「クローン for Windows」でビジネスを止めないデータ運用を実現!

「クローンfor Windows」でサーバーもNASも2重化ビジネスを止めないデータ運用を実現

「クローン for Windows」は2台のWindowsサーバーの共有フォルダーや設定情報を定期的に同期させることができるソフトウェアです。当社製 LAN DISK Z(HDL-Z)シリーズのユーザー様は無償でダウンロードしてご利用いただけます。マスター・スレーブの2台構成をとることで、万が一、マスターが故障した場合でも、スレーブに切り替えるだけですぐに運用を再開することができます。

※旧ソフトウェア名「Sync with Business Edition」が機能アップし「クローン for Windows」として名称変更いたしました。

使い方その1 NASを2重化した「リレーNAS」でビジネスを止めない運用を実現!

万一NASが故障してしまった時、バックアップをとっていればデータは保全されますが、バックアップからデータを戻すのに時間がかかり、その間業務が止まってしまいます。また、故障したNASの情報を新しいNASに設定し直したりと、その負担は非常に大きくなります。

同期ソフト「クローン for Windows」を使った「リレーNAS」なら、ダウンタイム短縮だけでなく、復旧にかかわる工数も大幅に削減!
マスター・スレーブの2台構成で、マスターに保存されたデータだけでなく設定情報もスレーブに同期することで、万が一、マスターが故障した場合でも、あらかじめ同期しておいた設定情報をもとに、スレーブのLAN DISKをマスターに昇格させて、迅速に業務を復旧させることができます。

通常運用時 定期的にデータ同期 ・同期できるデータ Sync withの設定、共有フォルダー、ユーザー・グループ、コンピューター名、IP アドレス など

マスター機故障時 スレープ機をマスター機に切り替えて業務再開 データリカバリー作業が一切不要です

※1 切り替え後のユーザーパスワードは、ユーザー名と同じものに設定されますので、ユーザーごとにパスワードの再設定を行う必要があります。

サーバー復旧までの時間がこんなに違う!「クローンfor Windows」の場合LAN DISKを切り替えるだけなのでわずか数分で復旧できる!

「クローン for Windows」を使った障害に強いNAS運用「リレーNAS」について詳しくはこちら

ビジネスを止めない リレーNAS

■ USBハードディスクに同期してローコストに安心感UP

従来、WindowsサーバーとLAN DISK Zシリーズ間またはLAN DISK Zシリーズ同士での同期にのみ対応しておりましたが、新たに外付けUSB HDDへのデータ・設定情報の同期が可能になりました。
LAN DISK Zシリーズをマスターとし、外付けUSB HDDをスレーブに設定することで、万が一マスターのNASに障害が発生した際も、スレーブの外付けHDDから設定情報の復元を手間無く行うことができ、低コストで備えることが可能です。

使い方その2 Windows Serverバックアップが簡単&低コストにできる

Windows Serverをマスターとし、スレーブをLAN DISK Zシリーズや外付けHDD「ZHD-UTXシリーズ」に設定することで、低コストにデータの保護が可能です。
もちろん、データだけでなく設定情報も同期させておくことができるため、サーバーに万が一のことが発生した場合も同期させたスレーブから容易に情報の復元ができます。

課題 ファイルサーバーのバックアップ、イメージが戻らなくて困ったことがあるんだよ。

解決 LAN DISK Zと「クローン for Windows」でファイル同期が最適です!

ファイルサーバーをNASで同期すれば、万が一の時も切り替えて運用できる

サーバーとLAN DISK Zシリーズともに、「クローン for Windows」をインストールし、データ・設定情報を同期させます。
万が一サーバーが故障してアクセスできなくなった場合も、スレーブのNASをマスターに昇格させることでNASが業務を引き継ぐことができます。

課題 拠点の単独サーバーのファイルバックアップしたいんだよ。

解決 法人様向け外付けHDD「ZHD-UTXシリーズ」と「クローン for Windows」でファイル同期が最適です!

外付けZHD-UTXシリーズのUSB接続でも「クローン for Windows」で同期できる!

「クローン for Windows」はNAS(LAN DISK Zシリーズ)だけでなく、ZHD-UTXシリーズをご購入いただいた場合でもを無償でダウンロード可能です。
ZHD-UTXシリーズとサーバーをUSB 3.0で接続し、「クローン for Windows」を利用してサーバーのファイル同期を行うことで、設定情報の復元も手間無く行うことができ、低コストで備えることができます。
もちろん、クライアントPCのファイルバックアップとしてもご利用いただけます。

使い方その3 クラウドストレージへのバックアップに対応

クラウドストレージサービスへのバックアップにも対応。マスターやスレーブがともに利用できなくなるような大規模災害が発生した場合でも、データを復旧することができます。

<対応のクラウドストレージサービス>

・Microsoft Azure
・Amazon S3

使い方その4 Windows Server 2003を搭載したファイルサーバーの入れ替えにも便利

多くの企業で運用されているWindows Server 2003のサポートが2015年7月15日に終了し、サーバーの入れ替えに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ファイルサーバーの入れ替えには、データ移行や新しい機器の設定に手間がかかりますが、「クローン for Windows」を使えば簡単です。今お使いのWindows Server2003搭載サーバーをマスターに、新しいLAN DISKをスレーブに設定して切り替えるだけ。サーバー利用者は入れ替えをほとんど意識することなく、業務を再開することができ、サーバーを入れ替え後もスムーズに運用を再開することができます。

誰でも簡単に新しいサーバーに データ移行できる! 古いサーバーと新しく購入したLAN DISK Zともにソフトをインストールし、データを同期させるだけでデータ移行が完了します。あとはLAN DISK Zをメインに切り替えるだけで新しいNASで業務を再開することができます。

「クローン for Windows」を利用したファイルサーバー移行シナリオガイド(ホワイトペーパー)も公開中です。
※旧ソフト名称「Sync with Business Edition」での記載となりますが、手順に変更はありません。
ダウンロードはこちら→「Windows Server 2003 から Windows Storage Server 2012 R2 へのファイル サーバーの移行」

「クローン for Windows」対象商品はこちら

「クローン for Windows」の入手方法

「クローン for Windows」は対象商品をご購入いただいた方への総合窓口「IOPortal」からダウンロードすることができます。

■ ダウンロードの手順

ダウンロードの手順

IOPortalはこちら

■ 「クローン for Windows」対応OS

マスター・スレーブ用ソフト
※異なるOS間のマスター昇格は対応しておりません。
※移行可能なNIC設定は2つまでとなります。
Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Windows 8.1(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
Windows Server 2008(R2含む)
Windows Storage Server 2008(R2含む)
Windows Server 2012(R2含む)
Windows Storage Server 2012(R2含む)
Windows Server 2016
Windows Storage Server 2016
Windows Server 2003専用のマスター用ソフト Windows Server 2003 R2
Windows Storage Server 2003 R2

■ 画面で見るマニュアルはこちら

このページのトップへ
PC版を表示