scroll
山口さんのペーパークラフト
ダウンロードして作ろう!
アイラブデスクTOPへ戻る
CONCEPT
指先を使ってリフレッシュ!
アイオーオリジナルのペーパークラフト

アイオーで商品パッケージを作っている山口さんが、このたび、ペーパークラフトを作りました。
器用な人もそうでない人も、ちょっと一息入れて、組み立ててみませんか。

No.006
香箱ガニ
まるで宝石箱!北陸地方の冬の味覚

ズワイガニの雌は、石川県や富山県では「香箱ガニ」と呼ばれています。
お腹に抱いているつぶつぶの卵「外子(そとこ)」と、甲羅の中にある「内子(うちこ)」、
そして「蟹味噌(かにみそ)」が絶品です。
このペーパークラフトではお腹に抱いている外子も再現しました。

企画:アイ・オー・データ機器 山口さん
制作:坂 啓典
このペーパークラフトは中級者向けです。

香箱ガニの漁期は短く、11月6日から2ヶ月程度。
ペーパークラフトを組み立てて気分を高め、
シーズン中はぜひ香箱ガニを食べに
お越しください。

ダウンロード(PDF)
組み立て説明図(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

No.005
黄金の甲冑(おうごんのかっちゅう)
前田利家がまとった光り輝く黄金の甲冑

加賀藩の初代藩主である前田利家がまとった黄金の甲冑を
ペーパークラフトで再現しました。

この甲冑は正式名を
「金小札白糸素懸威胴丸具足(きんこざねしろいとすがけおどしどうまるのぐそく)」といい、
金箔が施され光り輝くその姿は加賀百万石の象徴ともいえる存在です。

企画:アイ・オーデータ機器 山口さん
制作:坂 啓典
このペーパークラフトは上級者向けです。

制作にあたっては公益財団法人前田
育徳会収蔵の現存品と、
株式会社箔一による復元レプリカを
参考にしました。

株式会社箔一

ダウンロード(PDF)
組み立て説明図(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

No.004
石川門
金沢城公園と兼六園をつなぐシンボリック・ゲート

白壁に海鼠塀、そして白く輝く鉛瓦が美しい「石川門」は、
二つの門と二層櫓からなる金沢城の搦手門(裏門)です。

高麗門の一の門、櫓門の二の門、続櫓と2層2階建ての石川櫓で構成された
枡形門である「石川門」のすべてを、ペーパークラフトに仕立てました。
石川県ホームページより一部抜粋)

企画:アイ・オー・データ機器 山口さん
制作:坂 啓典
このペーパークラフトは上級者向けです。
ぜひ、夏休みに挑戦してみてくださいね♪

ダウンロード(PDF)
組み立て説明図(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

No.003
九谷焼
多彩な色絵装飾が美しい石川県の伝統工芸品

九谷焼にはいろんな様式がありますが、
今回は吉田屋風の徳利とお猪口のペーパークラフトをご用意しました。

吉田屋窯の九谷焼は、「九谷五彩」と呼ばれる
5色(緑、黄、赤、紫、紺青)のうち
赤色を使わない「青手九谷」で、重厚感のある作風が特徴です。
(写真提供、協力:石川県九谷焼美術館)

企画:アイ・オー・データ機器 山口さん
制作:坂 啓典
このペーパークラフトは初心者向けです。

ダウンロード(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

No.002
徽軫灯籠(ことじとうろう)
長さの異なる二本脚と曲線の美しさが特長

琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているからその名が付いたと言われている
「徽軫灯籠(ことじとうろう)」は、石川県金沢市の中心部に位置する「兼六園」内にあります。

この図柄は、高速道路脇にある金沢市のカントリーサインとしても使われており、
石川県、そして金沢市のシンボルと言っても過言ではありません。

この「徽軫灯籠」のペーパークラフトは、
上級者向けにご用意しました。

我こそは!という方は、ぜひ挑戦してみてください。

ダウンロード(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

No.001
鼓門(つづみもん)
「世界で最も美しい駅14選」に選出された金沢駅のシンボル

アイ・オー・データ機器本社の最寄駅・JR金沢駅の東広場に建つ「鼓門」は
金沢の伝統芸能である能楽「加賀宝生」の鼓をイメージして造られています。

堂々とした門構えが実に見事なこの「鼓門」を
初心者でも簡単に作れるペーパークラフトに仕上げました。

※アメリカの旅行誌「Travel + Leisure(トラベルアンドレジャー)」のWEB版で、2011年に発表された「World's Most Beautiful TrainStations(世界で最も美しい駅)」に日本では唯一、金沢駅が選出されました。

ダウンロード(PDF)

※少し厚めの紙に印刷するのがオススメです。

BACK TO TOP