながります。
    • 電波を使わず電力線を使っているのでWi-Fiに比べ壁や障害物に強いです。
  • デメリット

    • 利用する電気配線の環境によっては、通信できない場合があります。
    • 電化製品(ヘアドライヤーなど)を使用すると通信に影響が出る場合があります。(同一電気配線上の場合)
PLCの商品一覧はこちら

ネットワーク環境の
お困りごと解決!
(こんな人にはコレがおすすめ!)

安心の3大保証

つながらなかった場合、購入代金の返金OK
初心者にも安心な、土日電話サポート
3年間の長期保証※ 要ユーザー登録(無料)

詳しくはこちら
合わせて読みたい関連コンテンツ

ページの先頭へ